【2022年最新】おすすめの請求管理業務システム16選を徹底比較|選ぶポイントからメリットまで紹介

請求管理システム おすすめ

おすすめの請求管理業務システムを知りたい
請求書管理業務システムの選び方を知りたい

この記事を読んでいるあなたは、上記のように考えているかもしれません。

請求書は大きな組織になるほどに大量に発行しなければなりません。

そのような業務をいちいち手作業で行っていては大変な手間がかかってしまいますが、請求管理業務システムならその課題を解決できます。

しかし、請求管理業務システムといってもどれを選んだら良いかわからないという場合が多いのではないでしょうか。

この記事では、「おすすめの請求管理業務システム15選から選ぶポイントやメリット」までわかりやすく解説しています。

「おすすめの請求管理業務システム」をざっくり言うと
  • 請求管理業務システムとは請求について管理できる業務システム
  • 請求管理業務システムの機能は請求書発行、請求書配布など
  • 請求書管理業務システムの種類はクラウド型、パッケージ型、独自システム型など
  • おすすめの請求管理業務システムはBtoBプラットフォーム請求書など
  • 請求管理業務システムを選ぶポイントは欲しい機能など
勤怠管理システム_ボタン

目次

請求管理業務システムとは

請求書管理業務システム_とは
請求書管理業務システムとは、文字通り、請求について管理できる業務システムです。

具体的には、請求書や見積書など経理書類を自動発行して業務を効率化することができます。

面倒な経理業務を大幅に圧縮できるため、多くの企業に導入されています。

請求管理業務システムのよくある機能4選

請求書管理業務システム_機能
請求管理業務システムのよくある機能は主に以下の4つです。

請求管理業務システムのよくある機能4選
それぞれの機能について詳しく見ていきましょう。

請求書作成

請求書管理業務システム_請求書作成
請求管理業務システムのよくある機能としてまず挙げられるのは、請求書作成です。

請求書がメインではありますが、請求書管理業務システムではそれ以外にも会計系の帳簿を作成できる場合も多いです。

作成方法にはテンプレート型カスタマイズ型があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

テンプレート型の場合には運営会社が用意したテンプレートにそって入力を行います。

一方、カスタマイズ型の場合には会社でもともと用いられていた帳簿の形式に合わせて帳簿を作成できます。

請求書配布

請求書管理業務システム_請求書配布
請求管理業務システムのよくある機能としては、請求書配布も挙げられます。

請求書管理業務システムでは請求書を作成できるだけでなく、印刷や電子的な手段を用いて配布することができるのです。

もちろん、請求書以外の帳簿も配布できる場合があります。

管理機能

請求書管理業務システム_管理機能
請求管理業務システムのよくある機能としては、管理機能も挙げられます。

具体的には、過去に発行した請求書を管理したり、顧客情報を管理したりできます

ワークフロー機能で帳簿の承認を効率化できる場合もあります。

連携機能

請求書管理業務システム_連携機能
請求管理業務システムのよくある機能としては、連携機能も挙げられます。

請求書管理業務システムは特に会計ソフトと連携できる場合が多いです。

会計ソフトと連携すれば帳簿に記入する具体的な金額を自動計算できる場合があります。

また、顧客管理システム、労務管理システムなどと連携するとさらに便利な使い方ができます。

勤怠管理システム_ボタン

請求管理業務システムの3つの種類

請求書管理業務システム_種類
請求管理業務システムの種類は主に以下の3つです。

請求管理業務システムの3つの種類
それぞれの種類について詳しく見ていきましょう。

クラウド型

請求書管理業務システム_クラウド型
請求管理業務システムの種類としてまず挙げられるのは、クラウド型です。

クラウド型ではいつでもどこでもアクセスでき、端末が変わってもアクセスできるのがメリットです。

また、他の種類に比べて初期費用が安い場合が多いです。

パッケージ型

請求書管理業務システム_パッケージ型
請求管理業務システムの種類としては、パッケージ型も挙げられます。

パッケージ型では端末にシステムをインストールします。

コストは低めですが、パッケージを更新した時にトラブルが起こる可能性もあります。

独自システム型

請求書管理業務システム_独自システム型
請求管理業務システムの種類としては、独自システム型も挙げられます。

独自システム型では自社のサーバーにシステムを導入して運用します。

他の種類と比べて料金は高くなりがちですが、セキュリティ性能が高いため、大企業を中心に人気がある種類です。

勤怠管理システム_ボタン

おすすめの請求管理業務システム15選を徹底比較

請求書管理業務システム_システム
おすすめの請求管理業務システムは主に以下の15個です。

それぞれの請求管理業務システムについて詳しく見ていきましょう。

株式会社TOKIUM「TOKIUMインボイス」

出典:https://www.keihi.com/invoice/

株式会社TOKIUMが提供する「TOKIUMインボイス」は、高いデータ精度を誇る請求管理システムです。

データ精度は99.9%以上で、今まで起きていていたデータ入力ミスをなくすことが可能になるでしょう。

導入前と導入後で、請求管理にかかる時間が5分の1にすることもできます。

あらゆる会計ソフトとも連携が可能なので、作業効率を上げることもできるでしょう。

TOKIUMインボイスの料金

ビジネスプラン:10,000円~
エンタープライズプラン:100,000円~

※その他詳細についてはお問い合わせ

勤怠管理システム_ボタン

株式会社インフォマート「BtoBプラットフォーム請求書」

請求書管理業務システム_BtoB

出典:BtoBプラットフォーム請求書

株式会社インフォマートの「BtoBプラットフォーム請求書」は電子請求クラウドとして国内シェアNo.1のシステムです。

請求書関連の業務をまとめて効率化、Web化してテレワークを推進できます。

会計ソフトと連携してデータを一括処理することも可能です。

BtoBプラットフォーム請求書の料金

BtoBプラットフォーム請求書の料金は月額5000円~になっています。

初期費用は100000円~になっています。

勤怠管理システム_ボタン

株式会社freee「会計freee」

請求書管理業務システム_freee

出典:会計freee

株式会社freeeの「会計freee」は請求漏れを防止できる点が魅力的な請求管理システムです。

具体的には、請求書を作成する予定を予め組んでおくことで請求書の漏れを防止することが可能です。

請求書はもちろん、見積書や納品書も一瞬で作成し、発行することが可能です。

会計freeeの料金

会計freeeの料金は月額2178円~になっています。

勤怠管理システム_ボタン

株式会社マネーフォワード「マネーフォワードクラウド請求書」

請求書管理業務システム_マネーフォワード

出典:マネーフォワードクラウド請求書

株式会社マネーフォワードの「マネーフォワードクラウド請求書」は同社が提供する会計ソフトとの連携が魅了的な請求管理システムです。

会計ソフトと連携することで、項目を転記する必要がなくなり、効率的な請求書発行業務を実現できます。

毎月自動作成機能を用いれば、毎月請求書を発行したい場合にも対応可能です。

マネーフォワードクラウド請求書の料金

マネーフォワードクラウド請求書の料金は月額3278円~になっています。

勤怠管理システム_ボタン

メイクリープス株式会社「MakeLeaps」

請求書管理業務システム_MakeLeaps

出典:MakeLeaps

メイクリープス株式会社の「MakeLeaps」は個人の場合、月額500円~格安で利用できる点が魅了的なシステムです。

外国にも対応している点も魅了的で、言語としては英語にも対応し、通貨については30種類以上に対応しています。

会計ソフトはもちろん、Slackとの連携も可能です。

MakeLeapsの料金

MakeLeapsは個人の場合、月額500円~、法人の場合には月額800円~利用することができます。

また、無料プランも用意されています。

勤怠管理システム_ボタン

株式会社ROBOT PAYMENT「請求管理ロボ」

請求書管理業務システム_請求管理ロボ

出典:請求管理ロボ

株式会社ROBOT PAYMENTの「請求管理ロボ」は500社以上の導入実績が信頼できる請求管理システムです。

請求書発行はもちろんのこと、入金や債権もまとめて管理することが可能です。

SFA、CRM、会計ソフトなどと連携できる点も見逃せません。

請求管理ロボの料金

請求管理ロボの料金は月額5万円になっています。

他に、最初の3ヶ月の運用・定着支援費用として30万円がかかります。

勤怠管理システム_ボタン

株式会社Misoca「Misoca」

請求書管理業務システム_Misoca

出典:Misoca

株式会社Misocaの「Misoca」は入力作業をほとんどなくせる請求管理システムです。

ただ請求書を作成・発行できるだけでなく、資金調達の悩みをサポートしてくれるサービスも展開しています。

使いやすさにも定評があり、直感的に操作することが可能です。

Misocaの料金

Misocaの料金は月額880円~になっています。

勤怠管理システム_ボタン

株式会社ラクス「楽楽明細」

請求書管理業務システム_楽楽明細

出典:楽楽明細

株式会社ラクスの「楽楽明細」は電子帳簿保存法への対応能力が高いシステムです。

請求書の原本保管が不要になるため、オフィスのペーパーレス化を促進できます。

基幹システムや販売管理システムなどから出力される帳簿データをアップロードすることで電子請求書を発行できます。

楽楽明細の料金

楽楽明細の料金は月額26400円~になっています。

初期費用は110000円~となっています。

勤怠管理システム_ボタン

ヴェルク株式会社「board」

請求書管理業務システム_board

出典:board

ヴェルク株式会社の「board」は請求管理システムにとどまらず、多彩な機能を搭載したシステムです。

具体的には、請求書の発行以外に営業管理、支払い管理、キャッシュフロー予測なども可能です。

英語に対応し、12種類の外貨が使用可能な点も魅力的です。

boardの料金

boardの料金は月額2178円~になっています。

勤怠管理システム_ボタン

FINUX株式会社「INVOY」

請求書管理業務システム_INVOY

出典:INVOY

FINUX株式会社の「INVOY」は基本機能を無料で利用できる請求管理システムです。

シンプルなシステムなため操作性も高く、テンプレートが充実しているため自社に合った請求書を発行しやすいです。

複数の請求書を一括で作成することも可能です。

INVOYの料金

INVOYの料金は基本的に無料になっています。

勤怠管理システム_ボタン

ウイングアーク1st株式会社「SVFCloud」

請求書管理業務システム_SVF

出典:SVFCloud

ウイングアーク1st株式会社の「SVFCloud」は簡単に導入できる請求管理システムです。

WebAPIを用いて他のシステムと簡単に連携することが可能です。

サーバーを自社に設置したり、メンテナンスしたりする手間も不要です。

SVFCloudの料金

SVFCloudは月額33000円から利用できます。

初期費用は220000円になっています。

勤怠管理システム_ボタン

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社「ナビエクスプレス」

請求書管理業務システム_ナビエクスプレス

出典:ナビエクスプレス

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社の「ナビエクスプレス」はセキュリティ対策が充実した請求管理システムです。

SSLによって暗号化が行われており、明細書ごとにパスワードをかけることもできます。

請求管理業務の効率化とセキュリティの強化を同時に行いたい企業を中心におすすめと言えます。

ナビエクスプレスの料金

ナビエクスプレスの料金は請求書をメールで送信する場合には月額49500円~になっています。

一方、FAXで送信する場合の費用は月額22000円~です。

初期費用については個別で見積が必要です。

勤怠管理システム_ボタン

エン・ジャパン株式会社「pasture」

請求書管理業務システム_pasture

出典:pasture

エン・ジャパン株式会社の「pasture」は対応力が高い請求管理システムです。

具体的には、1週間に2回機能アップデートを行って、常に使いやすいシステムを提供する努力が行われています。

法律への対応力も高く、インボイス制、電子帳簿保存法などにも対応しています。

pastureの料金

pastureの料金は月額27500円~になっています。

勤怠管理システム_ボタン

ゾーホージャパン株式会社「ZohoInvoice」

請求書管理業務システム_Zoho

出典:ZohoInvoice

ゾーホージャパン株式会社の「ZohoInvoice」は請求プロセスを効率化できる請求管理システムです。

データ連携機能も充実しており、Paypal、Invoiceなどのシステムと連携できます。

無料プランが用意されている点も魅力的ですね。

ZohoInvoiceの料金

ZohoInvoiceは無料で利用することができます。

勤怠管理システム_ボタン

株式会社シスプロ「e-メイサイプロ」

請求書管理業務システム_メイサイプロ

出典:e-メイサイプロ

株式会社シスプロの「e-メイサイプロ」は幅広い経理業務を効率化できるシステムです。

請求管理はもちろんのこと、給与計算、給与明細、勤怠管理の効率化も行えます。

クラウド型にありがちなセキュリティの懸念を払拭すべく、常時SSL対応、ファイアーウォールなどセキュリティ対策にも余念がありません。

e-メイサイプロの料金

e-メイサイプロの料金は月額16500円~になっています。

また、初期費用として165000円がかかります。

勤怠管理システム_ボタン

トレードシフトジャパン株式会社「Tradeshift」

請求書管理業務システム_Tradeshift

出典:Tradeshift

トレードシフトジャパン株式会社の「Tradeshift」はとにかく拡張性が高いシステムです。

100種類のシステム、機能で拡張することができ、さまざまな使い方を期待できます。

注文書をワンクリックで請求書化することができ、過去の情報もいつでも見返すことが可能です。

Tradeshiftの料金

Tradeshiftの料金を知るには問い合わせが必要です。

勤怠管理システム_ボタン

請求管理業務システムを選ぶ7つのポイント

請求書管理業務システム_ポイント
請求管理業務システムを選ぶポイントは主に以下の7つです。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:欲しい機能

請求書管理業務システム_機能
請求管理業務システムを選ぶポイントとしてまず挙げられるのは、欲しい機能です。

請求管理業務システムを選ぶ時には、まず最初にどの業務を効率化したいのか明確にしておくべきでしょう。

多くの機能が欲しい場合と効率化したい業務が少ない場合では、選ぶべきシステムが変わってきます。

ポイント②:自社の事業形態に合っているか

請求書管理業務システム_事業形態
請求管理業務システムを選ぶポイントとしては、自社の事業形態に合っているかも挙げられます。

請求書は業態によって変わってくる場合があります。

たとえば、案件ベースでの取引が多い場合には、案件単位で請求書を発行できるシステムが便利でしょう。

ポイント③:他システムとの連携性能

請求書管理業務システム_連携性能
請求管理業務システムを選ぶポイントとしては、他システムとの連携性能も挙げられます。

請求書管理業務システムだけでも十分効率化は可能ですが、自社ですでに他の業務にシステムを利用している場合には、それを活用しない手はないでしょう。

たとえば、会計ソフトと連携すれば転記の手間がなくなり、ワンクリックで帳簿を発行することも夢ではありません。

ポイント④:サポート

請求書管理業務システム_サポート
請求管理業務システムを選ぶポイントとしては、サポートも挙げられます。

特にITに強い社員がいない場合には、サポートがあると便利でしょう。

わからないことがあったらサポートを受けることで、スムーズな導入が可能になります。

ポイント⑤:取引先へのサポート

請求書管理業務システム_取引先
請求管理業務システムを選ぶポイントとしては、取引先へのサポートも挙げられます。

取引先によっては、請求書を電子化することに抵抗される場合があります。

そのため、取引先に電子請求書のサポートを行ってくれるシステムだとさらに力強いです。

ポイント⑥:セキュリティ性能

請求書管理業務システム_セキュリティ性能
請求管理業務システムを選ぶポイントとしては、セキュリティ性能も挙げられます。

請求書には自社の重要な情報はもちろんのこと、取引先に重要な情報も含まれています。

このようなデータが漏えいしてしまうと、会社に重大な損害を与えてしまいます。

請求書管理業務システムではセキュリティ性能を確認しておくことも重要と言えます。

ポイント⑦:価格

請求書管理業務システム_価格
請求管理業務システムを選ぶポイントとしては、価格も挙げられます。

同じくらいの性能のシステムが残ったら、最後には価格で選ぶと良いでしょう。

また、価格はそのシステムにどのくらいの機能が搭載されているのかの指標になる場合もあります。

勤怠管理システム_ボタン

請求管理業務システムの7つのメリット

請求書管理業務システム_メリット
請求管理業務システムのメリットは主に以下の7つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:請求業務を効率化できる

請求書管理業務システム_効率化
請求管理業務システムのメリットとしてまず挙げられるのは、請求業務を効率化できることです。

大きな会社になるほど請求書を発行する手間は大きくなり、請求書の1枚1枚発行するのは大変になります。

請求書管理業務システムを使えば一瞬で請求書を発行できるようになり、他の業務に時間を割けるようになるのです。

メリット②:ヒューマンエラーを削減できる

請求書管理業務システム_ヒューマンエラー
請求管理業務システムのメリットとしては、ヒューマンエラーを削減できることも挙げられます。

人間による業務では、どうしても転記などの時に打ち間違いが発生してしまいます。

打ち間違いがあるか確認するのも手間です。

一方、請求書管理業務システムを使えば数字は自動的に転記され、人間が入力する場所が減るため、自然とヒューマンエラーを削減できるのです。

メリット③:コストを削減できる

請求書管理業務システム_削減
請求管理業務システムのメリットとしては、コストを削減できることも挙げられます。

確かに請求書管理業務システムの導入には料金がかかりますが、今まで行ってきた請求書業務にもコストはかかっています。

請求書業務を行っていた人件費を他のことに使えれば、より効率的な業務が可能になるでしょう。

また、請求書管理業務システムを導入すれば請求書を電子化することができ、これにより紙や印刷などのコストを削減できます。

メリット④:ペーパーレス化が可能

請求書管理業務システム_ペーパーレス化
請求管理業務システムのメリットとしては、ペーパーレス化が可能なことも挙げられます。

上でも少し説明しましたが、請求書管理業務システムでは請求書を電子化でき、紙の請求書を発行する必要がなくなります。

これによりペーパーレス化が可能になり、コストが減るほか、テレワークの推進にもつながります。

メリット⑤:請求書類をチームで共有できる

請求書管理業務システム_チーム
請求管理業務システムのメリットとしては、請求書類をチームで共有できることも挙げられます。

場合によっては請求書をチームで共有して使いたい時もあるでしょう。

そんな時に紙の請求書だとコピーする手間がかかりますが、請求書管理業務システムならクラウドで共有することができます。

メリット⑥:属人化を予防できる

請求書管理業務システム_属人化
請求管理業務システムのメリットとしては、属人化を予防できることも挙げられます。

請求書管理業務システムは使いやすさが工夫されており、最低限の経理知識で請求書を発行できるようになります。

そのため、請求書発行業務の属人化が起こりにくくなるのです。

メリット⑦:リモートワークを推進できる

請求書管理業務システム_リモートワーク
請求管理業務システムのメリットとしては、リモートワークを推進できることも挙げられます。

請求書管理業務システムで請求書を電子化すれば、紙の請求書に支配されることはもうありません。

いつでもどこでも請求書を閲覧できるため、リモートワークに助けにもなるのです。

勤怠管理システム_ボタン

請求管理業務システムの3つのデメリット

請求書管理業務システム_デメリット
請求管理業務システムのデメリットは主に以下の3つです。

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

デメリット①:取引先にも対応してもらう必要がある

請求書管理業務システム_取引先
請求管理業務システムのデメリットとしてまず挙げられるのは、取引先にも対応してもらう必要があることです。

請求書を電子化した時、取引先への請求書の交付も当然電子化されることになります。

しかし、取引先によっては紙にこだわる場合もあるでしょう。

請求書発行業務を最大限に効率化するためには取引先の啓蒙も行う必要があります。

デメリット②:セキュリティリスクがある

請求書管理業務システム_セキュリティリスク
請求管理業務システムのデメリットとしては、セキュリティリスクがあることも挙げられます。

電子化された請求書を外部から侵入されて見られる可能性があります。

とはいえ、請求書管理業務システムではセキュリティ性能にこだわっており、侵入対策が万全に行われています。

また、紙の請求書も盗まれたり、紛失して第三者に拾得されたりするリスクは当然あります。

デメリット③:料金がかかる

請求書管理業務システム_料金
請求管理業務システムのデメリットとしては、料金がかかることも挙げられます。

請求書管理業務システムは無料ではありません。

しかし、請求書発行業務には人件費、印刷代などのコストがかかっていたのも事実です。

この2つのコストを天秤にかけて請求書管理業務システムを導入するか決定すると良いでしょう。

勤怠管理システム_ボタン

おすすめ請求管理業務システムのまとめ

請求書管理業務システム_まとめ
請求管理業務システムとは請求について管理できる業務システムです。

請求管理業務システムのよくある機能は以下のとおりです。

請求管理業務システムのよくある機能4選
請求管理業務システムの種類としては以下のようなものが挙げられます。
請求管理業務システムの3つの種類
おすすめの請求管理業務システムとしては以下のようなものが挙げられます。
請求管理業務システムを選ぶポイントは以下のとおりです。
請求管理業務システムのメリットとしては以下のようなものが挙げられます。
請求管理業務システムのデメリットは以下のとおりです。
勤怠管理システム_ボタン