累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
グローバルの経営者インタビュー

重光産業株式会社 代表取締役 重光 克昭

熊本発「味千ラーメン」が中国に広まった理由

※下記は経営者通信11号(2011年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―現在、多くの中小企業が中国進出を検討しています。日本の中小企業が中国進出を成功させるにはどうしたらいいでしょうか。

重光:中小企業ならば、まずトップが現地に直接出向くことです。先ほどお話ししたように、中国では“即断即決”が当たり前。商談の場で即断即決しなければ、相手からの信用を失います。特に中国人経営者は、最初の商談で相手を値踏みしています。もし最初の商談で日本側が意思決定できなければ、二度と相手にしてくれなくなるでしょう。日本企業の場合、トップでなければ即断即決できないと思います。だから、まずトップが現地に行き、中国人経営者と直接商談をする。そうすれば、中国でのビジネスが進展し、自然と人のつながりもできていくと思います。

―よく「中国でビジネスを進めるには人のつながりが大事だ」という話を聞きます。いいパートナーに出会うにはどうしたらいいでしょうか。

重光:これはよく聞かれるのですが、正直分かりませんね(笑)。当社の場合、自ら中国進出を計画して、積極的にパートナーを探していたわけではないので。  ただ、ひとつ言えるとしたら、中国進出に懸ける“想い”を信頼できる人に深く伝えることが大事だと思います。自分の想いが相手に響けば、いろいろな人を紹介して頂けます。そうやって縁が広がっていけば、いいパートナーと出会えるのではないでしょうか。やはり、国境を超えて人の心を揺さぶるのは“想い”です。ビジネス上のメリットばかりを強調しても、いい出会いはないと思います。

―「中国人は定着率が低い」という話も聞きます。御社も苦労したのでしょうか。

重光:ええ。人材の定着率の低さは、当社でも課題です。以前、1000人の従業員を採用して、短期間で600人が退職してしまった失敗もあります。日本人に比べると、中国人は会社への帰属意識が低い。だから、今より多く稼げる会社を見つけると、簡単に転職してしまうんです。また、社員の引き抜きも多い。味千ラーメンにお客さんとして来店し、スタッフに「給料いくら?」と聞くんです。そして、ウチより少し高い給料を提示して、スタッフを転職させてしまう。こんなことは日常茶飯事ですね。当社としては給与水準を明確に定めているので、対抗して給与を上げるわけにはいきません。ですから、なるべく給与以外の面で社員に報いるようにしています。たとえば、社員教育を充実させたり、階級を作って役職を与えるなど、色々と工夫していますね。

―最後に、中国進出を考えている経営者へメッセージをください。

重光:先ほど中国に進出するためには、いいパートナーを見つけることが大事だとお話ししました。ただ、パートナーとの付き合い方について、気をつけるべきポイントがあります。それは、どんなにいいパートナーであっても、彼らの知らない“ブラックボックス”を持っておくこと。つまり、企業秘密を持っておくことです。

 実は、当社は調味料の配合などを中国法人に一切教えていません。これはコカ・コーラ社と同じです。もしパートナーに技術やノウハウを吸収され尽くされたら、自社の存在意味がなくなってしまいます。

 また、“ブラックボックス”を持つことは、商品の品質管理にも役立ちます。いくら当社が海外にたくさんの店舗を出しても、ラーメンの味がまずければ自社のブランドが落ちてしまう。それでは元も子もありません。ですから、今後も当社は味にこだわりながら、世界に味千ラーメンを広めていきたいと思います。

重光 克昭(しげみつ かつあき)プロフィール

1968年、熊本県生まれ。熊本工業大学工学部を卒業後、1991年に重光産業株式会社に入社。1992年から中小企業大学関西校後継者コースに入校。1983年に同校卒業後、大阪のそば・うどんメーカーの恩地食品株式会社で研修を受ける。1994年に重光産業株式会社に戻り、常務取締役に就任。1997年に29歳で代表取締役に就任。味千ラーメンのブランドを世界に広めることに尽力。著書に『中国で一番成功している日本の外食チェーンは熊本の小さなラーメン屋だって知ってますか?』(ダイヤモンド)がある。

重光産業株式会社(味千ラーメン)

設立 1972年7月
資本金 6,450万円
売上高 16億5,900万円(2009年6月期)
従業員数 82名
事業内容 国内102店舗、海外525店舗の「味千拉麺」の直営およびFC展開
URL http://www.aji1000.co.jp/
お問い合わせ電話番号 096-389-7111

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:2/25~3/26

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100
  • 高知リフレッシュオフィス

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop