【2022年最新】電子契約システム比較15選!おすすめのシステムや比較表、機能や型式別の選び方!

おすすめの電子契約システムを知りたい
電子契約システムを導入する上で複数のシステムを比較したい

この記事を読んでいるあなたは上記のように考えているかもしれません。

電子契約システムとは、簡単に言うとインターネット上で契約を締結できるシステムのことを意味しています。

この記事では、「おすすめの電子契約システムやメリット・デメリット、比較ポイントなど」を詳しく紹介していきます。

電子契約システムについてざっくり言うと
  • 電子契約システムを導入することで、事務作業を効率化できる
  • 電子契約システムは書面の契約に発生する収入印紙代や紙代などのコストカットにも繋がる
  • 電子契約システムを導入する上で、セキィリティ対策が万全なシステムを選ぶと良い
  • 既存の導入システムと連携できる電子契約システムを導入すれば、スムーズにデータを移行できる
  • 電子契約システムを導入すれば、コンプライアンスを強化できるなど様々なメリットがある
  • 必ず複数のシステムを比較して導入する
\たった30秒で一括資料請求/
電子契約システムを
まとめて資料請求する!

目次

電子契約システムとは

電子契約サービス_比較_電子契約サービスとは?

電子契約システムについて詳しく知りたい。

インターネット上でPDFを使用して契約を締結できるシステムのことを電子契約システムと言います。

電子契約システムを導入すれば、インターネット上で電子署名したりタイムスタンプを用いたりすることで契約を締結できるのです。

以下では電子契約システムについてを紹介します。

電子契約システムの特徴とは

従来であれば、書面の契約書が主流で業種にかかわらず幅広く使用されてきました。

しかし、契約を締結するにあたり当事者が一つの場所に集まらなければならないなど、非常に手間暇がかかっていたのです。

さらに1,000万円以上の契約になる場合、数万円分の収入印紙が必要になるなど、契約にかかわるコストも発生していました。

これまで当たり前に行われてきた電子契約システムですが、契約の手間暇やコストなどがかかるというデメリットがあったのです。

しかし、今回紹介する電子契約システムを利用すれば、インターネット上で契約の締結が可能になるためこれまでかかっていた手間暇が軽減されます。

また、電子帳簿保存法により電子契約システムを利用して契約する場合、収入印紙が不要と制定されています。

そのため契約にかかわる手間暇だけでなく、コストも削減できるのが電子契約システムです。

電子契約システムの普及率とは?

新型コロナウイルスの影響で急激にリモートワークが浸透したことも影響して、電子契約システムを導入する企業が増加しています。

2021年1月に行われたJIPDECの「企業IT利活用動向調査2021」によると、67.2%の企業が電子契約システムを導入しているとのことです。

後ほど詳しく導入するメリットをお伝えしますが、その利便性を考えると今後ますます電子契約システムを導入する企業が増加すると言えるでしょう。

電子契約システムの選び方

電子契約システムを選ぶ際は、複数の会社の資料を比較して自社に最適なシステムを導入しましょう。

長く利用することを前提に考えると、少ない資料で簡単に決めてしまうのはリスクが高いです。

電子契約システムを比較する上で一番重要なことは、「当事者型」か「立会人型」かを確認することです。

2つでは厳しい本人確認の上で実印を押す契約と、それ以外でも可能な契約とで程度が違います。

企業の業務内容や規模、費用から自社に必要な機能を見つけ、最適なシステムを選びましょう。

そこで、一括資料請求を利用して複数社から効率よく比較して電子契約システム導入してみましょう。

電子契約システムを
まとめて資料請求する!

【比較表】おすすめの電子契約システム15選一覧

電子契約サービス_比較_電子契約サービスの15選の比較表

複数の電子契約システムを一覧で比較したい。

ここでは、この記事で紹介するおすすめの電子契約システム15選の比較表を紹介します。

まずは、どのようなシステムがあるのか確認してみましょう。

電子契約システム名 料金 導入数 テンプレート機能 各種機能 立会人型か当事者型か コンプライアンス(セキュリティ対策) 取引先のアカウント保持に関する必要性 連携可能なシステム
クラウドサイン

→資料を見る!

Light
月額11,000円
1件送信するごとに220円
Corporate
30,800円
1件送信するごとに220円
Enterprise
要問い合わせ
130万社以上 あり ・契約書管理
・書類インポート
・権限カスタマイズ
・AIによる自動入力など
立会人型 ・暗号通信
・アカウント保護
・機密ポリシー
・保存ファイルの暗号化など
不要
※メールアドレスで認証可能
不要
※メールアドレスで認証可能
マネーフォワードクラウド契約

→資料を見る!

個人向け
月1,078円
1件郵送するごとに209円
小規模事業者向け
月4,378円
1件郵送するごとに198円
中小企業向け
月6,578円
1件郵送するごとに187円
中堅から大企業向け
要問い合わせ
不明 あり ・ワークフロー機能
・契約書管理
・契約書台帳に一括アップロード
・SSOログイン管理など
不明 ・暗号通信
・アカウント保護
・機密ポリシー
・保存ファイルの暗号化など
不明 API連携
BtoB プラットフォーム契約書

→資料を見る!

フリープラン
0円でお試し
シルバープラン
11,000円から/月
電子契約55円/通
Enterpriseゴールドプラン
33,000円から/月
電子契約55円/通
60万社以上 あり ・ワークフローシステム
・契約書の保管管理
・一括アップロードなど
当事者型 ・ブロックチェーン技術の採用
・24時間365日の監視
・不正アクセス対策など
取引先は無料で利用可能 API連携
電子印鑑GMOサイン

→資料を見る!

お試しフリープラン
0円
契約印・実印プラン
月額9,680円
当事者型:330円/件
立会人型:110円/件
50万社以上 あり ・契約書管理
・多言語対応
・ワークフロー
・文書ひな型登録など
両方あり ・IPアドレス制限
・クライアント認証
・ワンタイムパスワード
・AD連携など
当事者型:取引先も同システムを利用している必要性あり
立会人型:取引先が同システムを利用していなくても締結可能
・Salesforce
・kintone
・API連携など多数のシステムと連携可能
かんたん電子契約forクラウド

→資料を見る!

無料お試し版
0円
ビジネス版II
11,000円
1件送信するごとに110円
タイムスタンプ国内シェア65% あり ・契約書管理
・契約書ひな型登録
・ワークフロー作成
・電子締結など
当事者型 Google Authenticatorの本人認証など 不要 API連携
NINJA Sign by freee

→資料を見る!

LightFreeプラン
0円
Lightプラン
月額5,478円
電子署名220円/通
Light Plusプラン
月額21,780円
電子署名220円/通
Pro/Pro Plusプラン
月額55,000円から
電子署名220円/通
不明 あり ・契約書管理
・電子署名
・パスワード付き送信
・データバックアップなど
立会人型 ・通信の暗号化
・データの暗号化
・IPアドレス制限
・送信パスワード設定など
不要 API連携
WAN-Sign

→資料を見る!

無料プラン
0円
有料プラン
11,000円/月
当事者型:電子契約締結330円/件
立会型:電子契約締結110円/件
 不明 あり ・契約書管理
・書面契約と電子契約を一元管理など
両方あり ・閲覧制限
・IPアドレス制限
・脆弱性診断の定期的な実施など
不要 API連携
いえらぶ電子契約

→資料を見る!

要問い合わせ 不明 あり ・賃貸借契約の締結
・更新契約の締結
・契約書管理など
不明 クラウドサインの最新技術を導入 不要 API連携
ContractS CLM

→資料を見る!

業界シェアNo.1の実績
※出典:ITR
スタンダード
プロフェッショナル
エンタープライズ
要問い合わせ
※2021年3月31日までキャンペーン実施につき、
電子締結料金0円
不明 あり ・契約書管理
・書類の一元管理
・ナレッジの蓄積や共有など
立会人型 ・通信の暗号化
・アカウントロック
・IPアドレス設定
・SAML認証など
不要 API連携
Adobe Sign

→資料を見る!

Adobe Sign小規模企業版 年間プラン
51,238円
ビジネス版
要問い合わせ
エンタープライズ版
要問い合わせ
不明 あり ・ひな型管理
・ワークフロー
・一斉送信
両方あり ・EU Trusted Lists
・Adobe Approved Trust Listなどの使用
不要 API連携
jinjerサイン

→資料を見る!

ライトプラン
月9,570円
送信料220円/通
ベーシックプラン
月33,000円
送信料220円/通
アドバンスプラン
月55,000円
送信料220円/通
不明 あり ・契約書管理
・ひな型
・タイムスタンプ自動付与
・契約ステータス管理など
不明 ・通信の暗号化
・自動バックアップなど
不要 API連携
みんなの電子署名

→資料を見る!

初期費用、月額基本料、作成や署名費用:0円
1年以上経過した文書の保管料金
月550円
不明 あり ・電子署名
・ユーザー管理
・文書検索機能
・グループ設定
立会人型 ・通信の暗号化
・通信ポート制限
・サーバーのアクセス監視など
必要
paperlogic

→資料を見る!

paperlogic電子契約
月22,000円
不明 あり ・書類送付
・電子議事録など
両方あり ・ファイルを暗号化保存
・URL発行機能
・サーバーのアクセス監視など
不要 API連携
DX-Sign

→資料を見る!

DX-Sign Free
0円
Normal
月8,800円
220円/送信
Enterprise
月55,000円から
220円/送信
不明 あり ・電子署名・タイムスタンプ
・ひな型作成管理
・認証リクエスト
・グループ管理など
立会人型 認証リクエストなど 不要 API連携
リーテックスデジタル

→資料を見る!

エントリー
0円
スタンダード
月11,000円
スタンダードPlus
月33,000円
プレミアム
月110,000円
不明 なし ・書面契約書の保管
・電子契約書の保管
・決済の電子化など
当事者型 ・不正ログイン防止
・電子署名・タイムスタンプ
・記録事項証明書の発行など
不要 API連携

このように、電子契約システムの中にも、様々な機能があり値段も違います。

自社に合った電子契約システムを選ぶには、複数の会社の資料に目を通してから比較する必要があります。

1社ごとに問い合わせて資料を集めるのは効率が悪いので、一括資料請求を利用して効率的に電子契約システムを導入してみてください。

電子契約システムを
まとめて資料請求する!

【徹底比較】電子契約システムおすすめ15選

電子契約サービス_比較_おすすめ電子契約サービス15選を比較

各電子契約システムを詳しく知りたい
それぞれどんな特徴があるのか詳しく知りたい

ここからは上記の比較表で紹介した15選のおすすめ電子契約システムについて詳しく紹介していきます。

なおここで紹介する料金は全て、税込表示となっています。

クラウドサイン

クラウドサイン

出典:https://www.cloudsign.jp/

クラウドサインの評価
使いやすさ
(5.0)
サポートの手厚さ
(5.0)
機能満足度
(5.0)
料金の妥当性
(4.0)
カスタマイズ性
(4.0)
クラウドサインのおすすめポイント
  • 導入企業が130万社以上の実績
  • 弁護士監修の法律に則ったシステム
  • 官公庁や金融機関にも認められた安全性
  • 導入前から導入後まで充実のサポート

→資料を見る!

クラウドサインは弁護士が監修したシステムで、データを日本国内2箇所のデータセンターで保管するなど、セキュリティに優れた電子契約システムです。

官公庁や金融機関も導入するシステムのため、安全性を重視する企業におすすめします。

契約書の締結だけでなく管理も可能なため、事務作業が効率化されるでしょう。

導入に関して検討段階の社内資料作成サポートや、運用サポートが充実しているのも同システムの特徴です。

取引先への案内資料も準備されているため、スムーズに導入できるでしょう。

【クラウドサインの基本情報】

特徴 弁護士監修のシステムで、官公庁や金融機関も導入している
料金 Light
月11,000円
1件送信するごとに220円
Corporate
月30,800円
1件送信するごとに220円
Enterprise
要問い合わせ
導入数 130万社以上
テンプレート機能 あり
各種機能 ・契約書管理
・書類インポート
・権限カスタマイズ
・AIによる自動入力など
立会人型か当事者型か 立会人型
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・暗号通信
・アカウント保護
・機密ポリシー
・保存ファイルの暗号化など
取引先のアカウント保持に関する必要性 不要
※メールアドレスで認証可能
連携可能なシステム ・slack
・freee
・kintoneなど100以上のシステムと連携可能
資料を見る!

マネーフォワードクラウド契約

マネーフォワードクラウド契約

出典:https://biz.moneyforward.com/contract/

マネーフォワードクラウド契約の評価
使いやすさ
(5.0)
サポートの手厚さ
(4.0)
機能満足度
(5.0)
料金の妥当性
(5.0)
カスタマイズ性
(4.0)
マネーフォワードクラウド契約のおすすめポイント
  • 個人事業主も導入しやすい
  • ワークフロー機能など内部統制機能が充実している
  • 契約の更新や解除などを通知してくれる
  • クラウドシリーズの他製品が基本料金で利用できる

→資料を見る!

マネーフォワードクラウド契約はテレビCM放映中で、注目の集まっている電子契約システムです。

個人事業主向けのプランもあり、お得に利用できるのが同システムの特徴となっています。

契約書をアップロードし取引先情報を入力、電子印鑑を押印して送信するだけで契約が完了するため、スピーディーに契約を締結できるでしょう。

【マネーフォワードクラウド契約の基本情報】

特徴 注目度の高い電子契約システム
料金 ・個人向け
月額1,078円
1件郵送するごとに209円
・小規模事業者向け
月額4,378円
1件郵送するごとに198円
・中小企業向け
月額6,578円
1件郵送するごとに187円
・中堅から大企業向け
要問い合わせ
導入数 不明
テンプレート機能 あり
各種機能 ・ワークフロー機能
・契約書管理
・契約書台帳に一括アップロード
・SSOログイン管理など
立会人型か当事者型か 不明
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・暗号通信
・アカウント保護
・機密ポリシー
・保存ファイルの暗号化など
取引先のアカウント保持に関する必要性 不明
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

BtoB プラットフォーム契約書

BtoB プラットフォーム契約書

出典:https://www.infomart.co.jp/contract/index.asp

BtoB プラットフォーム契約書の評価
使いやすさ
(5.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
機能満足度
(5.0)
料金の妥当性
(5.0)
カスタマイズ性
(4.0)
BtoB プラットフォーム契約書のおすすめポイント
  • 60万社の導入実績
  • 取引先は無料で利用可能
  • ブロックチェーンの採用など万全なセキュリティ対策
  • フリープランがあるためお試ししやすい

→資料を見る!

BtoB プラットフォーム契約書は株式会社インフォマートが運営する電子契約システムです。

ブロックチェーンを採用しているため、契約内容の機密性に優れています

フリープランが用意されているため、有料契約する前にお試ししてみましょう。

【BtoB プラットフォーム契約書の基本情報】

特徴 フリープランがあるため契約前に使い勝手がわかる
料金 ・フリープラン
0円でお試し
・シルバープラン
11,000円から/月
電子契約55円/通
・Enterpriseゴールドプラン
33,000円から/月
電子契約55円/通
導入数 60万社以上
テンプレート機能 あり
各種機能 ・ワークフローシステム
・契約書の保管管理
・一括アップロードなど
立会人型か当事者型か 当事者型
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・ブロックチェーン技術の採用
・24時間365日の監視
・不正アクセス対策など
取引先のアカウント保持に関する必要性など 取引先は無料で利用可能
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

電子印鑑GMOサイン

電子印鑑GMOサイン

出典:https://www.gmosign.com/

 

電子印鑑GMOサインの評価
使いやすさ
(5.0)
サポートの手厚さ
(5.0)
機能満足度
(5.0)
料金の妥当性
(5.0)
カスタマイズ性
(4.5)
電子印鑑GMOサインのおすすめポイント
  • 50万社の導入実績
  • 多言語対応で海外との取引も楽々
  • 電話や活用ウェビナーなどアフターサポートが充実
  • まずは無料でお試しできる

→資料を見る!

電子印鑑GMOサインは50万社以上が導入する電子契約システムです。

大手GMOグループが運営するシステムのため、セキュリティ対策も万全に整っています

多言語に対応しているため、海外の企業と取引がある場合は、同システムの利用が最適でしょう。

【電子印鑑GMOサインの基本情報】

特徴 50万社の導入実績
料金 ・お試しフリープラン
0円
・契約印・実印プラン
月額9,680円
当事者型:330円/件
立会人型:110円/件
導入数 50万社以上
テンプレート機能 あり
各種機能 ・契約書管理
・多言語対応
・ワークフロー
・文書ひな型登録など
立会人型か当事者型か 両方あり
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・IPアドレス制限
・クライアント認証
・ワンタイムパスワード
・AD連携など
取引先のアカウント保持に関する必要性 当事者型:取引先も同システムを利用している必要性あり
立会人型:取引先が同システムを利用していなくても締結可能
連携可能なシステム ・Salesforce
・kintone
・API連携など多数のシステムと連携可能
資料を見る!

かんたん電子契約 for クラウド

かんたん電子契約 for クラウド

出典:https://www.seiko-cybertime.jp/contract-l/

かんたん電子契約 for クラウドの評価
使いやすさ
(5.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
機能満足度
(5.0)
料金の妥当性
(5.0)
カスタマイズ性
(4.5)
かんたん電子契約 for クラウドのおすすめポイント
  • セイコーソリューション株式会社が運営
  • 金融機関の導入実績多数
  • 書面契約も保管できる
  • タイムスタンプ国内シェア65%

→資料を見る!

かんたん電子契約forクラウドは、セイコーソリューション株式会社が運営する電子契約システムです。

そんな同システムは、金融機関からの信頼が厚く、導入実績も豊富です。

書面で契約した書類をスキャンして保管することもできます。

契約先の本人確認にも利用できるWeb面談契約機能が近日公開予定です。

この機能を利用すれば、大金が動く契約でも安心でしょう。

【かんたん電子契約 for クラウドの基本情報】

特徴 セイコーソリューション株式会社が運営する電子契約システム
料金 無料お試し版
0円
ビジネス版II
11,000円
1件送信するごとに110円
導入数 タイムスタンプ国内シェア65%
テンプレート機能 あり
各種機能 ・契約書管理
・契約書ひな型登録
・ワークフロー作成
・電子締結など
立会人型か当事者型か 当事者型
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
Google Authenticatorの本人認証など
取引先のアカウント保持に関する必要性 不要
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

freeeサイン

NINJA Sign by freee

出典:https://www.ninja-sign.com/service

freeeサインの評価
使いやすさ
(5.0)
サポートの手厚さ
(5.0)
機能満足度
(5.0)
料金の妥当性
(4.0)
カスタマイズ性
(4.0)
freeeサインのおすすめポイント
  • ワークフロー作成でリモートワークでも社内承認が可能
  • 検討から導入、運用段階で充実のサポート
  • 機密データを守るセキュリティ対策
  • 契約書をひな型で保存

→資料を見る!

freeeサインは弁護士が監修した電子契約システムです。

契約業務にかかわる事務作業を全て管理できるため、簡単に契約を締結できます。

取引先が同システムを利用していなくても契約の締結が可能なため、導入しやすいでしょう。

契約書のひな型登録や、社内承認が楽になるワークフロー作成も可能です。

サポートデスクも完備されているため、導入後のトラブルにも迅速に対応してもらえます

また、最近NINJA-Sign by freeeからfreeeサインへとシステム名が変更されました。

間違えてしまわないように注意しましょう。

【freeeサインの基本情報】

特徴 弁護士が監修した電子契約システム
料金 LightFreeプラン
0円
Lightプラン
月額5,478円
電子署名220円/通
Light Plusプラン
月額21,780円
電子署名220円/通
Pro/Pro Plusプラン
月額55,000円から
電子署名220円/通
導入数 不明
テンプレート機能 あり
各種機能 ・契約書管理
・電子署名
・パスワード付き送信
・データバックアップなど
立会人型か当事者型か 立会人型
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・通信の暗号化
・データの暗号化
・IPアドレス制限
・送信パスワード設定など
取引先のアカウント保持に関する必要性 不要
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

WAN-Sign(株式会社ワンビシアーカイブス)

WAN-Sign

出典:https://www.ags.co.jp/service/denshikeiyaku.html

WAN-Signの評価
使いやすさ
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
機能満足度
(4.0)
料金の妥当性
(4.0)
カスタマイズ性
(4.5)
WAN-Signのおすすめポイント
  • 官公庁や金融機関、医療機関などでの導入実績あり
  • GMOインターネットグループと共同開発
  • セキュリティ対策が充実
  • 立会人型・当事者型どちらも取り扱いあり

→資料を見る!

WAN-SignはNXグループが運営する電子契約システムです。

官公庁や金融機関、医療機関など多種多様な業種での導入実績があります。

書面で取り交わした契約も保管可能なため、電子契約と一元管理が可能です。

なおセキュリティに関しても、国産基盤のデータセンター保全体制が整っているなど、安心して利用できます。

【WAN-Signの基本情報】

特徴 書面契約書と電子契約書の一元管理が可能
料金 無料プラン
0円
有料プラン
11,000円/月
当事者型:電子契約締結330円/件
立会型:電子契約締結110円/件
導入数 不明
テンプレート機能 あり
各種機能 ・契約書管理
・書面契約と電子契約を一元管理など
立会人型か当事者型か 両方あり
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・閲覧制限
・IPアドレス制限
・脆弱性診断の定期的な実施など
取引先のアカウント保持に関する必要性 不要
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

いえらぶ電子契約

いえらぶ電子契約

出典:https://ielove-cloud.jp/service/sign/

いえらぶ電子契約の評価
使いやすさ
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
機能満足度
(4.0)
料金の妥当性
(4.0)
カスタマイズ性
(3.0)
いえらぶ電子契約のおすすめポイント
  • 不動産業界に特化した電子契約システム
  • 賃貸借契約を締結できる
  • 更新契約を締結できる
  • 弁護士ドットコム監修でセキュリティ対策が万全

→資料を見る!

いえらぶ電子契約は、先ほど紹介したクラウドサインを運営する弁護士ドットコムと共同開発された電子契約システムです。

定期借地契約や定期借家契約は電子化できませんが、契約の更新や解除などを電子化できます。

書面契約が必須な書類と電子契約可能な書類に区別がある不動産業界ですが、同システムを導入することで対応漏れを防げたり、セキュリティを向上させたりできるでしょう。

【いえらぶ電子契約の基本情報】

特徴 不動産業界向けの電子契約システム
料金 要問い合わせ
導入数 不明
テンプレート機能 あり
各種機能 ・賃貸借契約の締結
・更新契約の締結
・契約書管理など
立会人型か当事者型か 不明
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
クラウドサインの最新技術を導入
取引先のアカウント保持に関する必要性 不要
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

ContractS CLM

ContractS CLM

出典:https://www.contracts.co.jp/

使いやすさ
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
機能満足度
(4.0)
料金の妥当性
(4.0)
カスタマイズ性
(4.0)
[/rate]
ContractS CLMのおすすめポイント
  • 官公庁や金融機関、医療機関などでの導入実績あり
  • GMOインターネットグループと共同開発
  • セキュリティ対策が充実
  • 立会人型・当事者型どちらも取り扱いあり

→資料を見る!

ContractS CLMは契約に関する業務を最適化できる電子契約システムです。

契約に関する業務を一元化できるため、事務作業の効率化も測れます。

なお、契約のステータスを可視化できるためビジネス機会の損失を防げるでしょう。

【ContractS CLMの基本情報】

特徴 業界シェアNo.1の実績
※出典:ITR
料金 スタンダード
プロフェッショナル
エンタープライズ
要問い合わせ
※2021年3月31日までキャンペーン実施につき、
電子締結料金0円
導入数 不明
テンプレート機能 あり
各種機能 ・契約書管理
・書類の一元管理
・ナレッジの蓄積や共有など
立会人型か当事者型か 立会人型
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・通信の暗号化
・アカウントロック
・IPアドレス設定
・SAML認証など
取引先のアカウント保持に関する必要性 不要
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

Adobe Sign

Adobe Sign

出典:https://www.adobe.com/jp/sign.html

Adobe Signの評価
使いやすさ
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
機能満足度
(4.0)
料金の妥当性
(4.0)
カスタマイズ性
(4.0)
Adobe Signのおすすめポイント
  • 世界中で導入されている電子契約システム
  • 電子署名機能が便利
  • ワークフリー機能でリモートワークが進む
  • 世界最高水準のコンプライアンス

→資料を見る!

Adobe Signは世界中で導入されている電子契約システムです。

そんな同システムの電子署名機能を利用すれば、契約業務の効率化を測れます。

ワークフロー機能もあるため、リモートワークを導入したい企業にもおすすめです。

【Adobe Signの基本情報】

特徴 世界中で導入されている電子契約システム
料金 Adobe Sign小規模企業版 年間プラン
51,238円
ビジネス版
要問い合わせ
エンタープライズ版
要問い合わせ
導入数 不明
テンプレート機能 あり
各種機能 ・ひな型管理
・ワークフロー
・一斉送信
立会人型か当事者型か 両方
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・EU Trusted Lists
・Adobe Approved Trust Listなどの使用
取引先のアカウント保持に関する必要性 不要
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

jinjerサイン

マネーフォワードクラウド契約

出典:https://hcm-jinjer.com/sign/

jinjerサインの評価
使いやすさ
(4.0)
サポートの手厚さ
(4.0)
機能満足度
(4.0)
料金の妥当性
(4.0)
カスタマイズ性
(4.5)
jinjerサインのおすすめポイント
  • 最速1分で契約書を送付できる
  • メールサポートや導入企業向けセミナーなどサポートが充実
  • アドバンスプランなら電話サポートが受けられる
  • 契約書のひな型あり

→資料を見る!

jinjerサインは最速1分で契約書が送付できる電子契約システムです。

契約書のひな型を選択して送信先を選定するだけで、契約書を送付できます。

取引先の企業が同システムを導入していない場合も、電子契約が可能です。

なお2週間で3通まで契約書の送付が可能なトライアルも実施しています。

【jinjerサインの基本情報】

特徴 最速1分のスピード契約が可能
料金 ・ライトプラン
月9,570円
送信料220円/通
・ベーシックプラン
月33,000円
送信料220円/通
・アドバンスプラン
月55,000円
送信料220円/通
導入数 不明
テンプレート機能 あり
各種機能 ・契約書管理
・ひな型
・タイムスタンプ自動付与
・契約ステータス管理など
立会人型か当事者型か 不明
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・通信の暗号化
・自動バックアップなど
取引先のアカウント保持に関する必要性 不要
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

みんなの電子署名

みんなの電子署名

出典:https://es.vector.co.jp/

みんなの電子署名の評価
使いやすさ
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
機能満足度
(4.0)
料金の妥当性
(5.0)
カスタマイズ性
(3.0)
みんなの電子署名のおすすめポイント
  • コスパの良さが魅力的な電子署名システム
  • 書面後1年経つまでは無料で利用可能
  • 個人事業主やフリーランスが導入しやすい
  • サーバーへのアクセス監視など、セキュリ的対策も万全

→資料を見る!

みんなの電子署名はどこよりも安い料金で利用できる電子署名システムです。

なんと初期費用や月額基本料などは不要で、料金がかかるのは署名した文書を1年以上保管したい場合のみとなっています。

つまり、署名してから1年経つまでは1円もかかりません

個人事業主やフリーランスなど、小規模の事業を営む方は導入を検討してみましょう。

【みんなの電子署名の基本情報】

特徴 圧倒的なコスパが魅力の電子署名システム
料金 初期費用、月額基本料、作成や署名費用:0円
1年以上経過した文書の保管料金
月550円
導入数 不明
テンプレート機能 あり
各種機能 ・電子署名
・ユーザー管理
・文書検索機能
・グループ設定
立会人型か当事者型か 立会人型
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・通信の暗号化
・通信ポート制限
・サーバーのアクセス監視など
取引先のアカウント保持に関する必要性 必要
連携可能なシステム
資料を見る!

paperlogic

paperlogic

出典:https://paperlogic.co.jp/

paperlogicの評価
使いやすさ
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
機能満足度
(4.0)
料金の妥当性
(5.0)
カスタマイズ性
(4.0)
paperlogicのおすすめポイント
  • 管理機能に優れている
  • 請求書や納品書も電子化できる
  • 書類に合わせて立会人型当事者型か選べる
  • 書面契約書もスキャンで保存できる

→資料を見る!

paperlogicは電子稟議、電子契約、電子書庫と3つのシステムを利用できます。

管理機能に優れている点が特徴的です。

請求書や納品書なども全て電子化できるため、事務作業を効率化してくれます。

なお、電子化する文書に合わせて立会人型か当事者型の署名を選択可能です。

【paperlogicの基本情報】

特徴 法廷保存文書を幅広く電子化できる
料金 paperlogic電子契約
月22,000円
導入数 不明
テンプレート機能 あり
各種機能 ・書類送付
・電子議事録など
立会人型か当事者型か 両方
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・ファイルを暗号化保存
・URL発行機能
・サーバーのアクセス監視など
取引先のアカウント保持に関する必要性 不要
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

DX-Sign

DX-Sign

出典:https://www.dx-sign.jp/

DX-Signの評価
使いやすさ
(5.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
機能満足度
(4.0)
料金の妥当性
(4.0)
カスタマイズ性
(1.0)
DX-Signのおすすめポイント
  • シンプルで見やすいデザイン
  • 操作性に優れていてわかりやすい
  • 取引先が導入していなくても契約を締結できる
  • freeプランでお試し可能

→資料を見る!

DX-Signは操作性に優れていると話題の電子契約システムです。

シンプルかつ見やすいデザインが魅力的なシステムのため、直感的に操作できるでしょう。

取引先が同システムを導入していない場合も、契約を締結できるため利便性にも優れています。

電子署名、タイムスタンプなど、標準機能が一通り揃っているため安心して導入できるでしょう。

無料でお試しできるプランもあるため、導入を迷ったらまずはFreeプランの利用をおすすめします。

【DX-Signの基本情報】

特徴 操作性の高い電子契約システム
料金 ・Free
0円
・Normal
月8,800円
220円/送信
・Enterprise
月55,000円から
220円/送信
導入数 不明
テンプレート機能 あり
各種機能 ・電子署名・タイムスタンプ
・ひな型作成管理
・認証リクエスト
・グループ管理など
立会人型か当事者型か 立会人型
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
認証リクエストなど
取引先のアカウント保持に関する必要性 不要
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

リーテックスデジタル契約

リーテックスデジタル

出典:https://le-techs.com/

リーテックスデジタルの評価
使いやすさ
(4.0)
サポートの手厚さ
(3.0)
機能満足度
(4.0)
料金の妥当性
(5.0)
カスタマイズ性
(4.0)
リーテックスデジタルのおすすめポイント
  • 法人対法人の契約締結に便利
  • 法的安定性に優れている
  • 改ざん防止など、セキュリティ対策も万全
  • 電子記録債権の利用が可能

→資料を見る!

リーテックスデジタルは法人の契約締結におすすめの電子契約システムです。

そんな同システムの特徴は、電子契約と電子記録債権を併用している点にあります。

なおファイルの暗号化や改ざん防止など、セキュリティにも優れたシステムとなっています。

【リーテックスデジタルの基本情報】

特徴 法人の契約締結におすすめな電子契約システム
料金 ・エントリー
0円
・スタンダード
月11,000円
・スタンダードPlus
月33,000円
・プレミアム
月110,000円
導入数 不明
テンプレート機能 なし
各種機能 ・書面契約書の保管
・電子契約書の保管
・決済の電子化など
立会人型か当事者型か 当事者型
コンプライアンス
(セキュリティ対策)
・不正ログイン防止
・電子署名・タイムスタンプ
・記録事項証明書の発行など
取引先のアカウント保持に関する必要性 不要
連携可能なシステム API連携
資料を見る!

電子契約システムの導入方法

導入方法や流れについて知りたい。

ここからは、電子契約システムの導入方法についてお伝えしていきます。

STEP.1
導入する目的の検討
まずは、なぜ電子契約システムを導入したいのか検討しましょう。

なおこの段階で、どのを電子契約に移行するかについても検討しましょう。

電子化したい契約が決まったら、その文書に関連して発生するコストがいくらなのか計算します。

ここで出た数値が電子契約システムを導入することで、削減できるコストということになります。

STEP.2
電子契約システムを比較する
自社が電子契約システムを導入する目的がはっきりしたところで、複数のシステムを比較しましょう。

このとき、この記事でお伝えした比較するポイントを参考にすることで、自社に最適なシステムがわかるようになります。

なお、簡単には一つのシステムに絞りきれないことがほとんどです。

慎重に検討すべきことでもあるため、資料請求するなど比較できる参考資料が手元にあるとわかりやすいでしょう。

STEP.3
社内稟議を起案する
電子契約システムを導入するためには、社内規定を整備する必要があります。

特に署名権限を定める規定の整備が必要です。

上記の整理が終了したら社内稟議を起案しますが、システムの中にはこのSTEPに関するサポートが充実しているものもあります。

時間のかかる手続きなことに違いないため、社内への説明をサポートしてくれすシステムを選ぶと良いでしょう。

STEP.4
システムの導入と通知
電子契約システムを導入することが決定されたら、社員や取引先に通知します。

その際、取引先への通知は文書でシステムに関する説明と使い方を説明します。

\たった30秒で一括資料請求/
電子契約システムを
まとめて資料請求する!

電子契約システムの機能

電子契約サービス_比較_電子契約サービスでできること

電子契約システムで実際にできることを知りたい

それでは電子契約システムを導入することでできるようになることを紹介します。

電子契約システムの導入をお考えの方が、本当に自社にシステムが必要なのかを考える材料になれば幸いです。

契約書作成業務の効率化

電子契約システムでできることとしては、まず契約書作成業務の効率化が望めます。

これまでは、契約書ごとに作り直す必要があり、手間がかかっていました。

また、書き始めは手書きで作っている会社などはより時間がかかっていたはずです。

しかし、電子契約システムの導入により契約書の作成業務に革命が起きるでしょう。

例えばよく使う契約書はテンプレートを用意しておき、いつでも使えるようにしておくなどが可能です。

テンプレートはいつでも編集できるため、変更が必要になった時も安心ですね。

契約締結までのスピードアップ

電子契約システムを導入すると契約締結までの業務のスピードアップも期待できます。

従来までは契約締結までに、契約書作成→捺印→取引先に郵送→返送などの手間が必要でした。

しかし、電子契約システムを利用することによってこの一連の流れが全て効率化可能です。

契約書の作成は上記でお伝えした通りですが、捺印や郵送等も電子契約システムでは効率化できます

作成した契約書をメールなどで送るだけで契約書が締結できるなんてとても便利ですよね!

印紙税を抑えられる

電子契約システムを導入すると、契約にかかる印紙税を0円にできます

契約書を作成すると、その契約の金額に応じて「印紙税」といったものがかかってきます。

印紙税とは、課税物件に該当する一定の文書(課税文書)に対して課される税金です。

そんな印紙税ですが、例えば1,000万円以上の大口契約だと数万円の税金がかかってきます。

契約するだけなのに数万円もお金を支払うのはとてももったいないですよね。

経費の無駄を削減し、業績アップにつなげるために電子契約システムの導入を検討してみると良いでしょう。

コンプライアンスの強化

コンプライアンス強化に役立つことも電子契約システムの特徴の1つです。

通常の紙の契約書では、どうしても改ざんのリスクなどが残ってしまいますよね。

しかし、電子契約システムではタイムスタンプ機能や電子署名機能によって契約後の改ざんなどを防ぐことが可能です!

また、タイムスタンプ機能では「誰がいつどんなことを書いたか」がわかります。

そのため契約がどの程度進んでいるか、しっかりと担当者が作業しているのかを確認することができます。

紙の契約書ではどうしても難しいコンプライアンスの強化が可能なのはうれしいことですよね。

セキュリティ性の強化

コンプライアンスの強化と同時に、セキュリティの強化も電子契約システムでは行えます。

基本的に従来の契約書では取引先の会社に契約書を送付する必要があるなど、自社の手を離れている期間がありました。

しかし電子契約システムでは契約書の送付にはメールなどが使えるので、途中で紛失・盗難にあう可能性は限りなく低いです。

盗難・紛失は自社だけでなく、取引先にも情報漏えいという形で被害を与えてしまう場合があります。

紙の契約書ではなく、電子契約システムを利用することで自社も取引先も安心して取引することができるようになります!

紙の契約書に不安を感じている方は一度電子契約システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

社内での迅速な共有

ここまでは電子契約システムの利用でどれだけ外部における取引が簡単になるのかをお伝えしてきました。

それでは電子契約システムは社内において具体的にはどんな役割を果たしてくれるのでしょうか。

社内における電子契約システムの役割は、ズバリ社内における迅速な共有ができることです。

従来の紙契約書ではどうしても社内で承認を得るのに時間がかかったりと非効率的でした。

しかし、電子契約システムによってはワークフロー機能を搭載したものがあり、社内における承認も効率的に得ることができます。

社内でのワークフロー最適化にも電子契約システムは役立つと言えるでしょう。

電子契約システムを
まとめて資料請求する!

電子契約システムを比較するポイントと選び方

電子契約サービス_比較_電子契約サービスを比較するポイントと選び方

おすすめの電子契約システムの選び方を知りたい
押さえておくべき比較ポイントを知りたいです

ここでは、システムの導入にあたり押さえておくべき比較ポイントを紹介します。

下記でお伝えするポイントを踏まえた上でシステムを導入すれば、業務効率化を図れるでしょう。

セキュリティ対策などの安全性から選ぶ

1つ目の比較ポイントは、セキィリティ対策などの安全性です。

書面の契約書を保管する場合、間違えて契約書を処分してしまったり、紛失したりするリスクがあります。

その点、電子契約システムであれば電子データとして保管しておけるため、処分してしまったり紛失してしまったりするリスクがありません。

しかし、電子データは情報漏洩するリスクがゼロとは限らない点に注意が必要です。

一般的に電子データは暗号化されているため、情報漏洩に怯える必要はありませんが、セキュリティ対策が万全なシステムなのか必ず確認しましょう。

なお、取引先の社内規定に満たないシステムを導入してしまうと、契約の締結に時間がかかるなど業務に支障をきたす恐れがあります。

そのため、セキュリティ対策に問題がないかシステムの担当者と検討する必要があるでしょう。

契約数に応じた料金プランから選ぶ

2つ目の比較ポイントは、契約数に応じたプランから選ぶということです。

というのも一般的に電子契約システムの料金体系は、基本料金に契約件数分(契約書を送信する件数)を上乗せした従量課金制となっています。

つまり、毎月の契約件数が大きい企業が従量課金制のシステムを導入した場合、コストが膨れがある可能性があるのです。

そのため自社が毎月どのくらいの契約が発生するのかを考慮した上で、導入するシステムを比較することがポイントになります。

契約数に応じたプランから選ぶとは?

①月額料金8,000円に従量課金200円のシステム

②月額料金10,000円で従量課金0円のシステム

上記の場合、契約件数が10件を超えるのであれば②を導入した方が、コストの削減に繋がります。

契約件数が多い企業は、従量課金の扱いを重点的に比較しましょう。

立会人型か当事者型の種類から選ぶ

次に紹介する電子契約システムの比較ポイントは、立会人型か当事者型なのか種類から選ぶということです。

電子契約システムには2種類あるということを、まずはシステムの導入にあたって必ず押さえておきましょう。

2種類の電子契約システム
  1. 立会人型
  2. 当事者型

両者の大きな違いは、どちらを導入するかによって本人確認の仕方が異なるということです。

1つ目の立会人型は、利用する電子契約システムが準備した電子証明書を使用して押印します。

電子契約システムが準備した電子証明書を使用するということは、事前に本人確認がなされていないため2要素認証が必要でした。

しかし政府により、2要素認証もしくは暗号の強度化などにより本人確認が可能な場合、電子契約システムで締結した契約を有効なものとしてみなされるという見解が示されています。

