【2022年最新】生産管理システム比較12選!おすすめのシステム、料金や機能・導入事例も!

生産管理システム_比較

おすすめの生産管理システムが知りたい
各生産管理システムを比較したい

この記事を読んでいるあなたは、上記のように考えているかもしれません。

生産管理システムは業務における商品の在庫や納期、現場の情報を管理して最適化を図るシステムを指します。

この記事では生産管理システムの選び方のポイントや、おすすめの生産管理システムなどについて詳しく紹介します。

この記事では、「おすすめの生産管理システムとその比較表、機能や料金など」についてお伝えしていきます。

参考文献:生産システムの市場適応力:時間 をめぐる競争:京都大学

この記事の要点
  • 生産管理システムとは業務における商品の在庫や納期、現場の情報を管理して最適化を図るシステム
  • 生産管理システムには「生産計画機能」「資材管理機能」「販売管理機能」「仕入管理機能」「製造管理機能」などが基本搭載されている
  • 生産管理システムは「業務形態にあったシステム」「生産方式にあったシステム」「自社の課題や導入目的にあったシステム」「操作性やサポート体制」で選ぶ
  • 必ず複数の会社の資料を比較して導入する
\たった30秒で一括資料請求/
生産管理システムを
まとめて資料請求する!

生産管理システムとは?

生産管理システムとは、ざっくり言うと製造業務において設計・生産から販売までに行う作業を統合的に管理し、それぞれの業務の効率化や課題解決をサポートするシステムです。

すべての過程を一元管理することで業務の効率化や生産性の向上を見込めましす。

本記事では生産管理システムの基本機能からおすすめの生産管理システムを紹介していきます。

生産管理システムの選び方

生産管理システムを選ぶときに重要になるのが、複数の会社の資料を比較し自社に最適なサービスを導入することです。

企業の形態や規模、充てることのできる費用から必要な機能を見つけ、それを強みとしているサービスを見つけましょう。

長期間利用することを前提にすると、1社や2社の資料だけで決めてしまうのはリスクが高いです。

一括資料請求をして効率よく生産管理システムを選んでみてください。

生産管理システムを
まとめて資料請求する!

【比較表】おすすめの生産管理システム一覧

それでは、おすすめの生産管理システムの比較表を見ていきましょう。

それぞれで機能や料金が異なるため、自社に合うシステムを見つけてください。

提供形態/料金 機能
rBOM

資料を見る!

・オンプレミス
・要問い合わせ
・案件
・見積
・受注管理
・債権管理機能
FUSE

資料を見る!

・オンプレミス / クラウド
・3,000,000円~
・購買管理
・在庫管理
・販売管理
・生産管理
・会計管理
・顧客管理
i-PROWシリーズ

資料を見る!

・パッケージソフト / オンプレミス / その他
・i-PROERP3|2,500,000円~
・i-PROW|3,500,000円~
・購買管理
・在庫管理
・販売管理
・生産管理
・会計管理
・顧客管理
NetSuite

資料を見る!

・クラウド
・要問い合わせ
・要問い合わせ
iDempiere

資料を見る!

・クラウド
・0円~
・購買管理
・在庫管理
・販売管理
・生産管理
・会計管理
・顧客管理
TECHS-S

資料を見る!

・オンプレミス
・要問い合わせ
・購買管理
・在庫管理
・販売管理
・生産管理
・会計管理
・顧客管理
FutureStage

資料を見る!

・クラウド/オンプレミス
・月額84,750円(3CAL付き)~
・購買管理
・在庫管理
・販売管理
・生産管理
・会計管理
・顧客管理
FineReport

資料を見る!

・クラウド
・要問い合わせ
・データ統合
・帳票設計/運用
・BIダッシュボード
・可視化グラフ
・データ入出力
・管理ポータル
・モバイルBI
・デプロイ統合
GoQSystem

資料を見る!

・クラウド
・月額15,000円~
・受注業務
・商品登録
・在庫連携
・出荷業務
・売上・収支管理
Aladdin Office

資料を見る!

・クラウド/オンプレミス
・要問い合わせ
・マスタ管理
・受注管理
・売上管理
・支払管理
・実績管理
・発注/仕入管理
・在庫管理
・輸入オプション
ASPAC

資料を見る!

・クラウド/オンプレミス
・月額20,000円~
・受注管理
・出荷管理
・売上管理
・売掛金管理
EXPLANNER/Z

資料を見る!

・クラウド/オンプレミス
・要問い合わせ
・購買管理
・在庫管理
・販売管理
・生産管理
・会計管理
・顧客管理
Factory-ONE 電脳工場MF

資料を見る!

・オンプレミス
・1,000,000円~
・購買管理
・在庫管理
・販売管理
・生産管理
・会計管理
・顧客管理
R-PiCS

資料を見る!

・クラウド/オンプレミス
・要問い合わせ
・製造計画
・製造管理
・販売管理
・購買/資材調達
・在庫/出荷管理
・データ分析/連携

ご覧の通り、多くのシステムがあり機能や値段も様々です。

自社に合ったシステムを探すには、複数の会社の資料を比較することが重要だといえます。

しかし、1社ごとに資料を集めるのは効率が悪いです。

そこで一括資料請求を利用して、効率的に生産管理システムを導入してみましょう。

生産管理システムを
まとめて資料請求する!

【徹底比較】生産管理システムおすすめ14選

生産管理システム_おすすめ

ここからは、おすすめの生産管理システムを比較して紹介していきます。

rBOM – 大興電子通信株式会社

出典:https://www.daikodenshi.jp/solution/rbom/rbom-v2/

rBOMはリアルタイム統合BOMが搭載されており、受注ごとに製品が異なる個別受注業務に特化しています。

国内統合BOM導入実績もNo.1で実績も十分なシステムです。

設計から保守まで幅広い業務に対応しており、多くの業種でコスト削減に期待ができます。

また、リアルタイムな情報共有もできるため、リードタイムの短縮や入力ミスなどを削減することも可能です。

→資料を見る!

提供形態 オンプレミス
価格 要問い合わせ
機能
  • 案件
  • 見積
  • 受注管理
  • 債権管理機能

DAiKOの生産管理システム「rBOM」を導入した結果、納期の大幅な短縮と損益分岐点の低下を実現。高い拡張性を持つ「rBOM」は、必要に応じた改修にも容易に対応し、同社を支え続けている。
出典:公式サイト

資料を見る!

FUSE – 株式会社日本コンピュータ開発

生産管理システム_おすすめ_FUSE

出典:https://kaizen-navi.biz/fuse

FUSEは、顧客がシステムを快適に利用できることにフォーカスした生産管理システムです。

FUSEの3つの特徴
  • はじめやすい|必要な機能だけを選択でき、低予算での利用も可能
  • わかりやすい|初心者向けパッケージで、パソコンが苦手な方でも安心して利用できる
  • つづけやすい|お客さまの業務にあわせて、個別カスタマイズや機能の拡張ができる

→資料を見る!

このようにFUSEでは、満足して利用してもらうための3拍子がそろっています。

また、FUSEはサポートが手厚いことでも有名です。

FUSEでは長年の経験を持った専門チームが、お客様のシステム利用をサポートします。

まさに初めて生産管理システムを導入するという企業にとって最適なシステムでしょう。

提供形態 オンプレミス / クラウド
価格 3,000,000円~
機能
  • 購買管理
  • 在庫管理
  • 販売管理
  • 生産管理
  • 会計管理
  • 顧客管理

主に工程管理に役立つ。大型タブレットで進捗を確認、共有できるため、納期遅れなどミスを1/3以下に減らすことができる
出典:公式サイト

資料を見る!

i-PROWシリーズ – 株式会社DigitWorks

生産管理システム_おすすめ_i-PROWシリーズ

出典:http://digitworks.jp/

i-PROWシリーズにはi-PROWとi-PROERP3の2種類が存在します。

それぞれの違いは以下の通りです。

i-PROWとi-PROERP3の違い
  • i-PROW|部品加工 ~ 組立 をカバーした生産管理の1歩先を行く【現場主義】のシステム
  • i-PROERP3|個別受注・多品種少量生産に特化した 生産管理システム

→資料を見る!

この2種類の生産管理システムは、自社の生産する商品の特性によってどちらかを選びましょう。

例えば、部品加工業様に低コスト、短納期で進捗管理を行いたい場合は、i-PROERP3がおすすめです。

また、それ以外の状況で、現場主義で効率よく業務を進めていきたいという方にはi-PROWがおすすめです。

どちらもライセンスフリーのため、1拠点なら人数制限なくシステムを利用できます。

また、情報はタブレット1つで管理できるため、手軽にいつでも確認できるという安心感があります。

無料で一括資料請求
生産管理システムを
まとめて資料請求する!
提供形態 パッケージソフト / オンプレミス / その他
価格
  • i-PROERP3|2,500,000円~
  • i-PROW|3,500,000円~
機能
  • 購買管理
  • 在庫管理
  • 販売管理
  • 生産管理
  • 会計管理
  • 顧客管理

【現場主義】をコンセプトとして開発され、トレーサビリティに対応した一気通貫のシステムで業務全体を効率化可能。
出典:公式サイト

資料を見る!

NetSuite – 日本オラクル株式会社

出典:https://www.netsuite.co.jp/

NetSuiteは世界No.1のクラウドERPシステムです。

ERP/財務会計および顧客管理(CRM)、Eコマースなどを含む主要な業務アプリケーション機能が搭載されており、世界中の29,000社以上の企業で利用されています。

ビジネスモデルや事業拡大の際にも柔軟に素早く対応することができ、追加機能を開発することもできるため、長く生産管理システムを使うこともできます。

→資料を見る!

提供形態 クラウド
価格 要問い合わせ
機能 要問い合わせ

ほぼCRMとしてしか使用していないが、とても使いやすい。リストを作成し、必要なときにcsvやPDFにエクスポートするという基本的な機能については何の不満もなく使えている。
出典:ITreview

資料を見る!

iDempiere – 株式会社ネオシステム

出典:https://www.neosystem.co.jp/

iDempiereは低コストで導入・運用ができ、商用サーバーやOSなどを揃える必要がないため、コストをかけたくない企業におすすめの生産管理システムです。

使用したい機能だけを利用することもでき、自社の導入目的や課題に合わせて機能が選べるため余計な知識は不要で導入のハードルが低い点も特徴です。

また、既存システムと連携することもできより業務効率化が目指せます。

→資料を見る!

提供形態 クラウド
価格 0円~
機能
  • 購買管理
  • 在庫管理
  • 販売管理
  • 生産管理
  • 会計管理
  • 顧客管理

プログラムを自由に変更することができます。ERPという高額に思われがちなシステムを無料で使用することができてしかも知識やスキルがあれば自由にカスタムすることができます。
出典:BOXIL

資料を見る!

TECHS-S – 株式会社テクノア

出典:https://www.techs-s.com/

TECHS-Sは全国出荷実績No.1の生産管理システムです。

導入実績も4,200社以上あり、信頼と実績のある会社が提供しています。

生産形態に応じて「TECHS-S」「TECHS-BK」の2つの製品を選ぶこともでき、業種・生産方式に合わせて最適なシステムが選べます。

→資料を見る!

提供形態 オンプレミス
価格 要問い合わせ
機能
  • 購買管理
  • 在庫管理
  • 販売管理
  • 生産管理
  • 会計管理
  • 顧客管理

会社の業務内容に合わせて、導入時に業務分析した上でカスタマイズ出来る。 使える様になる迄に複数回の初期サポート(講義形式の説明)を開催してくれる。
出典:ITトレンド

資料を見る!

FutureStage – 株式会社日立システムズ

出典:https://www.hitachi-systems.com/ind/fs/

FutureStageは生産管理や販売管理を中心とした経営課題を解決できる生産管理システムです。

中堅・中小規模企業のために開発された製造業、卸売業、小売業特化の基幹業務パッケージとして累計4,000システム以上の導入実績があります。

また、製造業・卸売業・小売業向けの3つのシリーズラインナップを用意しており、業種に特化したシステムを導入することもできます。

→資料を見る!

