累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
著名経営者の経営者インタビュー

株式会社イエローハット 創業者 鍵山 秀三郎

理想の会社像を追求し凡事を徹底せよ

年商900億円を超えるカー用品販売会社、イエローハット。50年前の1962年に産声をあげた同社は、鍵山氏が自転車の行商からスタートさせた。1976年に卸売りから小売りへと業態転換し、1997年に東証一部に上場。翌年、鍵山氏は経営の第一線から退き、鮮やかな事業承継を果たした。78歳の現在はNPO法人「日本を美しくする会」の相談役として、日本全国で清掃活動と講演を行っている。同氏は「理想の会社像を追求し続けたからこそ、現在のイエローハットがある。もし売上や利益を追いかけていたら、途中で潰れていた」と語る。“凡事徹底”を貫く鍵山氏に話を聞いた。

※下記は経営者通信18号(2012年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―イエローハットは今から50年前の1962年に誕生しました。自転車の行商から、東証一部上場の大企業にまで成長を遂げた理由は何ですか?

鍵山:最大の理由は❝志❞です。「理想の会社をつくる」という非常に強い想いを持っていたからこそ、ここまで成長できたのだと思います。もし私が儲けることしか考えていなかったら、途中で挫折していたでしょう。創業当時、自動車用品の業界では詐欺まがいの商売が横行していました。たとえば、少し雪が降るとタイヤチェーンの値段を10倍にする。雪が積もると20倍。業界全体がそういうことをしていたんです。これは絶対におかしい。私はカー用品の販売会社に勤めていたので、社長に直訴しました。せめて自社だけでも改めてほしいと。でも、あえなく却下されました。「商売というのは、儲けられる時に儲けなきゃいけない。みんなやってるから問題ない」と。そういう考えがたまらなく嫌になり、イエローハットを創業したわけです。

―創業期は順調に成長したのですか?

鍵山:いえ、苦労しました。当初は扱いたい商品がまったく手に入らなかったからです。「売れそうだな」と思った商品は、ことごとく仕入れることができなかった。そこで何十社ものメーカーさんを回り、在庫商品を借り受けました。そして、人気のなかった商品を自転車で売り歩いたのです。

 いま考えると、「なぜ売れたのか」という商品がほとんどでした。おそらく、私にエネルギーがみなぎっていたんでしょう。すべて思い通りにならなかったからこそ、奮起したのです。

―その後、どうやって会社を成長させたのですか?

鍵山:❝いい会社❞をつくるまでに、10年以上の歳月がかかりました。当時は1960年代の高度経済成長期。ものすごい人手不足だったので、うちのような零細企業に新卒で来てくれる人はいません。入社してくれるのは、転職を繰り返して方々を渡り歩いた人材。そういう人はいろいろな辛酸を舐めているので、ものすごく心が荒れているのです。この人たちの心をどうやって穏やかにするか。これが大きな課題でした。当時の私は口下手で、うまく言葉で想いを伝えることができませんでした。もちろん、感動的な文章も書けない。だとしたら、働く環境をきれいにして、心を穏やかにしてもらうしかない。これが私に残された唯一の手段だったのです。

―鍵山さんのライフワークである掃除が始まったわけですね。

鍵山:そうですね。私は自社だけでなく、お客さまの店舗やトイレまで掃除しました。当時、カー用品関係のお店は汚かったんです。モノは置きっぱなしで、棚は油とほこりだらけ。そんな店内を徹底的にきれいにしました。また、商品の置き場所すら決まっていなかったので、見取り図を作成。何をどこに置くのかを決めました。さらに、駐車場もゴミと草でいっぱい。ドラム缶で一日中ゴミが燃やされており、燃えかすの灰がそこら中に飛び散っていました。私はドラム缶に詰まっているゴミと灰を箱に詰めて持ち帰り、ドラム缶を撤去してもらいました。しかしながら、こういった行為はまったく評価されませんでした。むしろ、「余計なことをするな」と怒られる場合が多かったのです。中には、掃除がきっかけで取引がなくなった会社もあります。

―なぜ顧客に怒られても掃除を続けたのですか。

鍵山:相手にとっては余計なことでも、私にとってはものすごく大事なことだったからです。その認識の差が縮まるまで、社内外ともに相当の年月がかかりました。社員からは「こんなことをするから、商売がうまくいかないんです」とか、「よそは汚いのに、なぜうちだけキレイにする必要があるんですか?」といった反発を受けました。でも、私は方針を変えなかった。まわりの人々に掃除の大切さを認識してもらうために、毎日掃除を続けました。

清掃活動がイエローハットに与えた影響、企業成長に繋がった点とは

―掃除を続けることによって、変化はありましたか?

鍵山:最初の10年くらいはありませんでした。むしろ、やればやるほど社員から「あてつけがましい」と批判されるようになりました。でも、他に良い方法が思いつかなかったんです。ですから、迷いながらも掃除をやり続けてきました。すると、設立から12年が経った頃、変化が起きました。なんと社員が自主的に掃除や洗車をするようになったんです。私が命令したわけでもなければ、規則で決めたわけでもありません。その後、掃除をする人数が少しずつ増えていきました。

―社員に浸透するまでに、10年以上の歳月が必要だったのですね。

鍵山:さらに10年が経った時、ほとんどの社員が朝早くから車を洗って、会社と近隣の道路を掃除するようになりました。おかげで「あの会社は掃除をする良い会社だ」と評判が立つようになりました。そして、さらに10年後、「掃除のやり方を教えて欲しい」という人が社外から訪ねてくるようになりました。NHKをはじめ、マスコミからの取材も増加。韓国やドイツからもメディアの取材が来ましたよ。中国の格言に「10年偉大なり、20年畏るべし、30年にして歴史なる」という言葉があります。こと掃除に関しては、この言葉は間違いありません。

―掃除はイエローハットの成長にどのような影響を与えたのですか?

鍵山:なにより社風が良くなりました。会社には職務規定や就業規則がありますが、そんなものをしっかり読んでいる人はいません。社員は職務規定に従って仕事をしているのではなく、社風にしたがって仕事をしています。ですから、社風が良くなれば、自然と良い行動をとるようになります。それがお客さまへの信頼につながっていくわけですね。実際、設立15年目くらいから、少しずつお客さまが認めてくださるようになりました。すると、社員が自信を持つんです。自分たちがやっていることは正しいことなんだと。次第に「あの会社は社員の態度や言葉遣いが良い。しかも誠実だ」と評価されるようになり、発展の基盤が固まりました。

―具体的に、どのような点が企業成長につながったのですか?

鍵山:たとえば商品を売る際、通常は一品単位で見積書を書きます。その中からお客さまが必要な商品を選別するわけです。でも、私たちは見積書を書かずにすみました。数千万円の取引でも、お客さまが信頼してくださったからです。

 商売の基本はお客さまとの信頼です。決して、うちに特別な商品があったわけではありません。商品を安くしたわけでもない。それでも成長することができたのは、好意を持ってくださるような会社になれたからだと思います。

―信頼の根本に社風があり、社風の根本に掃除があると。

鍵山:最初の10年、20年にどんな種を蒔くかが大事です。周囲に評価されなくても、自分の信じた道を貫く。ビジネスとして掃除をする人はたくさんいますが、無報酬で継続的に行うことが大切です。

 私はイエローハットの代表から退いた後、NPO法人「日本を美しくする会」の相談役に就任しました。この会は、街頭・学校・公共施設などの清掃活動を行い、住民に快適な環境づくりと美しい国づくりの実現を目指す組織です。現在は日本全国に127の組織があり、台湾、ブラジル、アメリカ、中国などの海外にも拠点があります。今年はルーマニアでも活動をしました。あばら屋から始まった掃除が50年という歳月を経て、世界中に広がっているわけです。

―掃除の効用は何ですか?

鍵山:次に良いことができることです。一度良いことをすると、次々といいことができる。反対に、一度悪いことをすると、次々と悪いことをしてしまいます。ユダヤの格言に「ゼロからイチへの距離は、イチから千までの距離より遠い」という言葉があります。掃除はゼロの人をイチにするために、非常に有効だと思います。

業態の転換、危機的状況からどうやって這い上がったのか

―掃除の広がり以外に、企業成長の転機はありましたか?

鍵山:いくつもありました。特に顧客の変遷が激しいですね。ガソリンスタンドへの卸売りを創業から4年間続けた後、ガソリンスタンド巡回業者に対する卸売りへと方向を転換。8年目の1969年には、当時急成長していたショッピングセンターへの卸売りを始めました。そして、15年目の1976年。最大の転機が訪れます。ショッピングセンターの卸売りから撤退し、小売りを始めたのです。直営のカー用品店「イエローハット」を開設し、ドライバーの方々への直接販売を始めました。

―なぜ業態を転換し、直営店を立ち上げたのですか。

鍵山:取引企業の経営姿勢に共感できなかったからです。残念ながら、大手小売企業からは温かい人間性を一切感じられませんでした。その会社は優越的な地位に乗じて、取引条件の変更を一方的に宣告してきました。「条件変更に応じなければ、取引を停止する」と脅してきたのです。こういう人たちと商売をやるものじゃないと感じ、取引をやめました。当時、ショッピングセンターとの取引は総売上の6割を占めていましたが、私の一存で決断しました。

―6割もの売上がなくなると、会社が傾きますよね?