立会人型のシステムを導入する前に、必ず担当者に有効な書類としてみなされるだけの基準をクリアした電子契約システムなのか確認しましょう。

機能や使いやすさから選ぶ

4つ目の比較ポイントは、機能や使いやすさから選ぶということです。

社内稟議や承認にかかわるワークフローが複雑で時間がかかっている場合、ワークフロー機能のあるシステムを導入しましょう。

進捗確認や通知機能のあるシステムを導入すれば、業務効率化を図れます。

なお、契約書のひな型が用意されているシステムもあるため、導入することで法務チェックなどの業務を省ける可能性があります。

ひな型を保管でき、必要なときに検索できるシステムであれば、契約書を毎回作成する作業も省けるでしょう。

このように、機能や使いやすさを比較することで、業務効率化を測れます。

なお、どのような機能が必要なのかわからない企業は、必要に応じて機能を追加できるシステムを選びましょう。

既存システムとの連携から選ぶ

5つ目の比較ポイントは、既存システムと連携できるかどうかということです。

企業によっては、営業システムや会計システムなどを導入していることもあるでしょう。

そのようなシステムがある場合、電子契約システムと連携させられれば、データの反映が容易になります。

そのため電子契約システムの導入にあたり、余計な事務作業が発生しないなど、業務を効率化できるでしょう。

複数のシステムを比較してから選ぶ

6つ目の比較ポイントは、複数のシステムを比較してから選ぶことです。

電子契約システムを導入を検討している際に、数社のシステムの情報しかないと、自社に合っていないシステムを導入してしまいます。

必ず複数の電子契約システムを比較する必要がありますが、1社ずつ問い合わせて情報を集めると効率が悪いです。

一括資料請求を利用して、効率的に比較して電子契約システムを導入してみましょう。

電子契約システムを
まとめて資料請求する!

電子契約システムを導入する際の注意点やデメリット

電子契約サービス_比較_電子契約サービスを導入する注意点やデメリット

電子契約システムを導入する際の注意点やデメリットを知りたい

ここからは、電子契約システムの導入を検討している企業向けに注意点をお伝えしていきます。

メリットだけでなく、デメリットも踏まえた上でどのシステムを使用するか検討しましょう。

どのような点に注意しなければならないのか、きちんと把握しておくことが重要です。

電子化が認められていない契約がある

残念ながら、電子契約システムは全ての契約に対応しているわけではありません。

電子化が認められていない契約とは?
  • 特定継続役務提供
  • 定期建物賃貸借契約
  • 定期借地契約

上記の3つは、必ず書面での契約が必要です。

なお、下請けの取引先に受発注する際は、取引先が電子契約に承諾している必要があります。

取引先に対応してもらう必要がある

電子契約システムを導入する場合、取引先の対応が必要になります。

そのため、導入前の段階で取引先に電子契約システムのメリットなどを説明する必要があるでしょう。

なおシステムによって、取引先のアカウント保持が必要なものと、不要なものとがあります。

アカウント保持が不要なシステムであれば、取引先にメール対応をしてもらうだけで費用もかかりません。

なるべき取引先に負担をかけたくないのであれば、アカウント保持が不要なシステムを導入するべきでしょう。

サイバー攻撃など情報漏洩のリスクがある

電子契約システムを利用する場合、契約書はクラウド上で管理されることになります。

つまり、サイバー攻撃などのリスクがつきまとう点には注意が必要です。

そのため比較ポイントと選び方でもお伝えしたように、セキュリティなどの安全対策が万全なシステムを選びましょう。

電子契約システムを比較する際によくある質問

電子契約サービス_比較_電子契約サービスの比較に関するよくある質問

最後に、電子契約システムに関してよくある質問に回答します。

これを読んで電子契約システムに対する知識をより確実なものとしましょう。

そもそも書面契約と電子契約との違いは?

電子契約システムは契約にかかわる作業やコストを大幅にカットできます。

この記事の冒頭の方でもお伝えしたように、契約締結にかかわる一切の業務をインターネット上で行えるのが電子契約システムのメリットです。

つまり、電子契約システムを導入すれば事務作業を効率化できます。

また書面契約の場合には必要な収入印紙が不要となるため、コストカットにも役立つでしょう。

電子契約システムの導入は面倒?

スムーズに導入するためにも、既存システムと連携できるシステムを選びましょう。

新しいシステムを導入すると、操作方法などになれるまで時間がかかることが予測されます。

少しでも業務の負担を減らすためには、既に導入しているシステムと連携できるシステムを選ぶことがポイントになります。

また、導入にあたって操作が不安な場合、メールサポートや電話サポートなどが充実しているシステムを選ぶと良いでしょう。

電子契約システムの利用をより浸透させるには?

導入するシステムの運営会社に資料を提供してもらったり、社内説明会などを開催しましょう。

いち早く電子契約システムに慣れてもらうためにも、操作方法のマニュアルを用意したり、担当者を用意したりする必要があります。

また、電子契約システムによっては、導入後も引き続きサポートしてくれるものもあるため、いかにサポートが充実しているシステムを選ぶかがポイントになってくるでしょう。

電子契約システムを
まとめて資料請求する!

電子契約システムの比較|まとめ

電子契約サービス_比較_電子契約サービスの比較まとめ

ここまで、電子契約システムについて紹介してきました。

これまで書面契約していた企業が電子契約システムを導入すれば、大幅なコストカットが期待できます。

様々な電子契約システムがありますが、自社の契約件数や必要な機能に応じて、適したシステムがあります。

自社に適したシステムを選ぶには、必ず複数の会社の資料を比較することが重要です。

一括資料請求を利用して、効率よく電子契約システムを導入してみましょう。

電子契約システムを
まとめて資料請求する!

本記事をお読みの方には以下の記事もおすすめです。