【2022年最新】無料のおすすめ電子契約システム10選を徹底比較!選び方やメリットなども解説!

電子契約システム

おすすめの無料電子契約システムが知りたい
電子契約システムの機能や料金が知りたい

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

電子契約システムとは、従来の紙媒体の契約書に印鑑を押す代わりに、オンライン上の電子ファイルに押印や捺印をして契約を簡単に締結するシステムを指します。

現在企業ではペーパーレス化などが進んでおり、電子契約システムを導入する企業は増えています。

この記事では、おすすめの電子契約システムを比較し、電子契約システムの概要、機能、料金、メリットなどを詳しく紹介していきます。

この記事の要点
  • 電子契約システムはオンライン上で契約締結ができるシステム
  • おすすめの電子契約システムはクラウドサイン・freeサインなど
  • 無料の電子契約システムを選ぶ時はセキュリティ性能に注目する
  • 電子契約システムを導入すれば業務効率化・経費削減などのメリットがある

\おすすめの勤怠管理システムが気になる方はこちら/

【2022年最新】勤怠管理システムおすすめ徹底比較|厳選10選を料金・性能でランキング

無料のおすすめ電子契約システム比較表

この記事では10個のおすすめ電子契約システムを紹介します。

10個の電子契約システムの特徴を比較すると以下のようになります。

料金 連携機能 サポート API連携の有無
クラウドサイン 月額10,000円~
freeeサイン 月額4,980円~
BtoBプラットフォーム 契約書 0円~
AdobeSign 月額1,518円~
みんなの電子署名 月額11円

(1文書あたり)

マネーフォワード クラウド契約 月額2,980円
e-sign 無料
ジンジャーサイン 月額8,700円~
FASTSIGN 月額11,000円~
電子印鑑GMOサイン 0円~

無料のおすすめ電子契約システム10選

無料のおすすめ電子契約システムは主に以下の10個です。

それでは、それぞれの電子契約システムについて詳しく見ていきましょう。

弁護士ドットコム株式会社:クラウドサイン

クラウドサイン

出典:https://www.cloudsign.jp/

クラウドサインは弁護士ドットコム株式会社が提供している電子契約システムです。

国内シェアNo.1の電子契約サービスで、企業や自治体などでの導入実績は130万社の超える人気のサービスです。

弁護士がサービス全体を監修しており、電子署名法が定める「電子署名」に該当することを法務省・デジタル庁に認められているため、安心して利用できます。

また、クラウドサインは官公庁・金融機関も利用しており、契約書などの大切なデータは日本国内2箇所のデータセンターで保管しています。

そのため、安心して利用できる電子契約サービスです。

導入事例 シューペルブリアン株式会社
株式会社八芳園
リコージャパン株式会社
株式会社エルテス
ランスタッド株式会社
第一工業製薬株式会社
など
機能 承認権限
アクセス制限
アクセスSSO(シングルサインオン)
複数部署管理機能
登録制限
書類インポート機能
AIによる書類の自動入力
インポートデータ保管
テンプレート設定
帳票作成
検索機能
一括帳票作成/送信など

freee株式会社:freeeサイン

出典:https://www.freee.co.jp/cloud-erp/ninjasign/

freeeサインはfreee株式会社が提供している電子契約サービスです。

入力は一度だけでデータを一元化しており、作業の重複や転記ミスなどを削減できます。

また、データは一度入力するだけで各種帳票などに自動で反映されるため、管理部門の大幅は業務負荷の削減に期待ができます。

さらに、freeeサインはクラウドに特化して開発されており、税制改正への対応や新機能の追加なども自動でシステムに反映されるため、常に最新版を利用することも可能です。

データは全て暗号化を行い、グローバルスタンダード「TRUSTe」認証取得してから99%以上セキュリティと稼働率を維持していう点も特徴です。

導入事例 株式会社Gunosy
株式会社ビースタイル ホールディングス
パーソルイノベーション株式会社
KDDI株式会社
株式会社ファームノートホールディングス
など
機能 銀行明細の入力
クレジットカード明細の入力
小口現金の入力
伝票入力(仕訳形式)
月次決算・チェック・修正
補助科目
決算書類作成
決算整理仕訳
在庫棚卸
配賦仕訳
消費税申告
固定資産管理
など

株式会社インフォマート:BtoBプラットフォーム 契約書

電子契約システム

出典:https://www.infomart.co.jp/contract/index.asp

BtoBプラットフォーム 契約書は株式会社インフォマートが提供している電子契約システムです。

企業間の契約締結をはじめ、保管・共有を全てクラウド化できます。

導入企業約60万社、運営実績20年の実績があり安心して利用できる電子契約サービスです。

最大5社間の電子契約締結が可能で、契約の状況は取引先別/契約種別/タグ別/期限別などで簡単に把握できるため、管理の面でも優れています。

また、最新のブロックチェーン技術を採用しており、契約内容の信用性や機密性を確保できるという特徴もあります。

導入事例 クリナップ株式会社
株式会社サイバーエージェント
株式会社野村総合研究所
株式会社クオカード
アイザワ証券株式会社
など
機能 契約書発行
契約締結
自社保管
契約書管理
参照者設定
契約期限切れアラート機能
押印機能
ワークフロー

アドビ株式会社:AdobeSign

電子契約システム

出典:https://www.adobe.com/jp/sign.html

AdobeSignはアドビ株式会社が提供している電子契約システムです。

シンプルで安全な電⼦サインとAdobe Acrobatの強⼒な機能を組み合わせた唯⼀の電⼦契約ツールとなっており、透明性の高い安心の価格設定で提供しています。

日本だけでなく世界で要的にも有効なコンプライアンス要件にも対応でき、契約にかかる業務が効率化されます。

また、Microsoft、Salesforce、Workday、その他のアプリとの連携が非常に便利で、簡単にPDFの送信や署名も可能です。

導入事例 ソニー銀行株式会社
アットホーム株式会社
ソニー銀行株式会社
味の素株式会社
など
機能 文書を送信して署名を依頼 (回数制限なし)
署名のステータス管理とリマインダーの送信
PDFの書き出し、変換、編集
PDFの比較、機密情報の墨消し、検索と編集が可能なPDFの作成などがおこなえる高度なツールを含むなど

株式会社ベクター:みんなの電子署名

電子契約システム

出典:https://es.vector.co.jp/

みんなの電子署名は株式会社ベクターが提供している電子契約システムです。

印紙代や送料なども無料で、全ての機能を使うことができます。

みんなの電子署名は無料会員と有料会員といった区別がなく、料金プランもありません。

全ての人が全機能無料で使えるため、コストをかけたくない人には特におすすめの電子契約システムです。

また、みんなの電子署名は暗号化の実施や複数のデーターセンターへの保存など、高いセキュリティ対策を講じているため、無料サービスでありながら安心して利用できます。

導入事例 個人事業主から大企業まで幅広い企業規模での導入実績
機能 電子署名(AATL対応)
電子署名(認定タイムスタンプ対応)
ユーザー管理
ワークフロー認定
承認・署名グループ設定
ワンタイムパスワード
文書検索機能
操作ログ
署名パスワード認証
アクセスパスワード認証
契約ステータス表示
文書一覧のダウンロード(CSV)
フォルダ管理・公開範囲設定など

マネーフォワード株式会社:マネーフォワード クラウド契約

電子契約システム

出典:https://biz.moneyforward.com/contract/

マネーフォワードクラウド契約はマネーフォワード株式会社が提供している電子契約システムです。

インターネット環境があればいつでも簡単に契約締結できるため、電子契約システムを初めて導入する企業にもおすすめです。

中小企業からIPO準備企業・中堅企業まで幅広い業種での導入実績があり、安心して利用できます。

また、サポート機能も充実しているため、導入から契約締結まで分からないことがあってもすぐに解決できます。

導入事例 株式会社アクアリング
トヨタアルバルク東京株式会社
株式会社MIST solution
株式会社Life Foundation
株式会社オムニバス・ジャパンなど
機能 クラウド上で契約締結
電子署名
Adobe認定証明(AATL)
他者間契約
商業登記対応
進行状況の確認
契約書検索
閲覧権限の管理
テンプレート機能
ワークフロー機能
承認者固定機能
契約書を一元管理
契約書の個別アップロード
契約更新/終了のアラート通知
SSOログイン管理など

xID株式会社:e-sign

電子契約システム

出典:https://esign.ee/

e-signはxID株式会社が提供している電子契約システムです。

完全無料の電子契約システムで、個人でも法人でも契約数の制限はありません。

また、スマートフォンから電子契約署名を行うこともでき、移動中でも簡単に契約することができます。

xIDアプリ上でPINコードを入力することで誰でも簡単に契約締結できるため、コストをかけたくない個人事業主や小規模事業者などにもおすすめです。

導入事例 株式会社C-mind(シーマインド)など
機能 電子上での契約機能
スマホやタブレットでの契約締結
電子署名の有効期限はID作成時から3年間(再発行も無料)
デバイス搭載のFace IDやTouch IDなどの生体認証を利用可

jinjer株式会社:ジンジャーサイン

電子契約システム

出典:https://e-signing.jp/

ジンジャーサインはjinjer株式会社が提供している電子契約システムです。

社内も取引先も簡単操作で使いやすく、速い!簡単!楽!の3拍子揃った便利なシステムとなっています。

ジンジャーサインは全てオンライン化に対応しており、押印などの契約業務、書類管理をWeb上で完結できます。

また、運用設計や導入時のサポートも充実して業務システムに比べて設定項目が少ないため、サイン導入当日に利用することもできます。

カスタマーセンターで対応してくれるため、わからないことがあってもすぐに解決でき、相手先企業への対応も問題ありません。

導入事例 株式会社買取王国
株式会社さわやか倶楽部
株式会社LOTTE Hotel Arai
株式会社シバタ
株式会社JAPAN WELLNESS INNOVATION
など
機能 タイムスタンプ
電子契約
Adobe認定証明書
テンプレート
契約ステータス管理
電子帳簿保存法対応
フォルダー公開設定
社内ワークフロー
書類インポート
CSV一括送信(送信予約)
送信者ファイル添付(画像含む)
アラート機能
SMS送信
IP制限
印影登録
言語対応(言語対応)
SSO認証
など

株式会社マルジュ:FASTSIGN

電子契約システム

出典:https://www.maru.jp/fastsign/

FASTSIGNは株式会社マルジュが提供している電子契約システムです。

電子契約FAST SIGNは各プラン内の通数であれば定額料金での利用が可能です。

月額料金に従量課金が上乗せされることなく、一定数の契約締結ができるため安心して利用できます。

また、スマホで利用することもでき、SMSで通知を確認することができるためわざわざ契約締結のために出社する手間や時間もかかりません。

さらに、Web面接ツールSOKUMENと連携をすることで、面接から雇用契約までWeb上で一貫した対応が可能になり業務効率化にも期待ができます。

導入事例 約500社以上
機能 契約書テンプレート登録・管理
電子契約締結
契約書パスワード設定
契約書メール送付
契約書SMS送付
Web面接連携
締結済み契約書保管
タイムスタンプ
ファイル添付
CSV一括送信
など

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社:電子印鑑GMOサイン

電子契約システム

出典:https://www.gmosign.com/

電子印鑑GMOサインはGMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社が提供している電子契約システムです。

導入企業は60万社以上で、導入企業数No.1です。

電子帳簿保存法に準拠しており、より法的効力を高める当事者型電子署名の利用・併用も可能です。

また、動画コンテンツやウェビナーなどアフターサポートも充実しているため、導入時や導入後でも安心して利用できます。

導入事例 株式会社明和地所
株式会社マクアケ
日本セーフティー株式会社
株式会社インフィニトラベルインフォメーション
株式会社 東京オペレーションパートナーズ
など
機能 手書きサイン
押印ワークフロー
押印権限・閲覧権限
契約書の保管・検索
厳格な本人確認
アクセスコード
テンプレート機能
⼀括送信システム連携
など

電子契約システムとは

電子契約システムとは、契約書をはじめとするさまざまな書面を交わす際に全てクラウド上で行うシステムを指します。

従来では契約書などの書面を印刷して、相手先にサインしてもらうことで契約締結をしていましたが、電子契約システムを利用することで、すぐに簡単に契約締結できます。

また、電子契約システムを導入することで、契約に関する全ての業務でペーパーレス化ができるため、手続きの簡略化や業務効率化などが図れます。

無料の電子契約システムの主な機能

電子契約システムに搭載されている主な機能と特徴についてまとめましたので、参考にしてください。

主な機能 特徴
電子押印・署名 オンライン上で押印・署名ができ、新市税などもかからないためコスト削減ができる
外部サービスとの連駅機能 契約締結作業の効率化のため、他の業務システムと連携して取引先に送付することが可能
ワークフロー機能 事前に設定した承認ルートに基づき、申請・承認が可能
タスク管理機能 チームや部署でタスクを依頼・共有することができ、一元管理できる
電子書面とタイムスタンプ 書面における印鑑に代わりに誰が・いつ・何をしたかが電子書面とタイムスタンプにより管理できる
原本保管機能 オンライン上で契約書などの書類を管理できるため、紛失などのリスクがない
検索機能 契約署名、当事者名、金額などのさまざまな条件で契約書を検索できる
案件一括管理・期限アラート機能 案件ごとの進捗状況の確認や設定した日にちにアラート機能が設定でき、契約満了や更新期限を管理できる
テンプレート機能 分野ごとにテンプレートが用意されており、必要に応じて利用できる

無料の電子契約システムを導入するメリット

続いて、無料の電子契約システムを導入するメリットについて紹介します。

経費・コストの削減

電子契約システムを導入すれば、契約締結に関する経費やコストが削減できるというメリットがあります。

電子契約であれば印紙税も一切かからないため、印紙税の節約も可能です。

また、収入印紙を用意する手間も省け、印刷・郵送などにかかる人件費もかからないため長い目でみると大幅な経費・コスト削減ができます。

リモートワークに対応できる

電子契約システムはリモートワークに対応できるというメリットがあります。

2020年から続くコロナウイルスの影響で、リモートワークが普及しています。

そのため、従来の方法では契約したいのに契約できない!プリンターが会社にしかないから手間がかかる!などの悩みを抱えている企業も多いです。

電子契約システムを導入すれば、リモートワークでもいつでもどこでも契約締結できるため、大幅な業務効率化が目指せます。

近年働き方改革の変革が影響し、リモートワークやフレックス制を導入している企業も多くこれらの企業では電子契約システムは必須と言えるでしょう。

契約締結までのリードタイムの短縮

従来の書面契約の場合は契約書を印刷して押印して同府することが一般的でした。

しかし、担当者不在や返送までの時間を考えると契約書送付から1週間程度かかることも多いです。

しかし、電子契約システムを導入すればオンライン上で契約書を作成し、メールなどで相手先に送付することができるため、契約締結までのリードタイムの短縮ができるというメリットがあります。

保管・管理の効率化

契約書は基本的に一定期間の保存が義務付けられています。

従来の紙媒体の契約書の場合は、原本をファイリングして保存することが一般的です。

しかし、企業によっては保管スペースがなかったり、どこに何があるかわからないなどといったように上手く管理できない企業も少なくありません。

電子契約の場合は、契約書は全てデータで保管できるため保管方法やスペースを確保する必要もありません。

また、検索機能を使えばすぐに契約書を閲覧することもでき非常に便利です。

無料の電子契約システムを導入する時に大切なポイント

ここでは、無料の電子契約システムを導入する時に大切なポイントについて紹介します。

セキュリティ性能が高いか

無料の電子契約システムを選ぶ時はセキュリティ性能が高いかどうかを確認してください。

契約書類は企業にとっても重要な意味を持ち、万が一外部に漏洩してしまったり、第三者に契約書が改ざんされてしまっては会社の信用に大きな影響を与えてしまいます。

そのため、セキュリティ性能を高めるためにどのような対策が取られているかを必ず事前に確認してください。

既存のシステムとの連携ができるか

既存のシステムとの連携ができるかどうかも重要なポイントです。

契約書を締結するために社内で承認を得る時は、承認機能が搭載されているシステムと連携することで非常に便利になります。

コストはかかるか

無料プランを利用したとしても、今後有料プランに切り替えることも多いです。

無料プランから有料プランに切り替える時に料金の詳細をしっかり確認しておきましょう。

電子契約システムは基本的に月額制になっていることが多いですが、契約書を送付する度にコストが発生する従課金システムを導入しているところもあります。

テンプレート機能があるか

無料の電子契約システムを導入する時は、テンプレート機能が用意されているかも重要なポイントです。

契約書を毎回1から作成するには手間も時間もかかってしまうため、テンプレートが用意されていれば非常に便利です。

自社に合うテンプレート機能が用意されていれば、大幅は業務効率化に期待ができることでしょう。

1か月あたりの契約書数

電子契約システムでは、1か月あたりに何件の契約書を送付するかによって料金が決められているところもあります。

そのため、自社の状況を踏まえながらどのプランで解約するかどうかを決めましょう。

運営会社の信頼性

運営会社の信頼性も重要なポイントです。

運営会社がサービスを終了してしまうと電子契約システムは利用できなくなってしまいます。

電子契約システムは基本的にデータ管理を全て運営会社に任せるため、できるだけ信頼できる企業が提供しちえる電子契約システムを利用するようにしましょう。

簡単に署名できるか

電子契約システムを導入する時は、簡単に署名できるかどうかも重要なポイントです。

電子契約システムはそもそも業務を効率化できるもののため、署名や捺印も簡単だと非常に助かります。

電子契約システム 無料 まとめ

おすすめの電子契約システムを比較し、電子契約システムの概要、機能、料金、メリットなどを詳しく紹介してきました。

無料のおすすめ電子契約システムは次のとおりです。

電子解約システムはどんな業種の企業でも業務効率化に役立ちます。

ぜひ、活用してみてはいかがでしょうか。