【2022年最新】おすすめの名刺管理アプリ14選を徹底比較|選び方や注意点も詳しく紹介

名刺管理アプリ_おすすめ

名刺管理アプリを導入したいけど、どれを選べばいいかわからない
自社に合った名刺管理アプリを探したい

取引先の名刺が多くなりすぎて管理が大変にはなっていませんか?

また、会社内で名刺を共有できればもっとスムーズに業務が進むのに、と思ったことはありませんか?

名刺管理アプリを使用すれば、名刺の管理や共有が自動化され、取引先との連携もスムーズになります。

しかし、多くのサービスがあるので、どのサービスを使用すれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。

導入を検討している企業でも、本当に自社に合った名刺管理アプリを見つけられているでしょうか?

本記事では、おすすめの名刺管理アプリを紹介します。

その他、選び方のポイントや比較表も作成しました。

この記事を参考に、自社に合った名刺管理アプリを探してみてください。

この記事の要点
  • 名刺管理アプリは溜まった名刺をオンライン上で管理できるシステム
  • 名刺管理アプリは「登録できる名刺の枚数」「データ化の方法」「既存のシステムと連携できるか」「使いやすさ」「対応言語」などで選ぶ
  • おすすめの名刺管理アプリは「CamCard」「Sansan」「Wantedly People」「Eight」「Evernote Scannable」など
  • 名刺管理アプリは「機能制限がある」「情報漏えいのリスク」「メンテナンスはこまめに行う」に注意する

名刺管理アプリの選び方のポイント

まずは名刺管理アプリの選び方のポイントについて紹介していきます。

登録できる名刺の枚数

名刺管理アプリは登録できる名刺の枚数で選ぶことは大切なポイントです。

特に無料の名刺管理アプリは登録できる名刺の枚数が少ない場合があるため、現在どのくらいの名刺があるのか、今後どのくらい増える可能性があるのかを考慮したうえで選ぶとよいでしょう。

データ化の方法

名刺管理アプリはデータ化の方法で選ぶことも重要なポイントです。

名刺管理アプリはOCR機能を使った自動入力やオペレーターによる手入力ものがあります。

基本的にはOCR機能を使った自動入力機能が備わったものが多いです。

しかし、読取の精度は各名刺管理アプリで異なるため、制度や補正機能が充実したアプリを選ぶことをおすすめします。

既存のシステムと連携できるか

既存のシステムと連携できるかどうかも重要なポイントです。

現在SFAやCRMツールなどを導入している場合は名刺管理アプリと連携することで利便性が高まります。

そのため、自社の現在の環境や利用目的を明確にしたうえでチェックしましょう。

使いやすさ

名刺管理アプリは使いやすさも重要なポイントです。

操作性はもちろんのこと表示される画面の見やすさなど、誰でも簡単に操作できてシンプルな画面のものが望ましいです。

アプリは実際に使用してみないと操作性はわかりませんが、口コミなどを比較しながら決めると良いでしょう

対応言語

名刺管理アプリを選ぶ時は対応言語で選ぶことも重要なポイントです。

日本人との名刺交換しかしない企業であればそこまで気にする必要はないかと思いますが、外資系の企業やグローバルで活躍する企業などでは海外の人と名刺を交換する機会も多いです。

英語に対応しているアプリは多いですが、中国語や韓国語などの英語圏以外の人や会社とやりとりする可能性がある場合は、多言語の名刺管理アプリがおすすめです。

おすすめの名刺管理アプリ比較表

ここでは、それぞれの特徴を確認する前に、比較表にしてわかりやすくまとめましたので、参考にしてください。

対応OS 料金 対応言語 バックアップ機能 連携
CamCard iOS,Android 無料 日本語
Sansan iOS,Android 無料 日本語,英語
Wantedly People iOS,Android 無料 日本語,英語
Eight iOS,Android 無料 日本語,英語
Evernote Scannable iOS 無料 日本語,英語,韓国語など
myBridge iOS,Android 無料 日本語
名刺ファイリングCLOUD iOS,Android 無料 日本語
CamCard Business 名刺管理 iOS,Android 無料 日本語,英語,中国語など
Covve名刺管理 iOS,Android 無料 英語
THE 名刺管理 Business iOS,Android 無料 日本語,英語
名刺認識 iOS,Android 無料 日本語,英語,イタリア語,スペイン語など
簡単名刺管理 Android 無料 日本語
スマート名刺管理 Android 無料 日本語
名刺バンク iOS,Android 無料 日本語

おすすめの名刺管理アプリ14選

ここからは、おすすめの名刺管理アプリを紹介していきます。

CamCard

出典:https://www.camcard.jp/lite/

CamCardは世界中で最も利用されている名刺管理アプリです。

1億人以上のビジネスパーソンに愛されており、これ一つで名刺のスキャンや交換・管理まで全て活用できます。

高精度の読取機能でスマホで名刺を撮影するだけで情報が自動的に保存されるため、手入力が不要で効率もかなり上がります。

また、場所・時間問わず、スマホ・タブレット・PC・WEBから、名刺を閲覧・共有することも可能です。

対応OS iOS,Android
料金 無料
対応言語 日本語
バックアップ機能
連携

今まで紙媒体でだけしか管理していなかった名刺をデジタルデータで一括管理できるようになった。また、検索機能をかけられるようになった。同じ部署の同僚がアップデートした名刺を見て、自分が把握していなかったような分野の企業にまで営業活動の幅を広げていたことを知ることができた。
出典:ITreview

Sansan

出典:https://jp.sansan.com/

Sansanは法人向けの名刺管理アプリです。

多数の導入実績があり、社内で簡単に連絡先の共有もできるため、ビジネスの生産性が向上します。

また、営業DXサービスやクラウド請求書受領サービスなどと連携することができ、業務効率化も目指せます。

対応OS iOS,Android
料金 無料
対応言語 日本語,英語
バックアップ機能
連携

顧客の名刺をそれぞれ営業担当毎にためており、資産化(顧客管理)に活かせていなかったところ、本システムの導入により電子化して一元管理することができた
出典:ITトレンド

Wantedly People

出典:https://people.wantedly.com/

Wantedly Peopleは複数の名刺をその場でデータ化することができ、受け取った名刺は瞬時にデータ化することができるため、名刺を紛失してしまうリスクもありません。

また、名前・会社名・部署・役職などで簡単に検索することもでき、過去の職歴や学校名でも個人を特定して探せる点が魅力です。

他にも、全ての名刺情報は人工知能によって処理されるため情報が漏れる心配もなく、通信はTLS プロトコル v1.2 (SSL)により暗号化されているため、安心して利用できる名刺管理アプリです。

対応OS iOS,Android
料金 無料
対応言語 日本語,英語
バックアップ機能
連携

・複数枚の名刺を正確に並べなくてもカメラで読み込みができる・かなりの精度で名刺の内容(氏名、肩書、会社名、住所など)が読み込みできる
出典:ITreview

Eight

出典:https://8card.net/

Eightはスキャンするだけで自分だけのキャリアプロフィールを自動で作成できるアプリです。

昇進や転職などのキャリアチェンジした後も変わることなくビジネスに活用することができます。

名刺交換をした相手の名刺を簡単に管理・検索ができるため、検索する無駄な時間をかけることなく利用することも可能です。

有料版と無料版がありますが、基本的に無料アプリでも十分活用できます。

有料版に興味がある人は一度無料のアプリを使用してみてから決めることがおすすめです。

対応OS iOS,Android
料金 無料
対応言語 日本語,英語
バックアップ機能
連携

プレミアム利用しています。IT業界に長く在籍しており、以前から名刺交換している方が頻繁に転職されるため、日々のあいさつが「どちらの〇〇さまですか(笑)」になっていました。これを救ってくれたのがSansanです。人とのつながりがビジネスにつながっていることを日々実感しています。あまりに便利なのでScansnapを購入して自宅でスキャンしています。
出典:ITreview

Evernote Scannable

出典:https://apps.apple.com/jp/app/evernote-scannable/id883338188

Evernote Scannableは名刺をスキャンできることはもちろんのこと、手帳・メモ・To-Do管理としての機能も充実しています。

Evernoteアカウントと同期すれば契約書などの書類や領収書もまとめて管理できるため、ビジネスをするうえで必要な機能が充実している点が魅力です。

対応OS iOS
料金 無料
対応言語 日本語,英語,韓国語など
バックアップ機能
連携

動作が速い、文書の読み込みが速い、多少傾いても勝手に補正してくれる。 UIもシンプルで迷いなく操作できる。 さらに標準でEvernoteと連動。 スマートフォンで文書をスキャンするアプリはいくつもあって 迷っている人はEvernote Scannableを一度使ってみてほしい。 たぶんスキャンアプリを探し回る日とおさらばできる。
出典:ITreview

myBridge

出典:https://jp.mybridge.com/

myBridgeはスマホで撮影するだけですべての名刺情報を正確にデータ化できる名刺管理アプリです。

名前・会社名・部署・役職などのキーワードで簡単に検索することもでき、共有名刺帳で社内の名刺を一括管理してシェアもできます。

また、登録したデータは全てLINEやメールなどで簡単に共有することもできるため、ビジネスに役立ちます。

対応OS iOS,Android
料金 無料
対応言語 日本語
バックアップ機能
連携

写真撮影するだけで、名刺情報が登録される。手書きの文字メモ、中国台湾の日本人には不慣れな漢字にも対応していてとても助かる。撮影用カメラもスマートで、斜めに撮影しても正面から見たような画像に修正登録される。便利です。
出典:ITreview

名刺ファイリングCLOUD

出典:https://cloud.mediadrive.jp/

名刺ファイリングCLOUDは基本料金0円で利用できる名刺管理サービスです。

名刺は簡単にスキャンして登録することができ、登録した名刺データはセキュリティ対策も万全で大切なデータをしっかり保管してくれます。

また、電話発信やメール送信なども簡単操作で取引先などとコンタクトを取ることができるため、営業効率もかなり上がることに期待ができます。

対応OS iOS,Android
料金 無料
対応言語 日本語
バックアップ機能
連携

デジタル化することで嵩張っていた名刺を片付けることができ、それらをクラウド上で管理することができるので、チームとの名刺共有が瞬時に行えるようになり、社内の情報共有力が高まりました。また、名刺情報が必要になったときに、モバイル端末からすぐに取得できるので助かります。
出典:ITreview

CamCard Business 名刺管理

出典:https://www.camcard.jp/business/

CamCard Business 名刺管理は圧倒的なデータ化速度で大切な名刺もすぐにデータ化することができます。

また、登録した顧客情報は社内で簡単共有することもでき、外出先からアクセスすることも可能です。

さらに、オペレーターによるデータ修正も充実しており、最短5分で制度99%で名刺情報を補正してくれるため、迅速なマーケティングを支援してくれます。

対応OS iOS,Android
料金 無料
対応言語 日本語,英語,中国語など
バックアップ機能
連携

今まで紙媒体でだけしか管理していなかった名刺をデジタルデータで一括管理できるようになった。また、検索機能をかけられるようになった。同じ部署の同僚がアップデートした名刺を見て、自分が把握していなかったような分野の企業にまで営業活動の幅を広げていたことを知ることができた。
出典:ITreview

Covve名刺管理

出典:https://apps.apple.com/jp/app/covve%E5%90%8D%E5%88%BA%E7%AE%A1%E7%90%86/id1459654107?ign-mpt=uo%3D4

Covve名刺管理は日本語名刺の精度が95%以上で、AIによる正確な読取ができる点が特徴です。

日本語や英語の他にも30以上の言語にも対応しており、簡単なメモや位置情報などもつけられます。

ただし、無料のトライアルではスキャンが10回しかできませんので注意してください。

対応OS iOS,Android
料金 無料
対応言語 英語
バックアップ機能
連携

THE 名刺管理 Business

出典:https://mediadrive.jp/products/themeishi_biz

THE 名刺管理 Businessはスマホで撮影した名刺をOSR処理をして自動で氏名や社名、電話番号などで振り分けることができ、簡単に「スケジュール」「取引先」「取引先責任者」などに登録できます。

操作画面はシンプルで直観的な操作で誰でも簡単に利用することができ、複合機、ドキュメントスキャナ、スマホなどさまざまな入力端末から読取が可能です。

対応OS iOS,Android
料金 無料
対応言語 日本語,英語
バックアップ機能
連携

仕事柄他社のパートナーさんの数が膨大であり、それらの管理がこちらの製品のおかげでかなり容易になりました。このデジタルの時代に上で管理するなんてもう考えられません。
出典:ITトレンド

名刺認識

出典:https://apps.apple.com/jp/app/%E5%90%8D%E5%88%BA%E8%AA%8D%E8%AD%98/id898215947?mt=8

名刺認識は日本語以外にイタリア語やスペイン語などの25言語の読取が可能で、どの端末からも簡単にアクセスできる名刺管理アプリです。

登録した名刺データは常に最新の状態に更新され。モバイル端末への同期も可能です。

基本的に無料版でも問題ありませんが、自動バックアップ機能などを利用したい人は有料版にアップグレードすることをおすすめします。

対応OS iOS,Android
料金 無料
対応言語 日本語,英語,イタリア語,スペイン語など
バックアップ機能
連携

基本操作は無料でできますが、自動バックアップやエクスポートは有料版でしかできません。
出典:モノシル

簡単名刺管理

出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.life.coools.cardmanage

簡単名刺管理は軽量な名刺管理アプリで基本的な名刺管理機能は揃っているアプリです。

名刺の読み込みや管理、電話発信、メール送信、マップ検索などの補助機能も搭載されており、便利機能は非常に重要しています。

また、全ての機能は無料で使えるため、コストをかけたくない人にもおすすめです。

対応OS Android
料金 無料
対応言語 日本語
バックアップ機能
連携

名刺の写真を撮るだけで 自動撮影で、名刺の文字をはっきりと読み取り 画像化してくれるアプリです(๑╹ω╹๑ )? あとすごいのが、人工知能が文字を識別して カテゴリ別に名刺を分けてくれるんです❣️ 初めは信じてなかったけど、本当に 職業のカテゴリ別に綺麗に仕分けされていたので 驚き&感動でした?? ほとんどの面倒な作業をアプリが全部やってくれるので 自分で手入力する手間もほとんどかからず楽チンですよ♪(´ε` )
出典:モノシル

スマート名刺管理

出典:https://smart-bizcard.softonic.jp/android/download

スマート名刺管理はAndroid向けの無料名刺管理アプリです。

スマホで撮影するだけで文字情報を認識してアドレス帳に名刺情報が登録されます。

使い方もシンプルでスマホの操作に慣れていれば誰でも簡単に扱うことができ、操作性にも優れています。

対応OS Android
料金 無料
対応言語 日本語
バックアップ機能
連携

職種上色々な方とお会いし名刺をいただくのですが、そろそろ名刺ケースがパンパンになってきたのでこちらを購入。写真を撮って保存するだけでjpgデータとしてアプリ内に保存することが可能です。いつも分厚い名刺ケースから該当する名刺を探していたのですが、これなら時間をかけることもありません。
出典:ITreview

名刺バンク

出典:https://www.inet.co.jp/product/cloud/card-bank2.html

名刺バンクはスマートフォン・タブレット・携帯電話など多様なデバイスに対応したクラウド型の名刺管理アプリです。

名刺枚数による従量制課金になっているため、利用人数に縛られることなく社内全体で活用できます。

また、国内最高クラスのアイネットクラウドデータセンターにて運用しているため、セキュリティ体制も充実している点が魅力です。

対応OS iOS,Android
料金 無料
対応言語 日本語
バックアップ機能
連携

名刺を撮影するとその内容がスキャンされ、データとして名刺が保存されるため、管理が格段に楽になる。紙の名刺だとすぐに欲しい名刺が見つからないが、名刺バンクでは検索機能が使える。
出典:ITトレンド

名刺管理アプリの注意点

ここからは、名刺管理アプリの注意点について紹介します。

機能制限がある

無料の名刺管理アプリは登録できる枚数に制限があり、他にもユーザー数や出力方法、連駅機能などのさまざまな制限があります。

個人で使用する分には特に問題なく使えることも多いですが、法人利用を検討している場合は物足りなく感じることが多いでしょう。

そのため、一度無料アプリを試してみて、有料版に切り替えてアプリを使用することをおすすめします。

情報漏えいのリスク

クラウド型の名刺管理アプリは基本的にインターネット上で相手の情報などを管理します。

そのため、何かしらのトラブルが起きてしまうと情報が抜き取られてしまう可能性もゼロではないため注意が必要です。

通信の暗号化やログイン時の二段階認証など、セキュリティ対策が強化されたアプリを選ぶようにしてください。

メンテナンスはこまめに行う

情報のメンテナンスはこまめに行うように意識してください。

オンライン型のアプリであれば自動的に更新されるものもありますが、それは相手も同じアプリを使用している時限定になります。

そのため、一度登録した名刺データをそのまま放置しておいてよいわけではないため定期的にメンテナンス、情報の更新を実施してください。

おすすめの名刺管理アプリのまとめ

今回は名刺管理システムの選び方やおすすめの名刺管理アプリなどについて詳しく紹介してきました。

名刺管理アプリは無料のものと有料のものがあり、自分や会社のニーズに合った機能が充実しているアプリを選ぶことが重要です。

名刺管理アプリはさまざまな企業が提供しており、アプリ選びに迷ってしまうことも多いと思いますが今回紹介した比較表などを参考にしてニーズに合ったアプリを選ぶようにしましょう。