提供形態 クラウド・オンプレミス
価格 月額84,750円(3CAL付き)~
機能
  • 購買管理
  • 在庫管理
  • 販売管理
  • 生産管理
  • 会計管理
  • 顧客管理

データをCSVで切りまくり、エクセルやデーターベースで自由に活用できるところが嬉しいです。大量のマスタの登録は画面入力が面倒なので、CSV取り込みが出来るところが時短の境地です。
出典:ITトレンド

資料を見る!

FineReport -ソフトウェア株式会社

出典:https://www.finereport.com/jp/

FineReportはWindow/Linux/Unixなどの環境におけるデプロイが可能、業務システムと容易に連携することができるシステムです。

さまざまな業務に対応しており、今まで費やしていた時間を削減して業務効率を大幅に向上させることもできます。

また、各システムとデータを一元管理することで分析や可視化することもでき、適切な判断と迅速な対応が実現可能です。

→資料を見る!

提供形態 クラウド
価格 要問い合わせ
機能
  • データ統合
  • 帳票設計・運用
  • BIダッシュボード
  • 可視化グラフ
  • データ入力・出力
  • 管理ポータル
  • モバイルBI
  • デプロイ統合

FineReportを使い始めたとき、それを学ぶことがいかに直感的で強力であるかに驚きました。これにより、ソリューションをすばやく実装でき、レポートとダッシュボードのカスタマイズと実装がいかに強力で、さまざまなデータソースに接続できました。 、データのクロス、フィルタリング、動的な選択、レポートとグラフの作成、外観と表示効果のカスタマイズ、アクセス、配布、情報セキュリティ機能の使用。とても感動しました。私は完全にそれをお勧めします
出典:キャプテラ

資料を見る!

GoQSystem – 株式会社GoQSystem

出典:https://goqsystem.com/

GoQSystemはECサイトの一元管理ができるシステムです。

1つの画面で運営する全てのショップを管理することができ、受注業務、商品登録、在庫連携、出荷業務、売上・収支管理などの通販業務効率化ができます。

また、注文件数が増えても料金は変わらない定額料金を採用しているため、コストが上がることはありません。

さらに、メール、電話、チャットなどのサポートが充実しているため、初めて導入する場合でも安心です。

→資料を見る!

提供形態 クラウド
価格 月額15,000円~
機能
  • 受注業務
  • 商品登録
  • 在庫連携
  • 出荷業務
  • 売上・収支管理

楽天市場の旧RMSにそっくりな管理画面なので、最近は少なくなったかもしれませんが旧RMSに慣れている方ならとっつきやすいと思います。RMSの弱点であった注文ステータスの登録可能数が無制限である点がもっともうれしいです。
出典:ITreview

資料を見る!

Aladdin Office – 株式会社アイル

出典:https://aladdin-office.com/

Aladdin Officeは事前に登録した生産計画に対して現在庫・受注残・発注残・製造残の所要量を計算し、自動的に必要手配数を算出することもできます。

また、社内製造/外注製造の両方に対応した生産管理となっているため、さまざまな形態に対応でできます。

工数の進捗はガントチャートで視覚的に管理することが可能です。

→資料を見る!

提供形態 クラウド・オンプレミス
価格 要問い合わせ
機能
  • マスタ管理
  • 受注管理
  • 売上管理
  • 請求・入金・支払管理
  • 実績管理
  • 発注・仕入管理
  • 在庫管理
  • 輸入オプション

受発注、在庫管理等で使用しているが、操作自体は複雑な作業も必要なく使いやすい方だと思う。利用している社員数が少ないからか、動きも軽い。
出典:ITトレンド

資料を見る!

ASPAC – 生産管理 – 株式会社アスコット

出典:https://www.ascot.co.jp/ascot/

ASPACは中堅・中小製造業向けの生産管理システムです。

受注管理、出荷管理、売上管理、請求・売掛金管理やEDI管理などが備わっており、資材や原材料の必要量計算を行う資材所要量計算、工程の進捗管理を行う工程管理、在庫管理、原価計算機能なども充実しています。

他にも、得意先とのEDI連携やオペーレターコード、パスワードによる利用者制限機能などのセキュリティ体制も整っています。

→資料を見る!