鍵山:ええ。実際に傾きました。まわりの会社に「あそこは潰れる」という評判を立てられ、多くのメーカーから商品を仕入れられなくなったんです。銀行にお金が返せなくなり、あっという間に借金が膨らみました。

―そんな危機的状況から、どうやって這い上がったのですか。

鍵山:起死回生の手段などはありません。残りの4割のお客さまに対して、支払いを早くしてもらえるよう、お願いをしてまわりました。寝食を惜しんで東奔西走しましたよ。

 通常であれば、請求を月末に締めて翌月末に集金にうかがいます。しかし、その時は「翌月の3日までに手形をください」なんて、無理なお願いをしました。それくらい追い詰められた状態だったのです。ただし、社員には様子を悟られないようにしました。

―なぜ社員には秘密にしたのですか。

鍵山:うちにメーカーさんが来る時、「お金を払えますか?」と聞かれるからです。私は堂々と「払えなかったら買いません。払えるから買っているんです」と答え続けました。まわりの社員も動揺した様子はない。すると、メーカーさんも納得して売ってくれる。もし社員が自社の危機を知っていたら、その動揺がメーカーさんへと伝わり、商品を仕入れられなかったでしょう。すると、本当に倒産してしまいます。いま振り返ると、取引停止の決断は正しかったと確信しています。この50年間で、当時の問屋さんはみんな潰れましたから。

―最後に、鍵山さんの考える「経営者に必要な資質」を教えてください。

鍵山:強烈な忍耐心です。他にもいろいろあるとは思いますが、私の場合は忍耐心が土台になっています。不安で眠れない夜も数多くありましたが、耐えながら乗り越えてきました。苦しいこと、嫌なことは経営者がすべて引き受けるべきです。そして、もうひとつが❝凡事徹底❞。平凡なことを一つひとつ大事にする姿勢です。誰もが特別なことをしたがりますが、世の中に特別なことなんてありません。ないものを探しているうちに、一生が終わってしまいます。でも平凡なことなら、いくらでもある。その一つひとつを大切にしていけば、やがて大きな力になります。多くの同業他社さんは特別なことを追い求めました。一方、うちは平凡な掃除を大事にしました。まわりから何を言われても、徹底的にやり続けました。その結果として、人間性を無視した経営手法に走ることなく、会社を発展させることができたと思っています。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

鍵山 秀三郎(かぎやま ひでさぶろう)プロフィール

1933年、東京都生まれ。岐阜県立東濃高校を卒業後、1953年に自動車用品会社に入社。1962年に株式会社ローヤルを設立し、代表取締役社長に就任。自転車1台の行商から事業を始める。1990年に株式を店頭登録。1997年に東証一部に上場し、社名をイエローハットに変更。翌年、同社相談役に就任。創業以来続けている掃除に多くの人が共鳴し、近年は掃除運動が内外に広がっている。現在はNPO法人「日本を美しくする会」の相談役を務める。主な著書に『凡事徹底』、『鍵山秀三郎語録』、『掃除に学んだ人生の法則』(以上、致知出版社)、『鍵山秀三郎「一日一話」』、『掃除道』、『ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる』、『人間を磨く言葉』(以上、PHP研究所)、『正しく生きる』(アスコム)などがある。

特定非営利活動法人 日本を美しくする会プロフィール

■設立(法人認証)/2007年7月
■活動内容/社会教育の推進を図る活動、まちづくりの推進を図る活動、環境の保全を図る活動、地域安全活動、子どもの健全育成を図る活動、前各号の掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
■URL/http://www.souji.jp/

株式会社イエローハット

設立 1962年3月
資本金 150億7,200万円(2011年3月31日現在)
売上高 948億9,200万円(連結)(2011年3月期)
従業員数 1,488名(連結) (2011年3月31日現在)
事業内容 自動車用部品及びカーアクセサリーの販売(卸売及び小売)
URL http://www.yellowhat.jp/

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:6/20~7/19

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop