経営のプロフェッショナルたちによる
「経営力を上げる」メディア ❘ Since2009
コラム

日本近代化の立役者《最終 第4回 昭和後期 編》

【まとめ】王と呼ばれた経営者たち

 アメリカの石油王ジョン・ロックフェラー、発明王トーマス・エジソン。彼らは自らの才覚で一代にして巨万の富を築き、「〇〇王」と称された。そして実は日本にも「〇〇王」がいた。今回は日本近代化の立役者となった日本の「〇〇王」たちをまとめてみた。

オートバイ王 本田 宗一郎 (ほんだ そういちろう)

 1906年生~1991年没。静岡県浜松市生まれ。本田技研工業の創始者。日本で初めて独自設計によるオートバイを製造し、1958年には『スーパーカブ』が発売され世界中で大ヒットする。世界トップクラスのオートバイメーカーを創り上げ、「オートバイ王」と呼ばれた。

不動産王 森 泰吉郎 (もり たいきちろう)

 1904年生~1993年没。東京都港区生まれ。森ビルの創始者。泰成(現 森トラスト・ホールディングス)、森ビルなどを創業した。『ラフォーレ原宿』、『アークヒルズ』など数多くの象徴的な商業施設やビル開発を行い、「不動産王」と呼ばれた。

インスタントラーメン王 安藤 百福 (あんどう ももふく)

 1910年生~2007年没。台湾生まれ。日清食品の創始者。『チキンラーメン』、『カップヌードル』などを生み出した。世界で初めてインスタントラーメンを開発し、現代人の食文化に大きな影響を与え、「インスタントラーメン王」と呼ばれた。

流通王 中内 㓛 (なかうち いさお)

 1922年生~2005年没。大阪府大阪市生まれ。ダイエーの創始者。欧米型のスーパーマーケットを日本で普及させ、流通システムの最適化によって価格破壊を起こした。消費者目線の安価な商品を提供する革命を起こし、「流通王」と呼ばれた。

まとめ

 現代における日本の豊かな生活は、彼らの功績によって生み出されたと言っても過言ではない。今なお我々の生活に根付くインフラやサービスを生み出した「〇〇王」たち。歴史を振り返って彼らの経営を学べば、企業を永続させるヒントを得られるかもしれない。

(完)


第1回 幕末~明治前期 編 ( 1/4 )
第2回 明治後期 編 ( 2/4 )
第3回 大正~昭和前期 編 ( 3/4 ) はこちら

【まとめ】王と呼ばれた経営者たち

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

経営各分野における、プロフェッショナルたちのインタビューを掲載。 雑誌とWEBで、約60,000名の経営者へ経営のヒントとなる情報をお届けしております。

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop