累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
著名経営者の経営者インタビュー

星野リゾート 代表 星野 佳路

“守るべき伝統”はもたない。だから100年続いているんです

1904年、長野県の実業家が軽井沢で温泉を掘り始めた。その10年後の1914年。掘りあてた湯をもとに「星野温泉旅館」を開業。それから102年。高度経済成長、バブル景気とその崩壊─ 。世相をよそに旅館は生き残り、星野リゾートの社名で全国のホテル・リゾート施設を運営する。代表として現在の同社を率いるのは、4代目の星野氏。多くの経営者が望む「100年続く企業になる」を実現できた理由はなにか、同氏に聞いた。

※下記は経営者通信41号(2016年10月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

代々受け継いできた土地も建物も手放してきた

―2015年の倒産企業の平均寿命は約24年(東京商工リサーチ調査)。経営者の多くは「長く続く会社にしたい」と考えますが、「社歴100年以上」はごくまれです。そのなかで創業から102年と、星野リゾートが長寿なのはなぜですか。

 つねに攻めの経営をしてきたからです。時代の流れにあわせ、変化を遂げてきた。だから、生き残れたんです。

 たとえば、「ホテル・リゾート施設の運営サービスに特化する」というビジネスモデル。私がトップに就任した翌年の1992年に打ち出したものです。その結果、急速なエリア拡大が可能になりました。いまは「星のや」「界」「リゾナーレ」の3ブランドを中心に、国内外35ヵ所のホテル・リゾート施設を運営しています。「運営サービスの品質が高い」という信頼をかちとることで、既存のホテル・リゾート施設の側から「運営をまかせたい」と依頼されるからです。

 宿泊業界は土地や建物といった不動産を所有し、その価値をあげることを目指すのが常識。私も先代から軽井沢の旅館とその周辺の土地を受け継ぎました。しかし、いまの時代、不動産の所有は企業成長の源泉になりにくい。むしろ足かせになることもある。だから、すべて手放したんです。

―変革を進めると、古きよき伝統をこわしてしまう心配はありませんか。

 先代や先々代のころに大事だったことでも、いまはそうではない。そんな例がたくさんあります。たとえば「星のや軽井沢」を整備するために、樹木を取り除く必要があった。「ああ、おやじが大切にしていた木だな」という想いが頭をよぎりました。でも、切り倒した。樹木を大切にした結果、会社が倒れてし まうほうが、よっぽど父に申し訳ないでしょう。

「伝統を守る」「会社を守る」「業界を守る」。「守る」という発想になった瞬間、変化に対応できなくなり、倒産するリスクを大きくしているんです。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:12/22~1/20

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100
  • 高知リフレッシュオフィス

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop