【2022年最新】おすすめの安否確認システム14選を徹底比較|選び方やメリットも詳しく解説!

安否確認システム 比較

おすすめの安否確認システムを知りたい
おすすめの安否確認システムを比較表で比較したい

この記事を読んでいるあなたは、上記のように考えているかもしれません。

安否確認システムとは地震などの自然災害が起きた時に社員やその家族の安否状況を確実に集計する情報システムのことを指します。

東日本大震災や熊本地震などが影響して安否確認システムを導入する企業は増えています。

しかし、安否確認システムにはそれぞれ特徴や料金が異なるため、どれを選べばいいか悩んでしまいますよね。

この記事では、「安否確認システムを選ぶ時のポイントやメリット、おすすめの安否確認システムとその比較表」についてお伝えしていきます。

安否確認システムをざっくり言うと
  • 安否確認システムは会社と社員を守るために必須
  • 安否確認システムは普段の連絡手段にも活用できる
  • 安否確認システムを選ぶ時はコスト・セキュリティ体制・機能などで選ぶ
  • 無料トライアルを試してみてから導入するのもおすすめ!
  • おすすめの安否確認システムは「安否確認サービス2」

安否確認システムを導入するメリット

まずは、安否確認システムを導入することでどんなメリットがあるのかについて紹介していきます。

正確に社員の安否確認ができる

安否確認システムを導入することで正確に社員の安否確認ができるというメリットがあります。

安否確認システムでは地震などの自然災害が発生した場合自動的にメールを配信する機能が搭載されているものが多いため、緊急事態が起きたとしても安否確認の連絡をする必要がなく、社員の安全を守れます。

また、多くの製品は社員からの返答がない限り一定時間ごとに何度もメールを送信する仕組みとなっているため、「メールに気が付かなかった」という事態を防ぐことも可能です。

通信手段になる

安否確認システムは通信手段にもなります。

大規模な自然災害が起きてしまうと、家族や身近な人に連絡を取ろうとする人多く回線がパンクしてしまいます。

実際に東日本大震災が起きた時は回線がパンクしてしまうなかなか繋がらないという事態が起きていました。

そんな時に安否確認システムがあれば通信手段として機能してくれるため、安否をすぐに確認することができます。

また、安否確認システムによっては社員の家族間の通信手段として活用することも可能です。

管理者の負担軽減

安否管理システムは管理者の負担軽減に繋がるというメリットもあります。

従来の方法では災害が発生した時に手動で安否確認を行う必要があり、管理者はそのことだけで他のことには手間回らない状況になっていました。

しかし、安否確認システムを導入すれば自動的に連絡が付くまでメールを送れますし、確実に災害の情報を社内で共有することができます。

そのため、管理者は他のことに手を回すことができ、負担が軽減されます。

さまざまな緊急事態に対応できる

安否確認システムは災害時だけでなくさまざまな緊急事態に対応できるというメリットがあります。

安否確認システムは災害時だけにしか使えないと思う人が多いですが、実はアンケート集計機能を使えば従業員の体調を管理したりなど、健康状態を定期的に確認することができます。

そのため、新型コロナウイルスや感染症が流行した場合に社員を出社させるか、リモートワークにするのかの判断材料となります。

安否確認システムを選ぶ時のポイント

続いて、安否確認システムを選ぶ時のポイントについて紹介していきます。

コストで選ぶ

安否確認システムを導入する時は自社に適した運用コストかどうかを事前に確認しましょう。

安否確認システムを導入しても自社の予算にあわなければ導入する意味がありません。

また、安否確認システムは運用コスト以外にも初期費用などのコストも発生してしまうため、まずは費用感について確認した後で、導入後に失敗しないように無料トライアルを利用することをおすすめします。

セキュリティ体制が万全か

安否確認システムはセキュリティ体制が万全かどうかも大切なポイントです。

安否確認システムは登録時に社員の個人情報を登録して利用するため、セキュリティ体制が整っていないと大切な社員の個人情報が漏えいしてしまいます。

そのため、セキュリティ体制が整っていることは安否確認システムえを選ぶ時の最低条件と言えるでしょう。

システムの機能で選ぶ

安否確認システムは各システムによって機能が異なるため、自社の目的に適したシステムを導入してください。

一斉にメールを配信する機能はほとんどのシステムで搭載されていますが、階層ごとに管理者の負担を軽減できるものや管理者を複数設置できるものもあります。

配信手段で選ぶ

安否確認システムは配信手段も重要なポイントです。

メッセージでの配信手段が多ければ多いほど良いです。

メールなどで安否確認をするだけでなく電話回線を使用せずに音声通話ができるシステムもあります。

社員の家族も登録できるか

社員の家族も登録することができれば、社員も安心できます。

緊急時になると家族が無事かどうかをすぐにでも確認したいはずです。

社員の家族も登録できれば、離れた家族の安否を確認することができますし、逆に自分の無事を相手に伝えることも可能です。

管理者の負担は少ないか

安否確認システムを導入することによって管理者の負担が増えてしまうと本末転倒です。

導入してから毎回マニュアルを確認しながら操作する場合も管理者の負担が増えてしまうでしょう。

そのため、使い勝手がよく誰でも直感的に操作できるシステムを選ぶことが大切です。

操作性については実際に利用してみなければわからないことがほとんどですので、無料トライアル活用して、使いやすしかどうかを確認することをおすすめします。

安否確認システム比較表

おすすめの安否確認システムの通知方法や料金な、無料トライアルの有無などを比較表にしてまとめましたので、参考にしてください。

通知方法 参考価格 無料トライアル データセンター 地震・津波対応
安否確認サービス2 ・メール
・掲示板
・初期費用0円
・月額費用6,800円~

(30日間)
※回数無制限
・シンガポール
・アメリカ
・日本
セコム安否確認サービス ・メール
・スマホアプリ
・LINE
要問い合わせ
(30日間)
・東京
・大阪
安否確認システムエマージェンシーコール ・スマホアプリ
・携帯電話
・メール
・固定電話
・初期費用200,000円
・月額40,000円〜

(30日間)
・東京
・大阪
ALSOK安否確認サービス ・メール ・初期費用55,000円
・月額料金19,800円~
要問い合わせ 国内外複数拠点
パスモバイルサービス ・メール ・初期費用22,000円
・月額費用6,600円~
要問い合わせ 要問い合わせ
たよれーる携帯連絡網 ・メール 要問い合わせ 要問い合わせ
緊急連絡/安否確認サービス ・メール 要問い合わせ
(2週間)
国内複数拠点
NEC緊急連絡・安否確認システム ・メール ・初期費用0円
・月額費用12,000円~
要問い合わせ
安否確認サービスANPIS ・メール 要問い合わせ 要問い合わせ 国内2拠点 地震のみ
安否確認システム 安否コール ・メール ・初期費用105,000円
・月額15,000円

(1か月)
国内外4拠点
Biz安否確認/一斉通報 ・メール ・初期費用110,000円
・月額11,000円〜

(2週間)
非公開 地震のみ
Yahoo!安否確認サービス ・メール ・初期費用無料
・月額4,400円
要問い合わせ ・日本
・アメリカ
地震のみ
安否LifeMail ・メール
・LINE
・Twitter
・Facebook
・専用アプリ
・初期費用150,000円
・月額一人あたり80円

(30日)
Safetylink24 ・メール ・初期費用48,000円~
・月額9,800円
※ライセンス版62万円

(2週間)
国内

おすすめの安否確認システム14選

ここからは、おすすめの安否確認システムを比較しながら紹介していきます。

安否確認サービス2|トヨクモ株式会社

出典:https://anpi.toyokumo.co.jp/

安否確認サービス2は一斉送信の集計作業を自動化できる安否確認システムです。

気象庁の災害警報に連動して自動で安否確認連絡を実施してくれるため、休日や夜間でも迅速な安否確認が可能です。

また、回答結果は部署ごとにわかりやすく集計することができるため、社員数が多い企業にもおすすめです。

マニュアル不要でシンプルなわかりやすいデザインのため管理者も社員も使いやすいインターフェイスになっています。

通知方法 ・メール
・掲示板
参考価格 ・初期費用0円
・月額費用6,800円~
無料トライアル 〇(30日間)
※回数無制限
データセンター ・シンガポール
・アメリカ
・日本
地震・津波対応

セコム安否確認サービス|セコムトラストシステムズ株式会社

出典:https://www.secom.co.jp/business/saigai/anpi/anpi.html

セコム安否確認サービスは地震や台風、水害などの自然災害に備えることができる安否確認システムです。

間の持つ判断力・機動力・処置力も組み合わせた24時間365日体制のオペレーション力で初動をサポートしてくれるため、迅速に情報共有ができます。

また、安否確認の一斉送信は代行送信をしてくれるため、管理者の負担もなく、安否確認ができます。

通知方法 ・メール
・スマホアプリ
・LINE
参考価格 要問い合わせ
無料トライアル 〇(30日間)
データセンター 東京・大阪
地震・津波対応

安否確認システムエマージェンシーコール|インフォコム株式会社

出典:https://www.infocom-sb.jp/emc/

安否確認システムエマージェンシーコールは災害時の連絡手段だけでなく、情報収集やコミュニケーション、事業継続対応に活用できるシステムです。

実際に東日本大震災や熊本地震の際でも問題なく情報発信ができたという実績もあり、初動対応と事業継続対応が可能です。

また、各社員の緊急時連絡先は10個まで登録できるため、家族も同時に登録することもできます。

通知方法 ・スマホアプリ
・携帯電話
・メール
・固定電話
参考価格 ・初期費用200,000円
・月額40,000円〜
無料トライアル 〇(30日間)
データセンター 東京・大阪
地震・津波対応

ALSOK安否確認サービス|綜合警備保障株式会社

出典:https://www.alsok.co.jp/support/safety_confirm.html

ALSOK安否確認サービスは地震(震度5弱~)発生時、安否確認システムが自動起動し、対象社員へ安否確認メールを自動配信してくれるシステムです。

また、登録された社員のメールアドレス宛に気象、災害情報(地震情報、注意報・警報、天気予報、台風情報、火山情報、津波情報)などを発信できるため、情報入手手段としても活用できます。

また、オプション機能を追加すれば社員のその家族のみが利用できる掲示板機能もあり、家族内で安否確認をする重要な連絡ツールとしても使えます。

通知方法 ・メール
参考価格 ・初期費用55,000円
・月額料金19,800円~
無料トライアル 要問い合わせ
データセンター 国内外複数拠点
地震・津波対応 地震のみ

パスモバイルサービス|NTTテレコン株式会社

出典:https://www.ntt-tc.co.jp/service/mail/passmobile.html

パスモバイルサービスはメール会員にスピーディーに安否確認ができるシステムです。

また、パスモバイルサービスはただ安否確認として利用するだけでなく、店舗の集客や販促用のメルマガ、クーポンの配信としても活用することができます。

また、導入も運用も簡単・迅速で管理画面は暗号化されており、二重ログインを規制したりなどのセキュリティ体制も整っているため安心して利用できます。

通知方法 ・メール
参考価格 ・初期費用22,000円
・月額費用6,600円~
無料トライアル 要問い合わせ
データセンター 要問い合わせ
地震・津波対応

たよれーる携帯連絡網|株式会社大塚商会

出典:https://webdirect.tanomail.com/kinq/

たよれーる携帯連絡網は独自技術で災害時に回線が混雑していても確実にメールを送り出すことができる安否確認システムです。

社員はメールアドレスを提出する必要もないため、個人情報の管理や流出でトラブルを抱えることもありません。

また、管理者権限は柔軟に設定できるため、組織やチームなどの柔軟な運用が可能です。

通知方法 ・メール
参考価格 要問い合わせ
無料トライアル
データセンタ 要問い合わせ
地震・津波対応

緊急連絡/安否確認サービス|富士通株式会社

出典:https://www.fujitsu.com/jp/products/network/managed-services-network/resilience/emergency-email/

緊急連絡/安否確認サービスは災害時の連絡手段としてだけでなく、従業員の日々の健康・安全管理や気象情報との連携による自動配信、感染症の拡大抑止に一貫して対応することができます。

また、自動配信、自動集計など管理者の負荷を軽減する機能を備えているため、管理者の負担もなく導入・運用にかかる手間もかかません。

稼働率99.999%の高信頼性データセンターで運用しており、最長震度7の地震でもしっかり稼働している実績があります。

通知方法 ・メール
参考価格 要問い合わせ
無料トライアル 〇(2週間)
データセンター 国内複数拠点
地震・津波対応

NEC緊急連絡・安否確認システム|日本電気株式会社

出典:https://jpn.nec.com/anpi/index.html

NEC緊急連絡・安否確認システムは東日本大震災の被災経験を活かした安否確認システムです。

少ないステップで簡単に操作することができ、社員は選択肢を選んで空メールやアプリで回答するだけで簡単に安否確認ができます。

また、社内システム情報と連動することで管理工数を削減することもでき、事業継続を支援してくれます。

通知方法 ・メール
参考価格 ・初期費用0円
・月額費用12,000円~
無料トライアル
データセンター 要問い合わせ
地震・津波対応

安否確認サービスANPIS|東洋テック株式会社

出典:https://www.toyo-tec.co.jp/houjin/safety_confirm/

安否確認サービスANPISは地震などの自然災害が起きた時に気象庁から送信される情報と連動して社員等へ一斉連絡および安否確認ができるシステムです。

また、社員の出社時刻を確認・管理することもでき、事業継続のための組織体制の構築ができます。

サーバーの2重化で万が一の動作不良にも対応しており、1分間に1万通の配信能力で大勢の人数にも対応できます。

通知方法 ・メール
参考価格 要問い合わせ
無料トライアル 要問い合わせ
データセンター 国内2拠点
地震・津波対応 地震のみ

安否確認システム 安否コール|株式会社アドテクニカ

出典:https://www.anpi-system.net/

安否確認システム 安否コールは総務省などの後援を受け、特定非営利活動法人ASP・SaaS・IoTクラウド コンソーシアムが開催した「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2019」でグランプリを受賞した製品です。

上場企業をはじめ1,000社を超える豊富な導入実績があり、安心と信頼があります。

また、世界トップレベルの堅牢なセキュリティを誇るプラットフォームで管理・運用を行う体制が整っているため、社員情報も安全に守ります。

通知方法 ・メール
参考価格 ・初期費用105,000円
・月額15,000円
無料トライアル 〇(1か月)
データセンター 国内外4拠点
地震・津波対応

Biz安否確認/一斉通報|NTTコミュニケーションズ株式会社

出典:https://www.ntt.com/business/services/application/risk_management/anpi/lp/kw02.html

Biz安否確認/一斉通報は2,300社、200万人以上が利用しているシステムです。

予測不能な地震の発生時は自動で社員全体に通知し、システムが自動的に安否確認連絡をしてくれるため、地震直後で回線が混雑している状況でもしっかり連絡を届けることができます。

また、自動リプライ送信で回答すれば催促の手間もかからずに「返事が来ない」といった悩みを抱えることもありません。

さらに、全てのプランで24時間365日対応の無料ヘルプデスクを完備しているため、トラブル時でも安心です。

通知方法 ・メール
参考価格 ・初期費用110,000円
・月額11,000円〜
無料トライアル 〇(2週間)
データセンター 非公開
地震・津波対応 地震のみ

Yahoo!安否確認サービス|Yahoo株式会社

出典:https://safety.yahoo.co.jp/

Yahoo!安否確認サービスは東日本大震災の際に24億ものアクセスにも耐えたインフラ×24時間稼働のシステムです。

シンプルな機能で誰でも直感的に操作することができ、社員の安否確認は自動集計してくれるため作業の負担もかかりません。

また、社員の連絡先を登録する際も一括登録機能で一括登録できるため、社員数が多い企業にもおすすめです。

通知方法 ・メール
参考価格 ・初期費用無料
・月額4,400円
無料トライアル 要問い合わせ
データセンター 日本・アメリカ
地震・津波対応 地震のみ

安否LifeMail|株式会社コム・アンド・コム

出典:https://www.project-com.com/

安否LifeMailはさまざま連絡手段で安否確認ができるため、回線が混雑した時でもしっかりサポートしてくれるシステムです。

利用者数は200万人を超えており、大手企業や地方自治体、医療機関などの幅広い業種で活用されています。

また、管理画面は普段使用しているSNSなどの間隔で直観的に操作して使えるため、操作方法がわからずに手間がかかることも少ないと言えるでしょう。

通知方法 ・メール
・LINE
・Twitter
・Facebook
・専用アプリ
参考価格 ・初期費用150,000円
・月額一人あたり80円
無料トライアル 〇(30日)
データセンター
地震・津波対応

Safetylink24|株式会社イーネットソリューションズ

出典:https://www.safetylink24.jp/

Safetylink24は管理者が発信できない時でも安否確認が各種情報と連動して安否確認ができます。

企業向けではありますが、緊急時は家族観でも安否確認ができるため安心です。

また、災害時の安否確認だけでなく通常時の連絡手段として一斉連絡やアンケート調査などもでき、普段も業務効率化も目指せます。

通知方法 ・メール
参考価格 ・初期費用48,000円~
・月額9,800円
※ライセンス版62万円
無料トライアル 〇(2週間)
データセンター 国内
地震・津波対応

おすすめの安否管理システムのまとめ

今回は安否確認システムを選ぶ時のポイントや比較表、おすすめの安否確認システムなどについて詳しく紹介してきました。

地震や台風、津波などの自然災害はいつ起こるか分かりません。

大規模な災害が発生しまうと社員の命だけでなく事業継続が難しくなることも多いです。

安否確認システムは会社・社員を守るためには必須と言えるでしょう。

まだ安否確認システムを導入していない場合は、こちらの記事を参考に導入を検討してみてはいかがでしょうか。