累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
IT投資・コンサルティングの経営者インタビュー
[PR]

みつきコンサルティング株式会社 代表取締役社長 神門 剛

「親族」「親族外」「第三者」自社に最適な承継スタイルを選ぶ方法

「3分の2以上が後継者問題を抱える」といわれる国内の中小企業。後継者不在が原因で廃業する事業所は毎年3万社にのぼる。そうした事態を避けるためにも、早めに着手したいのが事業承継だ。多くの承継を支援してきたみつきコンサルティングの神門氏に、どんな承継の手法があり、それをどう選べばいいのかについて聞いた。

※下記は経営者通信37号(2015年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

漠然とでも不安ならすぐに専門家に相談を

―うまく事業を承継できず、廃業に追い込まれる中小企業があとを絶ちません。なにが原因ですか。

 事業承継の手法が定まらないことです。承継手法としては、親族への承継、親族外への承継、第三者への売却の3つがあります。

 たとえば、「息子を跡継ぎにしよう」と決めたが、「仕事ぶりがよくない」と迷いはじめる。そのころには有能な幹部が「もう自分の出番はないな」と退社していて、親族外の有望な後継候補者は見あたらない。結果、経営陣が弱体化し、業績が悪化。売却による承継もできない。結局、廃業してしまう。こんなケースが多いのです。

―では、どうすればいいのでしょう。

 事業承継に詳しい専門家に相談することです。

 多くの経営者は、顧問の税理士・会計士に相談しています。彼らの中には株式相続や税金対策については詳しい方もいるので、親族内承継については頼れることもあります。また、第三者への売却を検討しているなら、M&A仲介会社に相談するのもいいでしょう。ただし、税理士・会計士は親族内承継、後者はM&A以外の承継手法には通じていないケースが大半です。承継手法が定まっていないときの相談相手としては適切ではありません。

―適切な相談相手を教えてください。

 税理士法人を傘下に抱えていて、経営相談にものることができるコンサルティングファームです。「親族」「親族外」「第三者」のどの手法にも通じているからです。

 たとえば、当社が手がけたケースでは、大手企業との業務提携を支援し、その後、発展的なM&Aを提案、成功させています。オーナーの方には感謝の言葉をいただきました。

―事業承継について検討している経営者へのアドバイスをお願いします。

「まだ50代だが後継問題が心配」といった漠然としたものでも、不安を感じているなら専門家に相談すべきです。また、「経営体質を改善してから引き継がせたい」という場合、当社なら事業計画策定やIPOへ向けた体制づくり、タイへの進出サポートについても支援してます。いつでも相談してほしいですね。

みつきコンサルティング株式会社

住所東京都新宿区新宿1-9-1
お問い合わせ電話番号03-5366-1905(受付時間 平日9:00~17:30)
お問い合わせメールアドレスinfo@mitsukijapan.com
URLhttp://www.mitsukijapan.com
従業員数47名(2017年10月現在)公認会計士、税理士含む
事業内容企業成長のための戦略策定・実行支援、M&Aアドバイザリー、事業承継・事業再生・組織再編コンサルティング、海外進出支援ほか

神門 剛(かんど つよし)プロフィール

大手会計事務所に入所後、法人・資産税部長として大手ゼネコンなどの再生や中小企業の事業承継に取り組む。公職として、日本公認会計士協会会計制度委員会委員、租税調査会専門委員、同東京会税務委員会委員長、日本商工会議所事業承継に関する勉強会委員を歴任。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:9/24~10/23

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop