累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
IT投資・コンサルティングの経営者インタビュー
[PR]

日本経営サポート株式会社 代表取締役 社会保険労務士 桐生 英美

人を大切にする組織づくりで企業の成長をどこまでも支援したい

「企業は人なり」とは経営の基本原則の一つだが、特に中小・ベンチャー企業では、人事労務面のリスクを減らしつつ、社員のモチベーションを上げて企業の成長を促す仕組みをすぐに構築するのは難しい。だが第三者の手を借りて、そうした企業成長のエンジンを自社に備える方法があるとすればどうだろうか。「人事・労務畑での豊富な実務経験を持つ社外人事総務部長 人事・採用コンサルタント」という強みで、活力ある企業への制度構築を手掛ける日本経営サポートの桐生代表に話を聞いた。

―現在の業務内容について教えてください。

主に中小・ベンチャー企業を対象に、人事コンサルティング、企業の創業支援、助成金支援サポートを行っています。 また、併設の社会保険労務士事務所で社会保険手続きなどの事務代行、就業規則の作成などをあわせて行い、人事・労務・総務・法務に関する「社外人事総務部長」的な総合サービスを提供しているのも当社の特長といえます。  そして、特に力を入れているのが、主に中途採用を対象にした社員の採用コンサルティングです。社員採用は大手の広告サイトなどだけに頼るのではなく、自社でコンセプトの立案から組み立て、戦略的に行う必要があります。自社の特長や魅力を明確に打ち出した上で、会社と仕事に対する深い共通理解を前提とした人材マッチングをはかることが不可欠なのです。

―なぜ採用コンサルティングに力をいれているのですか。

 私自身、人事・採用に関する業務を20年以上にわたって担ってきました。社会保険労務士として開業する前のキャリアで、富士通のグループ会社で社員教育や採用に携わったあと、外資系大手商社の教育担当マネージャー、大手外資系EDAツールベンダーで人事マネージャーを担当してきました。  民間企業の人事畑で長いキャリアを積んだ後に社会保険労務士として活動する人は、実はそれほど多くありません。私自身の、人材採用や評価・育成についての実務経験の豊富さが、そのまま当社の強みであり、お客様から人事や採用に関するご相談が増えてきましたので、そのノウハウを採用力育成コンサルティングとして多くの企業に提供しております。

―中小企業の人材採用における課題はどのような点にありますか。

 人事・総務の仕事をしていると、社員自身の資質や素養が原因で、会社の組織的なトラブルに直面させられることはよくあります。だからこそ、最初の入口である採用のところで、経営者が考える理念や風土、方針に見合った人をしっかりと選び抜いて採る必要があると考えます。  多くの中小企業の経営者は、設備投資をする際には、じっくり考えて導入しますが、人材採用については、「投資」という視点に欠けています。社員を一人雇うと、その生涯賃金は8400万円にもなります。社員は売り上げを実現する投資であり、会社は欲しい人材について検討しなければなりません。次には、応募者が自社に気づいてもらう仕掛けも必要です。今度は自社そのものが商品であり、応募者はお客様という位置づけで考えるべきです。このように人材採用についても戦略的に考えることが必要です。  お客様の風土や実情、魅力をよく知っており、同時に人事・労務面のノウハウをもつコンサルタントであれば、企業にとって最適な人材を獲得するためのサポートができます。採用時のコンサルティングに始まり、入社後の人事・労務管理にいたるまで、ワンストップのマネジメントが可能になるのが当社の経営サポートなのです。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:3/24~4/22

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop