おすすめの勤怠管理アプリ15選|メリットや選び方まで解説

勤怠管理_アプリ

勤怠管理アプリを使うとどんなメリットがあるの?
自社に合った勤怠管理アプリがどれかわからない

従業員の勤怠管理で役立つ勤怠管理アプリ。

社内のDX化やデジタル移行によって、自社でも導入を検討している企業は多いのではないでしょうか。

しかし、勤怠管理アプリは多種多様で、「自社に合った勤怠管理アプリがどれかわからない」という声をよく聞きます。

本記事では、おすすめの勤怠管理アプリをまとめました。

特徴や料金、評判などサービスごとに記載しているので、自社の勤怠管理アプリ探しに役立ててください。

「勤怠管理アプリ」ざっくり言うと
  • 勤怠管理アプリとは従業員の勤務時間を手軽に記録・集計できるサービス
  • 勤怠管理アプリのメリットは簡単に打刻できること
  • 勤怠管理アプリのタイプはタイムレコーダー型など
  • 勤怠管理アプリを選ぶポイントはどんな課題を解決したいかによって決まる

勤怠管理アプリとは?

勤怠管理アプリ_とは
勤怠管理アプリとは、従業員の勤務時間を手軽に記録・集計できるサービスです。

勤怠管理アプリの中には、厳密にはWebブラウザからアクセスするものは含まれません。

しかし、便利さは基本的に同じであるため、ここではWebブラウザからアクセスするものも扱います。

勤怠管理アプリの具体的な機能としては以下のようなものが挙げられます。

勤怠管理アプリの機能
  • 出勤、退勤、休憩時間の打刻
  • 従業員の勤務時間・残業時間の確認 など

勤怠管理アプリの5つのメリット

勤怠管理アプリ_メリット
勤怠管理アプリのメリットは主に以下の5つです。

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット①:簡単に打刻できる

勤怠管理アプリのメリットとしてまず挙げられるのは、簡単に打刻できることです。

勤怠管理アプリの多くは打刻を1クリック、もしくは2クリックで行えます。

一瞬のうちに行えるため、従業員の負担も減ります。

メリット②:どこからでも打刻できる

勤怠管理アプリのメリットとしては、どこからでも打刻できることも挙げられます。

タイムカードなど物理的なもので勤怠管理をする場合、どうしてもひとつの場所からでしか打刻できません。

しかし、勤怠管理アプリの場合には仕事の出先や在宅勤務でも自分のデバイスから簡単に打刻できます。

今の時代に合った勤怠管理方法と言えます。

メリット③:勤怠記録を自動集計できる

勤怠管理アプリのメリットとしては、勤怠記録を自動集計できることも挙げられます。

勤怠管理アプリのほとんどには勤怠記録を集計する機能がついています。

従業員の勤務状況や残業状況が簡単に分かるため、管理の手間を大幅に省くことが可能です。

メリット④:不正打刻を防げる

勤怠管理アプリのメリットとしては、不正打刻を防げることも挙げられます。

勤怠管理アプリの場合には、生体認証やGPS機能がついているものがあります。

不正打刻を防ぐ仕組みがあるため、従業員が見えないところで打刻していても安心なのです。

メリット⑤:打刻漏れや残業超過を防げる

勤怠管理アプリのメリットとしては、打刻漏れや残業超過を防げることも挙げられます。

勤怠管理アプリでも当然、勤怠を管理するためには従業員に打刻してもらう必要があります。

しかし、たとえ従業員が打刻を忘れても、打刻漏れに簡単に気づけるため、管理の手間を省けるのです。

また、残業が一定時間をすぎると警告を発してくれるアプリも多いです。

勤怠管理アプリの3つのタイプ

勤怠管理アプリ_タイプ
勤怠管理アプリのタイプは主に以下の3つです。

勤怠管理アプリの3つのタイプ
それぞれのタイプについて詳しく見ていきましょう。

タイムレコーダー型

タイムレコーダー型は従来のタイムレコーダーの代わりに設置する勤怠管理アプリです。

タイムレコーダーのように設置した、タブレットなどの端末に打刻してもらいます。

打刻の効率がよく、人が多く出入りする職場を中心に重宝されています。

多機能型

多機能型は多くの機能がある勤怠管理アプリです。

従業員が自分の端末を用いてどこからでも打刻できるため、リモートワークとの相性も抜群です。

従業員の勤怠状況を簡単に集計できる機能があるアプリも多いです。

他業務連携型

他業務連携型は他のシステムとの相性が良かったり、勤怠管理以外の機能が搭載されている勤怠管理アプリのことです。

たとえば、従業員の勤務状況をもとに、給与計算ソフトと連携して給与計算を自動化します。

もしくは勤怠管理アプリの中に給与計算機能がつけられている場合もあります。

勤怠管理アプリを選ぶ8つのポイント

勤怠管理アプリ_ポイント
勤怠管理アプリを選ぶポイントは主に以下の8つです。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

ポイント①:どんな課題を解決したいか

勤怠管理アプリを選ぶポイントとしてまず挙げられるのは、どんな課題を解決したいかです。

解決したい課題によって選ぶべき勤怠管理アプリは異なります。

たとえば、タイムカードをデジタル化したいだけであれば、タイムレコーダー型などのシンプルな機能のもので十分かもしれません。

一方、リモートワークに対応したいのであれば、多機能な勤怠管理アプリのほうがふさわしいかもしれません。

シンプルな機能が良い場合におすすめの勤怠管理アプリ
  • IEYASU
  • CLOUZA
  • Touch On Time

 

多機能が良い場合におすすめの勤怠管理アプリ
  • 人事労務freee
  • TIMEVALUE
  • Daim

ポイント②:打刻方法

勤怠管理アプリを選ぶポイントとしては、打刻方法も挙げられます。

勤怠管理アプリの打刻方法にはさまざまなものがあります。

リモートワークを推進している場合には、ボタンで簡単に打刻できるものがいいでしょう。

一方で、オフィスに出勤する機会が多いのであれば、エントランスに端末を設置して社員証などで打刻してもらうほうが良いと思われます。

ボタンで簡単に打刻したい場合におすすめの勤怠管理アプリ
  • ジョブカン勤怠管理
  • マネーフォワードクラウド勤怠
エントランスに端末を設置する場合におすすめの勤怠管理アプリ
  • Touch On Time

ポイント③:多くの勤務体系に対応できるか

勤怠管理アプリを選ぶポイントとしては、多くの勤務体系に対応できるかも挙げられます。

企業に勤務する方は正社員だけでなく、契約社員やパート、アルバイトなどさまざまな勤務体系の人がいます。

すべての従業員の勤務体系をカバーできる勤怠管理アプリが理想でしょう。

多くの勤務体系に対応できる勤怠管理アプリ
  • followスマートタッチ
  • ジョブカン勤怠管理
  • マネーフォワードクラウド勤怠

ポイント④:勤怠管理の対応範囲

勤怠管理アプリを選ぶポイントとしては、勤怠管理の対応範囲も挙げられます。

勤怠管理アプリの中には、打刻のみができるシンプルなものから、休暇の申請・承認や有給の管理など多くの機能を持っているものまであります。

自社で行っている業務のうち、勤怠管理アプリで自動化できるものがあれば、取り入れると担当者の負担を減らすことが可能です。

シンプルな勤怠管理アプリ
  • CLOUZA
  • スマレジ・タイムカード
  • シュキーン
多機能な勤怠管理アプリ
  • 人事労務freee
  • TIMEVALUE
  • Gozal

ポイント⑤:給与計算ができるか

勤怠管理アプリを選ぶポイントとしては、給与計算ができるかも挙げられます。

給与計算アプリと連携して給与計算ができれば、担当者の負担をかなり減らせるでしょう。

もっと広範囲に、年末調整や入退社の手続きまで対応できる勤怠管理アプリがあると便利な場合もあるかと思われます。

給与計算ができる勤怠管理アプリ
  • ジョブカン勤怠管理
  • マネーフォワードクラウド勤怠
  • 人事労務freee

ポイント⑥:料金

勤怠管理アプリを選ぶポイントとしては、料金も挙げられます。

サービスの質が同じであれば、料金が安い方がお得です。

また、料金体系も場合によって異なりますので確認しておきましょう。

勤怠管理アプリの料金は利用人数によって月額料金が変化することが多いですが、最初に料金を支払うだけで良い買い切り型のものもあります。

料金が安い勤怠管理アプリ
  • CLOUZA
  • スマレジ・タイムカード
  • シュキーン

ポイント⑦:英語に対応しているか

勤怠管理アプリを選ぶポイントとしては、英語に対応しているかも挙げられます。

グローバルな企業の場合、英語にも対応し、すべての従業員が使える勤怠管理アプリを導入したほうが望ましいでしょう。

英語対応の勤怠管理アプリ
  • KING OF TIME

ポイント⑧:外部ツールと連携できるか

勤怠管理アプリを選ぶポイントとしては、外部ツールと連携できるかも挙げられます。

勤怠管理アプリと一番連携したいのは、給与計算システムです。

他に、ビジネスチャットツールと連携できると便利な場合が多いでしょう。

外部ツールと連携しやすい勤怠管理アプリ
  • 人事労務freee
  • TIMEVALUE
  • Daim

【総合】おすすめ勤怠管理アプリ5選

勤怠管理アプリ_総合おすすめ
おすすめ勤怠管理アプリは総合的に考えて主に以下の5つです。

それぞれの勤怠管理アプリについて詳しく見ていきましょう。

ジョブカン勤怠管理

勤怠管理アプリ_ジョブカン

特徴
  •  200円という低価格
  • 給与計算ソフトと連携できる
  • さまざまな機能を持つジョブカンシリーズを展開

 

ジョブカン勤怠管理は安くて機能が豊富な勤怠管理アプリです。

200円から利用できるためベンチャー企業でも使いやすいですし、大企業でも使えます。

給与計算ソフトと連携できる点も便利ですね。

ジョブカンは勤怠管理以外にもさまざまな業務効率化ソフトを開発しており、当然ながら他のジョブカンシリーズとの相性は抜群です。

機能

機能
  • 申請機能あり
  • アラート機能あり
  • シフト入力機能あり

料金

初期費用 0円
月額費用 200円(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 30日間

評判

ジョブカンを選んだ決め手

シフト管理がしやすく、また、ワークフローや採用管理とセットで使ってもグループウェアより低価格だったのが決め手です。採用管理はシステムがわかりやすく、重要度と緊急度の高い課題が解決できそうだったので導入を決めました。全て最初のお試し期間で実際に使ってみていけそうだなと判断できたので、移行もスムーズでした。

出典:ジョブカン公式サイト

マネーフォワードクラウド勤怠

勤怠管理アプリ_マネーフォワード

特徴
  • 給与計算と連携しやすい
  • 他のマネーフォワードシリーズと組み合わせて使える
  • ICカード打刻、GPS打刻も可能

マネーフォワードクラウド勤怠は給与計算・年末調整方面との連携に強い勤怠管理アプリです。

特にマネーフォワードは給与計算・経費・年末調整などお金関係のソフトを多く手掛ける会社なので、マネーフォワードの他のシリーズと組合わせて用いるのも良いでしょう。

PCやタブレットから打刻できるほか、ICカード打刻やモバイルGPS打刻まで可能です。

機能

機能
  • 申請機能あり
  • アラート機能あり
  • シフト入力機能あり

料金

初期費用 要お問い合わせ
月額費用 5名まで:2980円
6名以上:追加で1名あたり300円
無料お試し期間 1ヶ月間

評判

・各種クラウドのデータを自動連携し、 業務負荷や入力ミスを大幅削減
・リアルタイムでの従業員情報取得が可能になった
・効率化の結果、生まれた余剰の時間で、従業員がパフォーマンスを高められる制度/人材の育成、環境づくりに注力

出典:マネーフォワードクラウド勤怠

jinjer勤怠

勤怠管理アプリ_jinjer

特徴
  • 操作感が高い
  • チャットアプリから打刻できる
  • スマホアプリからも打刻できる

jinjer勤怠UIの見やすさが魅力的な勤怠管理アプリです。

多くの従業員が用いるアプリですから、打刻しやすいかどうかは重要ですよね。

主要な打刻方法に加えて、ChatworkとSlackからも打刻できる点も魅力的です。

機能

機能
  • 申請機能あり
  • アラート機能あり
  • シフト入力機能あり

料金

初期費用 30万円
月額費用 400円~(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 30日間

評判

スマホアプリが便利

  • オフィス外でもスマホアプリで打刻できるので、正確な労働時間の管理が可能になった
  • 残有給日数を知りたいときは、jinjer勤怠を確認すればひと目でわかるようになった。また有休の付与も自動なので、管理がラクになった

    出典:jinjer公式

KING OF TIME

勤怠管理アプリ_キングオブタイム

特徴
  • 英語に対応
  • 打刻方法が10種類もある
  • 初期費用0円

KING OF TIMEはグローバル対応に優れた勤怠管理アプリです。

英語にも対応しており、海外オフィスでの打刻にも対応できます。

10種類という他社より圧倒的に多い打刻方法に対応している点も魅力的です。

機能

機能
  • 申請機能あり
  • アラート機能あり
  • シフト入力機能あり

料金

初期費用 0円
月額費用 300円~(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 30日間

評判

KING OF TIME導入後の効果(飲食関係)

  • 店舗毎のシフト作成が簡略化された。
  • 店舗毎の勤怠状況が一括で管理できるようになった。
  • 勤務表の集計業務がなくなり業務効率化ができた。
  • 手入力によるミスがなくなった。

    出典:KING OF TIME公式

IEYASU

勤怠管理アプリ_イエヤス

特徴
  • 完全無料
  • 有料プランなら申請・アラート機能も使える
  • 茶色ベースの使いやすいUI

IEYASUは完全無料で使える勤怠管理アプリです。

しかも、無料で使える期間や人数に制限がありません。

ただ、申請機能やアラート機能は有料プランでしか使えません。

機能

機能
  • 申請機能あり
  • アラート機能あり
  • シフト入力機能あり

料金

初期費用 0円
月額費用 0円~(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 あり

評判

日々の業務の開始・終了をパソコンやスマートフォンのアプリで簡単に記録できるため、フリーランスの人たちにはリアルタイムでの打刻を徹底してもらい、そのデータを我々が随時チェックすることで、即座に状況を把握することができるようになりました。

出典:IEYASU公式

【多機能】おすすめ勤怠管理アプリ5選

勤怠管理アプリ_多機能
おすすめの多機能な勤怠管理アプリは主に以下の5つです。

【多機能】おすすめ勤怠管理アプリ5選
それぞれの勤怠管理アプリについて詳しく見ていきましょう。

人事労務freee

勤怠管理アプリ_freee

特徴
  • 人事労務の仕事も自動化できる
  • クラウド会計ソフトfreeeとも連携できる
  • 1ヶ月の無料お試し期間あり

人事労務freeeは勤怠管理に限らず、人事労務の仕事をまとめて自動化できる勤怠管理サービスです。

具体的には、給与計算、年末調整、法律関係の書類などを作成する機能まであります。

クラウド会計ソフトfreeeとの連携も魅力的です。

料金

初期費用 0円
月額費用 660円~(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 1ヶ月間

TIMEVALUE

勤怠管理アプリ_タイムバリュー

特徴
  • 残業申請、アラート機能もある
  • QRコード打刻もできる
  • 30日間の無料トライアルがある

TIMEVALUEはネット環境があれば手軽に導入できる勤怠管理システムです。

基本的な勤怠管理機能のほかに、残業申請について管理する機能や、アラート機能などが完備されています。

通常の打刻方法に比べ、現場に設置した専用のQRコードを読み取る方式での打刻も可能です。

料金

初期費用 0円
月額費用 290円(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 30日間

Daim

勤怠管理アプリ_daim

特徴
  • 給与計算・給与振込もできる
  • Google系サービスとの相性が良い
  • 初期費用0円

Daimは勤怠管理にとどまらず、給与計算、給与振込まで対応してくれる勤怠管理アプリです。

特に魅力的なのがGoogle系サービスとの相性が良い点です。

G Suiteと連携が可能で、Googleカレンダーからスケジュールを確認することも可能です。

料金

初期費用 0円
月額費用 350円(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 30日間

Gozal

勤怠管理アプリ_gozal

特徴
  • すべての労務管理を行える
  • 機能が豊富
  • 操作が簡単

Gozalはすべての労務管理を行えるツールです。

簡単な操作で勤怠はもちろん、雇用、給与、退職まで対応してくれます。

豊富な機能が評価され、大企業を含む2000社以上から導入されています。

料金

初期費用 0円
月額費用 590円~(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 30日間

MINAGINE勤怠管理システム

勤怠管理アプリ_minagine

特徴
  • 人事労務に必要な全機能がある
  • 労務のプロ集団が開発
  • 使いやすいUI

MINAGINE勤怠管理システムは人事労務に必要なすべての機能を提供しているサービスです。

勤怠管理はもちろん、給与計算から人事制度構築支援まで幅広いサービスを展開しています。

労務のプロ集団によって開発されているため、使いやすさも徹底されています。

料金

初期費用 0円
月額費用 300円~(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 30日間

【安い】おすすめ勤怠管理アプリ5選

勤怠管理アプリ_安い
おすすめの安い勤怠管理アプリは主に以下の5つです。

それぞれの勤怠管理アプリについて詳しく見ていきましょう。

CLOUZA

勤怠管理アプリ_clouza

特徴
  • 打刻した人数分の料金しかかからない
  • パソコン、スマホ、タブレットから打刻できる
  • 月額200円から利用できる

CLOUZAは打刻した人数分の料金しかかからない勤怠管理システムです。

打刻しなければ料金が発生しないため、退職時にシステムの登録を解除し忘れても無駄な料金が発生しません。

パソコンはもちろん、スマホやタブレットから打刻することも可能です。

料金

初期費用 0円
月額費用 200円~(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 30日間

スマレジ・タイムカード

勤怠管理アプリ_スマレジ

特徴
  • 60日間の無料お試し期間
  • 従業員30名までは無料
  • 笑顔を検出して打刻する機能がある

スマレジ・タイムカードは無料で使える範囲が広い勤怠管理アプリです。

具体的には、60日間の無料お試し期間が設けられている上に、従業員30名までは無料で勤怠管理できます。

笑顔を検出して打刻するユニークな機能も備えています。

料金

初期費用 0円
月額費用 30名まで:0円(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 60日間

シュキーン

勤怠管理アプリ_シュキーン

特徴
  • 月額200円から利用可能
  • 給与ソフトと連携可能
  • 打刻データを棒グラフとして表示できる

シュキーンはコスパの良さが光る勤怠管理アプリです。

従業員1人あたり、月額200円から利用でき、給与ソフトと連携することも可能です。

打刻したデータを棒グラフとして表示することもでき、全員分の労働時間を可視化する機能にも優れています。

料金

初期費用 0円
月額費用 200円~(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 2ヶ月間

Touch On Time

勤怠管理アプリ_タッチオンタイム

特徴
  • ユーザー満足度99.7%
  • 端末を勤務地に設置して運用
  • 導入から運用までサポートが充実

Touch On Timeはユーザー満足度が驚異の99.7%を叩き出す勤怠管理アプリです。

導入から運用までサポートがしっかりしていることが満足度の秘訣です。

タイムレコーダー型の勤怠管理アプリで、端末を勤務地に設置することで運用できます。

料金

初期費用 0円
月額費用 300円(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 30日間

followスマートタッチ

勤怠管理アプリ_follow

特徴
  • 初期設定が簡単
  • さまざまな就業制度に適応
  • 月額200円から利用可能

followスマートタッチは初期設定が簡単な点が魅力的な勤怠管理アプリです。

いくつかの質問に答えるだけで、簡単に就業制度を設定することが可能です。

正社員はもちろん、アルバイト、パート、契約社員などへの対応も可能です。

料金も従業員1人あたり、月額200円と安い料金で利用可能です。

料金

初期費用 0円
月額費用 200円(1ユーザーあたり)
無料お試し期間 6ヶ月間

勤怠管理アプリのまとめ

勤怠管理アプリ_まとめ
勤怠管理アプリとは、従業員の勤務時間を手軽に記録・集計できるサービスです。

上手くサービスを活用すれば、勤怠管理の業務効率が大幅にアップするでしょう。

しかし、自社に合っていないサービスなどを導入してしまうと、無駄なコストを払ってしまう可能性もあります。

無駄な損失をしないようにも、自社に合った勤怠管理アプリを選びましょう。