提供形態 クラウド・オンプレミス
価格 月額2万円~
機能
  • 受注管理
  • 出荷管理
  • 売上管理
  • 請求・売掛金管理

受注から日程計画立案までに要していた時間を大幅に短縮する事に成功。
出典:公式サイト

資料を見る!

EXPLANNER/Z – 日本電気株式会社

出典:https://jpn.nec.com/soft/explanner/explanner-z/index.html

EXPLANNER/Zは組織の経営力と生産性を高めることができるシステムです。

中堅中小企業に45年間で30,000本を超える導入実績があり、安心して利用できるシステムとも言えます。

食品卸業・機械卸業・化学品卸業/化成品卸業向けのシステムがあり、これらの業種に必要な機能は網羅されています。

また、カスタマイズ性にも優れており、自社に特化したシステムを導入することも可能です。

→資料を見る!

提供形態 クラウド・オンプレミス
価格 要問い合わせ
機能
  • 購買管理
  • 在庫管理
  • 販売管理
  • 生産管理
  • 会計管理
  • 顧客管理

新卒で入ってからずっと5年以上エクスプランナーを使用しています。様々な機能があり、欲しい集計が出るので使い勝手がよいです。機能が多いからと言って入力が難しいということはなく、簿記の貸方借方も分からなかった新卒の私でも使うことができました。
出典:ITトレンド

資料を見る!

Factory-ONE 電脳工場MF – 株式会社エクス

出典:https://www.mdsol.co.jp/psi/products/factory-one_dennou.html

Factory-ONE 電脳工場MFは業種・業態に幅広く対応するため、管理手法の異なる4つのラインアップを用意しています。

拡張性にも優れており、他のシステムとの連携も可能です。

また、データ抽出もワンタッチのタンタン操作ででき、項目名称の変更も簡単にできます。

→資料を見る!

提供形態 オンプレミス
価格 100万円~
機能
  • 購買管理
  • 在庫管理
  • 販売管理
  • 生産管理
  • 会計管理
  • 顧客管理

通関業務のミスは当社だけでなく、荷主であるお客様の信頼まで傷つけてしまいます。従来は台帳を使った紙ベースでの保税管理業務を行い、慎重を期して出庫を心がけていました。この業務を 『e-ロジソーコ21』 の標準機能を工夫することで対応し、業務の精度を高めるとともに、迅速に処理することが可能に なりました
出典:三菱電機ITソリューションズ

資料を見る!

R-PiCS -JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

出典:https://www.nisseicom.co.jp/solution/manufacture/r-pics.html

R-PiCSは個別受注生産から繰返生産、ハイブリッド生産まで、柔軟に対応できる生産管理システムです。

企業の業種や生産方式に合わせてカスタマイズすることもでき、特急オーダーや設計変更などの突発的な要求にも対応可能です。

また、450以上の帳票を標準で実装している点も大きなメリットと言えるでしょう。

→資料を見る!

提供形態 オンプレミス・クラウド
価格 要問い合わせ
機能
  • 製造計画・進捗管理
  • 製造管理
  • 販売管理
  • 購買・資材調達
  • 在庫・出荷管理
  • データ分析・連携

在庫管理時には安全在庫機能では在庫切れになる前にアラートが鳴るので、 在庫切れの心配がなくなった。棚卸し時は差異が確認できるので二重確認が無くなり手間が無くなった。以前よりは短縮することが出来ています。
出典:ITトレンド

資料を見る!

生産管理システムの基本機能

まずは生産管理システムの基本機能について紹介します。

生産管理システムには次のような機能が搭載されています。

生産計画機能

生産計画機能は生産における土台となる部分です。

企業が提供している製品をいつ・どれだけ・どのくらいの費用で生産するのかを高い精度で計画を立てることができ、製品不足や過剰に生産してしまうことを未然に防ぐことができます。

また、見込み生産計画を立てられるため現場で働く社員の動きを適切に調整することも可能です。

資材管理機能

資材管理機能は主に製番管理や手配表、所要量計算などを行えます。

生産計画に必要な材料や部品の量を計算して、納期に間に合うような計画を立てることができます。

また、資材管理機能であるMRP試算シミュレーションでは何かしらの生涯を即時に解決することも可能です。

販売管理機能

販売管理機能では主に見積もりは受注、出荷や売上などを管理できる機能です。

自社が提供する製品を効率良く生産できるようになっても販売できなければ在庫コストや維持コストが発生します。

ですが、販売管理機能があれば販売量を正確に把握することができるため、コストがかかるのを未然に防ぐことも可能です。

仕入管理機能

仕入管理機能は主に受注や支給、検収などの情報を管理できます。

製造業では仕入れの納期遅れや納品ミスを防ぐために対応していますが、100%管理することは難しいです。

しかし、仕入れ管理機能を活用すればリスクヘッジを行い、仕入れ管理ができるためこのようなミスを防ぐことも可能です。

製造管理機能

製造管理機能では主に作業指示や作業進捗、日報などを管理できます。

製造管理機能は仕掛品の流れを把握して効率良く現場改善ができるようになるため、業務効率化も目指せます。

生産管理システムを
まとめて資料請求する!

生産管理システムを比較する際のポイント

ここでは、生産管理システムを比較する際のポイントについて紹介します。

業務形態にあったシステムを選ぶ

生産管理システムは業務形態にあったシステムを選ぶことが重要です。

製造業といっても企業で取り扱っている種類は異なるため、それぞれで必要となる機能が異なります。

システムによっては業種別にパッケージ化されたものもあるため、システム導入が初めての人は業種にあってパッケージ化されているシステムを選ぶと良いでしょう。

また、業務形態にあわなければシステムを導入してもうまく活用できないことも多いため、まずはじめに確認しておくべき項目です。

生産方式にあったシステムを選ぶ

生産管理システムは生産方式にあったシステムを選ぶことも重要なポイントです。

製造業における生産方式や業種や企業によっても異なり、主に見込み生産や受注生産、ロット生産などに分けることができます。

また、企業によっては製品ごとに別々の生産方式を取り入れていることもあり、自社の生産方式に対応しているかどうかは重要なポイントです。

自社の課題や導入目的にあったシステムを選ぶ

自社の課題や導入目的にあったシステムを選ぶことも重要なポイントです。

生産管理システムを導入して業務を効率化したいと考えている場合は、自社の課題や目的を明確にして、どの点を抑えるべきか、どの部署でシステムを導入するべきかを把握しておく必要があります。

操作性やサポート体制

生産管理システムは操作性やサポート体制も重要なポイントです。

機能面が豊富で自社にあったシステムを導入しても操作が複雑で扱えなければ意味がありません。

そのような場合、サポートが必要になることも多いでしょう。

サポートが充実していないとシステムを操作するだけでも時間がかかってしまい、業務に支障が出てしまう可能性も高いため、事前に確認しておきましょう。

特に、初めて生産管理システムを導入する場合はサポート体制が整っているものを選ぶことをおすすめします。

複数の会社を比較して選ぶ

生産管理システムの導入を検討する際に、1,2社の営業マンの言われるがまま導入してしまい、本当に自社にあった生産管理システムを導入できないことがよくあります。

導入を検討する際は、必ず複数の会社の資料を比較しましょう。

しかし、1社ずつ問い合わせをして資料を集めるのは非常に効率が悪いです。

ですので、一括資料請求を利用し効率的に比較して、生産管理システムを導入してみましょう

生産管理システム比較|まとめ

ここまでは生産管理システムの選び方のポイントや、おすすめの生産管理システムなどについて詳しく紹介してきました。

製造業は変化の激しい市場であり、その変化に対応しながらコストや品質を維持する必要があります。

生産管理システムを導入すれなこれらの課題を解決することができ、製造業における需要は高まっています。

自社に合った生産管理システムを導入する際には、必ず複数の会社の情報を比較することが大切です。

ただ、1社ずつ問い合わせをして情報を集めると非常に時間がかかってしまいます。

一括資料請求を利用して、効率的に生産管理システムを導入してみましょう。

\たった30秒で一括資料請求/
生産管理システムを
まとめて資料請求する!