経営のプロフェッショナルたちによる
「経営力を上げる」メディア ❘ Since2009
コラム

日本近代化の立役者《第1回 幕末~明治前期 編》

【まとめ】王と呼ばれた経営者たち

 アメリカの石油王ジョン・ロックフェラー、発明王トーマス・エジソン。彼らは自らの才覚で一代にして巨万の富を築き、「〇〇王」と称された。そして実は日本にも「〇〇王」がいた。今回は日本近代化の立役者となった日本の「〇〇王」たちをまとめてみた。

発明王 田中 久重 (たなか ひさしげ)

 1799年生~1881年没。福岡県久留米市生まれ。東芝グループの創始者。電信機を作る田中製造所を創業した。田中製造所は後に東京芝浦電気株式会社となり、それが現在の東芝グループとなっている。からくり人形の仕掛けを次々に考案したことから、「発明王」、「からくり儀右衛門」などと呼ばれた。

海運王 岩崎 弥太郎 (いわさき やたろう)

 1835年生~1885年没。高知県安芸市生まれ。三菱グループの創始者。土佐藩士。土佐藩の海運事業を担う九十九商会で経営者に抜擢されると、後に同社を三菱商会とし、現在の三菱グループの源流となった。貿易立国を掲げ、日本の海洋国家としての礎を築いた弥太郎は、「海運王」と呼ばれた。

銀行王 安田 善次郎 (やすだ ぜんじろう)

 1838年生~1921年没。富山県富山市生まれ。安田財閥の創始者。安田銀行(現 みずほフィナンシャルグループ)、明治安田生命、東京建物などを創業した。1882年に日本銀行(※)が設立されると理事に就任するなど、銀行家として数々の功績を残し、「銀行王」と呼ばれた。

※日本銀行:日本の中央銀行。

山林王 土倉 庄三郎 (どぐら しょうざぶろう)

 1840年生~1917年没。奈良県吉野郡生まれ。吉野郡を中心に山林経営を手掛けた。吉野川の水路改修や吉野鉄道の設立にも携わる。山縣有朋首相から「樹喜王」の称号を与えられ、「日本林業の父」、「山林王」と呼ばれた。

【次のページへ】第2回 明治後期 編 ( 2/4 )

【まとめ】王と呼ばれた経営者たち

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

経営各分野における、プロフェッショナルたちのインタビューを掲載。 雑誌とWEBで、約60,000名の経営者へ経営のヒントとなる情報をお届けしております。

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop