ジョブカンの評判と実態!業界NO.1の勤怠管理システムのメリット・デメリットと連携サービスを徹底解説!

ジョブカン_評判_実態

ジョブカンの評判やクチコミを知りたい
特徴や使い勝手が知りたい

とお悩みですか?

ジョブカンは勤怠管理システムNO.1のクラウド型システムです。

この記事では、ジョブカン勤怠管理の導入を検討している方に向けて、特徴や料金プラン、実際に利用した方の評判やクチコミを紹介しています。

ジョブカン勤怠管理と連携できるジョブカンシリーズ(経費精算、ワークフロー、給与計算)も紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

ジョブカンの評判と実態をざっくりいうと...
  • ジョブカン勤怠管理の評判は良い!
  • ジョブカンは豊富な打刻方法とLINEやGPSで正確な管理ができる!
  • 必要な機能だけ使えるので無駄なコストがかからない!
  • ジョブカンはテレワークや直行直帰の社員がいる会社におすすめ!
  • ジョブカン経費精算と連携すれば経理業務が効率化!
  • さらに業務を効率化したいならジョブカンワークフローと給与計算も連携!

〇本記事をお読みの方には以下の記事もおすすめです。

目次

ジョブカン勤怠管理ってどんなシステム?

ジョブカン_評判_実態_どんなシステム

ジョブカンとは、シリーズ累計で15万社の導入実績を誇る業界NO,1の勤怠管理システムです。

ジョブカンには勤怠管理システム以外のシステムもありますが、「ジョブカン」とだけ表現する場合は「勤怠管理システム」をさしていると考えてよいでしょう。

東横イン、ナムコ、チャットワーク、ランサーズ、などの有名企業も導入しているジョブカン勤怠管理システムの特徴を解説します。

打刻方法が豊富

ジョブカン_評判_実態_どんなシステム_打刻方法が豊富

出典:https://jobcan.ne.jp/functions/stamp/

ジョブカン勤怠管理は打刻方法が豊富で、あらゆる勤務形態に対応できます。

職種や働き方に合わせて選べることと、システム化されていることで管理者、従業員双方にとって利便性の高いシステムです。

打刻方法は8つあります。

  1. ICカード打刻
    ICカードリーダーにFeliCa/MIFARE規格のICカードをかざして打刻します
  2. 指静脈打刻
    指の静脈パターンを読み取る「生体認証」で打刻します。
  3. PitTouch Pro打刻
    パソコン不要。打刻専用の外部機器にICカードをかざして打刻します。
  4. モバイルGPS打刻
    モバイルのGPS機能を用いて打刻します。
  5. LINE打刻/Slack打刻
    LINEのトーク画面、Slackのチャンネルにて打刻します。
  6. PC/タブレット打刻
    マイページから打刻します。
  7. 顔認証打刻
    マスクを外さなくても顔認証ができ、検温と打刻を同時に行います。
  8. ジオフェンシング打刻
    位置情報を活用し、”打刻できる場所”を制限できる打刻方法です。

初期コストを抑えたい場合や、リモートワーク、外勤の従業員が多い場合は外部機器を使わない方法を選択すると良いでしょう

勤怠管理と同時に経費精算も行いたい場合はICカード打刻を選択して、ジョブカン経費精算と連動するのがおすすめです。

直感的な操作でマニュアル不要

ジョブカン_評判_実態_どんなシステム_直感的な操作

出典:https://jobcan.ne.jp/functions/customize/

ジョブカン勤怠管理の操作画面は、情報が大きく表示されるので見やすいと評判です

また、シンプルにまとめられた画面設計なので、管理者も、従業員もマニュアルを見ずに直感的に操作できます。

システムの導入で起こりがちな「初期導入時の研修が大変」「使い方がわからなくて現場が混乱する」といった状況を最小限にできるのは嬉しいポイントです。

直感的に操作できるシステムではありますが、マニュアルもしっかり完備されています。

機械が苦手な従業員が多いなど、なるべく簡単に操作できる勤怠管理システムでなければならない企業にピッタリです

必要な機能だけを選んで契約可能

ジョブカン_評判_実態_どんなシステム_必要な機能_契約

出典:https://jobcan.ne.jp/

ジョブカン勤怠管理は自社に必要な機能だけを選んで契約し、組み合わせて利用できます

多くの勤怠管理システムでは、必要な機能もそうでない機能もすべて契約しなければならないことがほとんどですが、ジョブカン勤怠管理ではその必要はありません。

無駄なコストをかけたくない企業におすすめです。

そして、組織が成長してきたらいつでも機能を追加できます。

通常、勤怠管理システムは組織が大きくなってくるとシステムが対応できなくなり、別のシステムへの乗り換えが必要になることがほとんどです。

しかし、ジョブカン勤怠管理なら組織の成長に合わせて機能を追加していけばいいので、1つのシステムをずっと使い続けられる安心感があります。

組織の拡大を見込んでいて、システムの乗り換えがないものを選びたい企業はジョブカン勤怠管理を選ぶとよいでしょう

セキュリティ対策が万全

ジョブカンのセキュリティ対策は万全です

なぜなら、情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際標準規格「ISO/IEC 27001:2013」の認証を取得しているからです。

その他には、ハードウェアを常に監視する体制や、災害時のトラブルに対応できるよう複数拠点でのデータ管理なども行っています。

勤怠管理は個人情報を含むので、セキュリティ対策がしっかりしているシステムを使いたいですよね。

その点、ジョブカン勤怠管理はとても安心できます。

セキュリティに対する高い安全性を求める銀行や金融系の企業がジョブカン勤怠管理を利用している点から考えてもジョブカンのセキュリティの安全性は明らかでしょう。

安心して勤怠管理や個人情報を扱いたい企業にジョブカン勤怠管理は選ばれています

複雑なシフトにも対応

ジョブカン_評判_実態_どんなシステム_複雑シフト_対応

出典:https://jobcan.ne.jp/functions

ジョブカン勤怠管理は小売り、医療、介護、メディア業界など、複雑なシフトにも対応できます

搭載されているシフト管理機能を活用すれば複雑なシフト作成もスムーズに行うことができ、毎月のシフト作成の負担が軽減できるでしょう。

変形労働制を採用していたり、シフトが複数ある、夜勤がある企業はジョブカンの勤怠管理機能を試してみてはどうでしょうか。

従業員5人~1万人までの会社に対応

ジョブカン勤怠管理システムは従業員5人~1万人まで対応できる柔軟性と自由度の高さが魅力です

「従業員50人までに対応」「従業員1000人以上」など、企業規模が理由で導入できないといったことはほとんどありません。

企業規模にかかわらず、勤怠管理を効率化したい、働き方改革を進めたい、といった課題を解決したい企業なら導入できます。

ジョブカン勤怠管理のホームページでは導入企業の事例がたくさん掲載されているので、自社と同じような企業の例を参考にするとよいでしょう。

ジョブカン勤怠管理の良い評判・クチコミ

ジョブカン_評判_実態_良い_口コミ

ジョブカン勤怠管理の特徴がわかったところで、実際の使用感や評判はどうなのか気になりますよね?

ここでは、良い評判・クチコミを紹介します。

社員の動きが見える化できて労務管理が楽になった

ジョブカン_評判_実態_良い_口コミ_労務管理_楽

出典:https://jobcan.ne.jp/functions/work/

シフト制で、多様な働き方をしている企業でのクチコミです。

ジョブカン勤怠管理の特徴である一元管理を実現し、労務管理の業務の効率化に成功しています

– 当社は在宅勤務、シフト勤務、工場(現場)勤務と様々な勤務形態で社員が働いているので、その一元化に役立っている

– 申請されると所属長に迅速にメールが飛んでくるので、即座に対応(承認)が行える

– これまで手作業に近い労務管理であったが、大幅に生産性が向上している

【操作性・他のサービスとの連携面(カスタマイズ性)】

– カスタマイズは未だ試していないが今後必要が生じたらやってみたい
〜サービスの利用により、個々の社員の日々の動向や出退勤がリアルタイムに把握できるようになり、業務管理の見える化が進んでいる。

~Webで完結するため、在宅勤務時でも迅速に対応が可能になっている。

出典:https://boxil.jp/service/644/reviews/

打刻方法がたくさんあるので管理しやすく、ペーパーレス化!

ジョブカン_評判_実態_良い_口コミ_ペーパーレス

出典:https://jobcan.ne.jp/

豊富な打刻方法により、従業員のリアルな勤怠状況を把握できるようになったことで働き方改革が進んだクチコミです。

場所や時間にしばられることなく管理ができることがわかります。

グループ会社での勤怠管理のために導入しました。今までは紙のタイムカード打刻をしようしていたのですが、ジョブカン勤怠管理はICカード、GPS打刻、顔認証打刻など様々な打刻方法があり、様々な会社の様々な勤務スタイルに合わせた打刻方法が可能なので便利です。

また、残業状況・休暇取得状況もすぐ見れるようになっており、労働時間を正確に把握できるようになり、上長・社員本人ともに働き方改革への意識向上となった。

打刻方法が様々な方式を使えるので以前の紙のタイムカードと異なり、取引先に向かってそのまま直行直帰を行う外回りの社員にとっても非常に実用的になりました(紙のタイムカードの時は上長に電話報告していました)。

また有給休暇や残業時間を把握しやすいため、自分の勤怠状況を見ながら働くことが多くなり、年間の中での計画的な有給休暇取得を考えたり、月次の中で残業時間がどうなっているのか見ることができ、業務効率や働き方改革を考えながら働くことが出来るようになりました。

さらに在宅勤務など働く場所がそれぞれ異なるコロナ禍においても、管理が行いやすいと思います。

今まで紙タイムカードで管理しており、修正にも修正印などを押したりして、上長のところに都度持って行ったりと手間がかかっていましたが、このサービスになってからはそのような手間も減りWeb上で業務が完結し、紙の量が減ることでペーパーレス化にも貢献してくれました

出典:https://boxil.jp/service/644/reviews/

シンプルでわかりやすい操作でモレ防止

ジョブカン_評判_実態_良い_口コミ_シンプルな操作

出典:https://jobcan.ne.jp/functions

打刻漏れの申請モレによる無駄な作業とコストを削減できたクチコミです。

クラウド上で勤怠状況を確認できるメリットは管理者だけでなく、従業員にとってもメリットが多いことがわかります

アプリでの打刻やICカードのタッチで勤怠打刻ができる。

また、勤怠状況や休暇の申請などがブラウザで管理できるので、打刻もれや申請もれを把握することができるので、上司に無駄なコストを割かせることが減りました。

現在の勤務状況や休暇状況が一目で把握することができるので、残業調整を行うことが容易になった。

また、頻度は少なくなったが外訪があった場合の交通費精算もICカードと連動しているため、いちいち入力を行わずに精算が完了するので雑務を行う時間が大幅に削減されたのが最大のメリットです

出典:https://boxil.jp/service/644/reviews/

ジョブカン勤怠管理の悪い評判・クチコミ

ジョブカン_評判_実態_悪い_口コミ

勤怠管理システムの導入実績NO.1のジョブカンですが、多くはありませんが不便、不満の声も上がっています。

その一部を紹介します。

GPSが不安定

ジョブカン_評判_実態_悪い_口コミ_GPS

出典:https://jobcan.ne.jp/functions

GPS機能の不具合が起こることがあるようです。

サポートを待てない場合を考えて、社内でトラブル解決の方法をまとめておくとよいでしょう。

低価格でアプリでなく個人スマートフォンのWEBベースで利用できるという敷居の低さが最大のメリット。

利用開始当初、スマートフォンのChromeでGPSを検出できないというXiaomi機特有の問題が有り、サポートを待っていられないため、個人で解決しなければならなかった。

その後も打刻場所が同一市内の別町名を検出することがしばしば有り、そのうち地名が違っていても気にせず運用する様になった。

出典:https://boxil.jp/service/644/reviews/

修正手続きに時間をとられることがある

打刻ができていないという評判がいくつかみられました。

システムにすべて反映されることが1番望ましいことですが、よくある修正手続きの修正方法がすぐわかるよう周知にしておくとよいでしょう。

管理画面がわかりやすいので、勤怠管理ツールとしては申し分無いですが、きちんと打刻を行なったはずなのにシステム上で反映されない時がたまにあり、修正手続きに時間を取られます。

出典:https://boxil.jp/service/644/reviews/

メンテナンスが多く、システムが重い感じがする

GPSとサーバーの問題、メンテナンスには少し課題が残るようです。

こちらはジョブカン勤怠管理側での頑張りに期待するしかないようです。

全体的には問題なく使いやすいが、GPS機能の整合性が低く、参考になるのか不明であった。

また出勤時間になるとサーバーが落ちるのかログイン出来ないことも多く、その点が不満である。

メンテナンスも多く、重いイメージが強い。

出典:https://boxil.jp/service/644/reviews/

ジョブカン勤怠管理システムの料金プラン

ジョブカン_評判_実態_料金

ジョブカン勤怠管理は中小企業でも利用しやすいような価格設定が魅力です。

ここでは、初期費用や具体的なプランについてお伝えします。

500人以下の中小企業なら1人あたり500円で使える

ジョブカン勤怠管理は500人以下の中小企業なら、搭載されている4つの機能すべてを利用しても、従業員1人あたり500円です

4つの機能というのは「出勤管理」「シフト管理」「休暇・申請管理」「工数管理」の機能のことです。

4つの中から自社で必要なものだけを選んで契約できるので機能を限定すれば、従業員1人当たり500円以下で利用できます。

・料金プラン

無料プラン プラン1 プラン2 プラン3 プラン4
機能数 1~4つ
※機能制限あり
1つ 2つ 3つ 4つ
利用料金
(1ユーザーあたり)
0円/月 200円/月 300円/月 400円/月 500円/月

1つの機能を使うだけなら従業員1人あたり200円で、機能を追加するごとに100円ごとに追加料金がかかるシンプルな設定です。

ただし、月額利用料金は2000円(税抜)です。

※従業員が500人以上の場合は別途見積もりが必要になるので、ご注意ください。

初期費用、サポート費用は無料

ジョブカン勤怠管理は、初期費用やサポート費用が無料です

利用するためには、無料のアカウントを発行し、初期設定をすればすぐに使えるようになります。

ジョブカン勤怠管理は30日間、無料で利用できるようになっているので、操作性や使用感を確認したい人におすすめです。

サポートは電話、メール、チャットの3種類があるので、使いやすいものを選択しましょう。

サポート費用が無料なのも嬉しいポイントです

月ごとにプランを変更できる

ジョブカン勤怠管理が多くの企業に選ばれているのは、月ごとにプランの変更ができる点です

例えば、繁忙期だけ「工数・管理」を契約するといったことも可能ですし、使ってみて効果が感じられなければその機能は使わないこともできます。

自社の勤務形態に合わせて柔軟にシステムを使っていきたい企業におすすめです。

ジョブカン勤怠管理が向いている会社と事例

ジョブカン_評判_実態_向いている会社_事例

ジョブカン勤怠管理は、さまざまな規模、業種に対応しています。

その中でもよりジョブカン勤怠管理を導入する効果があると見込まれる企業はどんな企業でしょうか。

具体的な特徴や事例をご紹介します。

ジョブカン勤怠管理が向いている会社の特徴|シフトが複雑

ジョブカン勤怠管理システムがおすすめなのは、シフトが複雑な企業です

日本ではシフト制を採用している企業がたくさんあり、24時間営業の店舗や工場、医療や介護の現場では2交代制や3交代制などもあります。

こうしたシフトを毎月組むのはシフト管理者にとって大きな負担となっていることでしょう。

ジョブカン勤怠管理では、「シフトパターン」を設定することで、各部署、各店舗の実態に合わせたシフト作成ができます。

部署や店舗ごとで異なるシフト制になっていて、管理が複雑になっている企業にはおすすめです

ジョブカン勤怠管理が向いている会社の特徴|テレワーク、直行直帰をする従業員が多い

テレワークや直行直帰が多い企業にもジョブカン勤怠管理は向いています

新型コロナウィルスや働き方改革によってテレワークが増えている反面、彼らの勤務状況をどう把握するのかが課題となっています。

また、直行直帰も、ジョブカン勤怠管理システムが向いている会社です。

直行直帰で動いている社員の勤務状況が把握しづらいことを課題としている企業は少なくありません。

直行直帰の場合は勤怠状況の把握に加え、打刻ができなかったことについて申請書を紙で提出する仕組みになっていることも多く、課題になっています。

ジョブカン勤怠管理なら外出先でも簡単に打刻できるため、不要な申請書や、申請漏れが起こりません。

GPS機能がついているので不正も防止できます。

テレワークや直行直帰をする従業員が多い場合もジョブカン勤怠管理を検討してみるとよいでしょう

導入実績と効果|LINE打刻で多様な働き方を実現(株式会社ケアクラフトマン)

ジョブカン_評判_実態_向いている会社_事例_導入_株式会社ケアクラフトマン

出典:https://jobcan.ne.jp/cases/carecraftman

株式会社ケアクラフトマンはジョブカン勤怠管理の導入により、フレックスやリモートワークなど従業員の事情に合わせた働き方を実現できた会社です。

株式会社ケアクラフトマンはデイサービス・訪問介護サービス・居宅介護支援サービスなど計5つの介護・福祉事業をおこなっています。

代表取締役の大平怜也さんは、従業員が小さい子供を抱えている女性が多く、彼女たちのプライベートにそぐわない働き方に疑問を感じていました。

また、半日以上かかっていた勤怠の集計作業も課題でした。

そこで、LINE打刻をすることでフレックスやリモートワークなどが進み、システム化によって勤怠管理にかかる手間の大幅な削減に成功しました

出典:https://jobcan.ne.jp/cases/carecraftman

導入実績と効果|直行直帰のスタッフの勤怠管理が楽に!(オールハウス株式会社)

ジョブカン_評判_実態_向いている会社_事例_導入_オールハウス株式会社

出典:https://jobcan.ne.jp/cases/allhouse/

オールハウス株式会社はジョブカン勤怠管理のGPS打刻により、直行直帰メンバーの勤怠管理と勤務状況の課題を解決しました。

オールハウス株式会社は、勤怠管理はすべて紙で行っていたことで、パートスタッフや事務・総務スタッフ以外のメンバーの状況が把握できていませんでした。

ジョブカン勤怠管理を導入により、直行直帰メンバーの勤怠状況が把握できるようになりました。

また、従業員情報を一元化できたことで申請書類も減って労務管理が楽になったそうです。

エクセルや紙の書類が多い企業は、ジョブカン勤怠管理を導入することで、オールハウス株式会社のように業務の効率化が期待できるでしょう。

出典:https://jobcan.ne.jp/cases/allhouse/

ジョブカンシリーズと連携すると便利に使える

ジョブカン_評判_実態_シリーズ_便利

ジョブカンは勤怠管理の他に、労務管理システムや給与計算システム、ワークフローシステム、採用管理・選考管理システム、経費精算システムなどがあります。

それぞれ、ジョブカンシリーズとして連携できるようになっています。

複数のシステムを利用しても、従業員1人につき1つのIDなので、システムによってユーザーネームや、パスワードを使い分ける必要はありません。

ここでは、ジョブカンシリーズの中でもよく連携されている3つについて解説します。

ジョブカンワークフロー

ジョブカン_評判_実態_シリーズ_便利_ワークフロー

出典:https://wf.jobcan.ne.jp/

ジョブカンワークフローは勤怠管理システムと連携できるシリーズの1つです。

ワークフローシステムとはどんなシステムなのかというと、申請・承認にかかる時間を約1/3にするシステムです

スマートフォンに対応したクラウド型のシステムで、どこからでも社内申請を行い、素早く承認を得られます。

具体的には、今まで紙で出していた申請や、印鑑をついていた承認業務が電子化されるので営業部門のデスクワークが省力化されます。

ジョブカンの勤怠管理システムはテレワークや直行直帰など、オフィスにいない従業員への利便性の高さが特徴です。

その利便性をさらに高めるのがジョブカンワークフローローシステムです。

すでに導入社数は1万社以上であり、ワークフローシステムでもNO.1に輝いています。

勤怠管理だけでなく、そのほかの申請・承認業務も省力化したい企業は導入を検討するとよいでしょう

ジョブカン経費精算

ジョブカン_評判_実態_シリーズ_便利_経費精算

出典:https://ex.jobcan.ne.jp/

ジョブカン経費精算は、勤怠管理システムと連携させると、ICカードを使った打刻と同時に交通費の申請ができます

勤怠管理と交通費精算が別々になっていると、従業員も経理や総務などの各部部署もそれぞれシステムごとに作業する必要がありました。

しかし、ジョブカン経費精算と勤怠管理システムがあれば申請と承認の作業を大幅に減らすことができます。

さらに、経費精算システムで申請されたデータは自動で仕分けデータとして生成されるため、経理担当者の作業も減ります。

ただし、1度で読み取れる履歴の件数は直近19件であるため、履歴をためすぎないように従業員に周知する必要があります。

事務担当者が1人だったり、複数の業務を兼務している企業におすすめです

ジョブカン給与計算

ジョブカン_評判_実態_シリーズ_便利_給与計算

出典:https://payroll.jobcan.ne.jp/

ジョブカン給与計算は、ジョブカン勤怠管理システムから給与計算に必要な情報を取り込むことで、給与計算を楽にするシステムです

ジョブカン給与計算の特徴は、顧問社労士の監修のもとにつくられたシステムで、給与計算担当者の「あったらいいな」が実現されています。

「複数の給与規定の設定」「端数処理の方法」「計算式の設定」など細かく設定できるので複雑な給与計算をしている企業におすすめです。

給与計算だけでなく、役所に提出するための帳票の出力や確認書類も自動で出力されるのでミス防止に役立ちます。

複雑なシフトの企業は給与計算も複雑になる傾向があるので、ジョブカン給与計算の導入も検討してみてはいかがでしょうか。

ジョブカン勤怠管理の評判と実態!まとめ

ジョブカン_評判_実態_まとめ

ジョブカン勤怠管理システムの特徴と評判、実態を解説しました。

勤怠管理システムで効率化するために1番大事なことは、自社の課題や導入する目的を明確にしておくことです。

あらためて、ジョブカン勤怠管理の特徴をまとめると以下です。

ジョブカンの特徴と評判をまとめると…
  • ジョブカン勤怠管理のGPS機能でテレワークや直行直帰の勤怠管理がバッチリ!
  • 複雑なシフトの会社はジョブカン勤怠管理システムでシフト作成を省力化!
  • ジョブカン勤怠管理でリモートワークと働き方改革を推進できる!
  • ジョブカン経費精算と連携すると経理業務も楽になる!

あなたの会社の課題が解決できそうだと思ったら、ぜひ資料請求をしてみてください。

ジョブカン勤怠管理は30日間の無料トライアルもあるので積極的に活用しましょう。