【2022年最新】おすすめの販売管理システム10選を徹底比較|選び方やメリットなどについても紹介

販売管理システム

おすすめの販売管理システムが知りたい
販売管理システムの選び方やポイントが知りたい

といった悩みを抱える人も多いでしょう。

販売管理システムとは、企業が顧客から注文を受けてから自社の商品を納品するまでの一連の販売業務の流れをコントロールするシステムです。

販売管理システムを導入すれば業務全体の効率化や将来的な経営判断、コスト削減などのメリットがあります。

これまで売上や納品に関するデータは個々で管理されていましたが、近年データを一元管理する販売システムを導入する企業も増えてきています。

ここでは、「おすすめの販売管理システムや販売管理システムの導入のメリットデメリット」などについて紹介します。

この記事の要点
  • 販売管理システムは受注から納品までに発生するお金の流れや商品を管理する販売管理や在庫管理などの機能を搭載したシステム
  • 販売管理システムは業務特化型・特定業種向け・凡庸的に使えるシステム・小規模事業者向けなどがある
  • 販売管理システムは業務効率化・経営戦略などに活用できる
  • おすすめの販売管理システムはアラジンオフィス楽楽販売

\おすすめの勤怠管理システムが気になる方はこちら/

勤怠管理システムおすすめ徹底比較|厳選10選を料金・性能でランキングにして紹介

販売管理システムとは

販売管理システムとは、受注から納品までに発生するお金の流れや商品を管理する販売管理や在庫管理などの機能を搭載したシステムを指します。

販売管理はいつ・だれに・なにを・どのくらいなどを一元管理することができ、業務効率化などのメリットがあります。

これまでの業務では、それぞれの業務で業務フローや管理していましたが、データの不整合や商品不足、在庫過多などの問題が多発していました。

また、Excelやソフトを使って管理したとしても人的ミスが発生する可能性はゼロではありません。

そこで、販売管理システムを導入すれば簡単に業務の効率化が図れます。

販売管理システムの種類
  • 業種(業界)特化型
  • 業種を問わない汎用型

業種(業界)特化型はその名前の通り、建設、製造、食品、アパレルなどのさまざまな製品があり、その業態に特化したものを指します。

余計な機能などは搭載されておらず、パッケージ化されていることがほとんどなので運用しやすいメリットがあります。

一方で業種を問わない汎用型はさまざまな業種で活用することができ、自社に合う機能でカスタマイズすうことも可能なため、フレキシブルに運用できるものです。

販売管理システム主な種類

販売管理システムは業務特化型や特定業務向けのシステムなどの4種類があります。

業務特化型はあらかじめ開発された業種特化型パッケージシステムとなっており、業種ごとに必要な機能が使えるため、オーダーメイドすることなく手間や時間を省けます。

特定業種向けの販売システムは業界や企業に特化したシステムを細かい部分まで設定することができるため、より自社に合った販売管理システムを導入することが可能です。

凡庸的に使えるシステムは業種に関係なく自社に合った機能を追求できるシステムになります。

必要な機能があれば機能を追加することもでき、柔軟性に優れている点が特徴です。

小規模事業者向けの販売管理システムは業種によっても在庫を持たない企業もあり、受注・発注・請求・生産などの機能を必要に応じて選択できる点が特徴です。

このように、販売管理システムの種類によっても特徴や機能が異なるため、自社に合った販売管理システムを導入することが大切と言えるでしょう。

販売管理システムを導入するメリット・デメリット

販売管理システムのメリットデメリット

続いて、販売管理システムを導入するメリットデメリットを紹介します。

メリット1|業務の効率化が図れる

販売管理システムを導入することで、業務効率化が図れるというメリットがあります

伝票処理時間の短縮や複雑な伝票計算を正確に行う、同時進行で業務を行えるなどのメリットがあり業務の効率化が図れることでしょう。

企業の規模によっては販売管理の工数が分割されており、データが上手く共有できないという悩みを抱えている企業も多いです。

販売管理システムで部署やチーム、人員間で効率良くデータを共有することができれば販売サイクルで大幅が業務効率化に期待ができます。

メリット2|経営判断に使える

そのほか、企業の経営状況を可視化でき、経営判断に使えるというメリットもあります。

実際に販売管理システムを導入して数字データを見える化することで、業務工程に潜む改善点を見つけることができます。

売上が乏しい原因や、余分な在庫を抱えやすい原因を把握することで経営者は適切な判断を取ることができます。

また、データの統合や分析を行うためには多くの人員を割くことになりますが、販売管理システムを導入すれば人員削減にも期待ができるでしょう。

メリット3|コスト削減ができる

業務効率化に成功すれば、コスト削減にも期待ができます。

導入費用はかかってしまうものの、将来的にみれば大幅はコスト削減に期待ができます。

メリット4|人的ミスを防げる

人的ミスを防げるというメリットもあります。

販売管理や在庫管理などの管理を人力で行っていると、どんなに優れた人員を配置してもヒューマンエラーを起こしてしまいます。

販売管理システムを導入すれば、販売管理や在庫管理などは全てシステム上で行うためヒューマンエラーを防ぐことも可能です。

また、販売管理システムのなかには不自然な数値や入力行為を検知して、アラートを上げる機能もあり非常に便利です。

デメリット1|導入のコストがかかる

販売管理システムは導入時にコストが発生してしまいます。

特に、オンプレミス型の販売管理システムは数百万円~数千万円程度かかることも多いです。

業務効率化などのメリットはあるものの、導入費用が高額になってしまうこともあるため販売管理システム選びは慎重に行う必要があるでしょう。

デメリット2|使いこなすのに時間がかかる

新しいシステムを導入しても使いこなせなければ意味がありません。

あまりにも使いにくいシステムを導入してしまうと、工数や時間が余計にかかってしまうため導入の意味が半減してしまうこともあります。

少しでも早く使いこなすためには操作性に優れているシステムを選んだり、サポートがあるシステムを導入することをおすすめします。

デメリット3|必ず効果が出るとは限らない

どんなに優れた販売管理システムを導入しても、必ず効果が出るとは限りません。

自社が抱える悩みや課題にマッチする販売管理システムを選ばないと、コストに見合った効果が得られない可能性もあるため注意が必要です。

そのため、販売管理システムを導入する時は自社が抱える悩みや課題を明確にしておく必要があります。

販売管理システムの選び方のポイント

販売管理システムのポイント

続いて、無料の販売管理システムを選び方のポイントについて紹介します。

導入する目的に合っているか

導入する時は、導入する目的に合っているかどうかを確認してください。

販売管理システムは標準パッケージ型や業種別、業態別などさまざまです。

まずは現在自社にどんな悩みや課題があるのか、販売管理システムを導入することでどのような解決をしたいのかなどの目的を明確にすることが大切です。

目的が明確になれば、自然とどの販売管理システムを利用すれば良いかを判断することができます。

また、販売管理システムは提供している企業やシステムによっても機能や特徴が異なるため、パッケージ内容をしっかり把握したうえで検討しましょう。

既存のシステムと連携できるか

連携できるかどうかも重要なポイントです。

既存の管理システムと連携できれば、さらなる業務効率化に期待ができます。

現在在庫管理や生産管理などのシステムを導入しているのであれば、それらのシステムと連携できるかどうかを事前に確認しましょう。

また、現在使用中の管理システムが不便に感じている場合は、一括のパッケージを購入してシステム全体を変えることもおすすめです。

サポート体制は整っているか

運用サポートがあるかどうかも重要な選定基準です。

販売管理システムは受注から支払いまでの一連の業務を管理するため安定稼働が求められます。

しかし、どうしてもシステムの不具合は生じてしまいがちです。

また、初めて販売管理システムを導入する場合はどのような設定をすれば良いかわからずに戸惑ってしまうことも多いです。

運用サポートがしっかり整っていれば運用前や運用後でもしっかりサポートしてもらえるため、安心して販売管理システムを利用できます。

サポート内容は専用フォーム内のシステムや電話サポート、出張サポートなどもあるため事前に確認してください。

おすすめの販売管理システム10選を徹底比較

販売管理システム比較

ここからは、おすすめの販売管理システムを紹介します。

機能や料金などを比較しながら紹介していきますので、参考にしてください。

株式会社アイル|アラジンオフィス

販売管理システム

出典:https://aladdin-office.com/

アラジンオフィスは導入実績5,000社以上で、業務別システムと業種・業態別システムが利用できます。

売上管理・受注管理・仕入管理・発注管理・在庫管理の標準業務フローはもちろんのこと、FB入金データ取込、FB出金データ出力、送状入力、送状発行ソフト連携(B2、e飛伝等)などもできるため非常に便利です。

アラジンオフィスは各業界に特化した製品もあるため、自社に合ったシステムを活用できることでしょう。

主な機能 在庫管理 / 見積管理 / 与信管理 / 輸出入対応
提供形態 パッケージソフト / オンプレミス / クラウド / ハードウェア
サポート体制 要問い合わせ
料金プラン 要問い合わせ
導入実績 株式会社ANAP、イーオクト株式会社、ヤマヒデ食品株式会社、理化学研究機器商社、フジテック株式会社 など

株式会社ラクス|楽楽販売

販売管理システム

出典:https://www.rakurakuhanbai.jp/

楽楽販売はITトレンド年間ランキングで第1位の実績を持つ販売管理システムです。

自社仕様にカスタマイズすることができるため、必要な機能だけを活用して自社だけのオリジナルの販売管理システムを作ることもできます。

また、利用者向けのサポート体制や外部システムとの連携にも優れており、費用はユーザー数やデータベース作成数に応じた月額制になっているため、余分なコストもかかりません。

主な機能 在庫管理 / 見積管理 / 与信管理 / 輸出入対応
提供形態 クラウド / SaaS / ASP
サポート体制 電話・メールでのサポート、サポートセミナー、学習ツール・動画マニュアル、サンプルテンプレートによる使い方のサポート、個別相談会の実施、サポートサイト・FAQサイト
料金プラン
導入実績 プライム・スター株式会社、ロジザード株式会社、株式会社ベーシック、株式会社ベストンなど

株式会社Pro-SPIRE|Odoo

販売管理システム

出典:https://www.odoo.com/ja_JP

Odooは見積もりから顧客請求書まで一元管理することができ、便利な機能を豊富に取り揃えた販売管理システムです。

顧客マスタでは、あらゆるデータを一元管理しCRM機能とも連携できるため、業務効率化が目指せます。

また、リアルタイムで作業予定を確認できるため人的ミスなどが起こるリスクも少ないです。

主な機能 顧客マスタ、製品マスタ、価格リスト、見積書作成・印刷、受注・請求管理、出荷予定、受注起点調達、タイム&マテリアル請求、顧客ポータル
提供形態 クラウド
サポート体制 要問い合わせ
料金プラン 要問い合わせ
導入実績 要問い合わせ

株式会社ネオシステム|iDempiere

販売管理システム

出典:https://www.oss-erp.co.jp/ja/oss-erp/idempiere/

iDempiereは購買管理・在庫管理・販売管理・生産管理・会計管理・顧客管理といった一連の業務機能が無料で使用できる販売管理システムです。

無料で幅広い機能を使用することができ、受注から検品までの作業を全て管理も可能な非常に便利なシステムとなっています。

また、iDempiereは情報漏洩が起こらないようにパスワードの暗号化や情報開示制限などのセキュリティ性能が充実しており安全に社内情報を管理することも可能です。

主な機能 購買管理、在庫管理、販売管理、生産管理、会計管理、顧客管理、グローバル対応(多言語対応、多通貨対応)、業務フローの統一、権限管理・操作ログの履歴管理といった内部統制機能
提供形態 オープンソースERPパッケージソフトウェア
サポート体制 電話・FAXによるサポート
料金プラン 要問い合わせ
導入実績 アルソア本社株式会社など

株式会社フリーウェイジャパン|フリーウェイ販売管理

販売管理システム

出典:ドメイン名

フリーウェイ販売管理は1,000伝票まで無料で利用でき、フリーウェイ販売管理であれば3人まで無料でデータ共有が可能です。

また、機能を必要最低限に絞り込んでいるため、シンプルで操作がしやすいメニュー画面とデザインが特徴です。

操作が簡単ということもあり、販売管理システムの知識がない人でも簡単に操作することができます。

ほかにも売上順位表、売上伸び率順位表、売上分析表などを用いて情報を分析することもでき、経営戦略にも活用できるというメリットがあります。

主な機能 売上伝票の入力、請求書の作成、入金伝票の入力、無料の会計ソフトとデータ連動
提供形態 クラウド
サポート体制 サポート専用ダイヤル(※有料版のみ)、FAQ/Q&Aコミュニティサイト、操作マニュアル、AIチャットサポート
料金プラン 有料版:月額2,980円(税抜)
導入実績 要問い合わせ

弥生株式会社|弥生販売 21

販売管理システム

出典:https://www.yayoi-kk.co.jp/yss/download/21.html

弥生販売 21は帳票のかんたん発行と、販売管理から仕入・在庫管理まで一本化できるソフトです。

販売管理機能がオールインワンでデータを活用し、さまざまな集計・分析レポートを標準搭載しており、スムーズな経営戦略にも期待ができます。

ほかにも、安心保守サポートが1年間無料または特別価格で利用できるため万が一の時にも備えることができます。

主な機能 在庫管理 / 見積管理、発注・仕入れ・支払い管理、集計・分析 など
提供形態 パッケージソフト
サポート体制 バージョンアップ製品無償提供、法令改正対応、業界最大規模のカスタマーセンターによる電話/メールサポート、データバックアップサービス、消費税改正業務相談ワーク/周辺ソフトウェアサポート
料金プラン ■弥生販売21スタンダード
・セルフプラン付き:44,000円
・ベーシックプラン付き:44,000円
・トータルプラン付き:53,500円■弥生販売21プロフェッショナル
・セルフプラン付き:80,000円
・ベーシックプラン付き:80,000円
・トータルプラン付き:94,800円■弥生販売21プロフェッショナル(2ユーザー)
・セルフプラン付き:105,000円
・ベーシックプラン付き:105,000円
・トータルプラン付き:119,500円
導入実績 サウンドボックス株式会社、株式会社セイエンタプライズ、パートナー産業株式会社 など

株式会社フリップロジック|flam(フラム)

販売管理システム

出典:https://www.flamsv.com/

flamは販売・仕入・在庫業務が簡単連携でき、ボタン一つでデータ出力が可能です。

会計の入力作業を軽減できヒューマンエラーを予防することも可能です。

また、flamはクラウド型の提供形態ということもあり、自動でバージョンアップされ常に新しいシステムを利用することもできます。

flamは年間約70回以上自動更新されており機能改善や機能追加は無料で提供されます。

主な機能 販売管理・仕入管理・在庫管理、得意先・商品・会計情報・担当者管理などの環境設定、各種帳票管理、クラウド会計ソフトとの連携 など
提供形態 クラウド
サポート体制 カスタマーサポートセンターにおける相談受付、個別カスタマイズ
料金プラン スタンダード:月額9,300円(税抜)
プロフェッショナル:月額19,800円(税抜)
プレミアム:月額49,800円(税抜)
導入実績 株式会社東急ハンズ、株式会社ナレッジワイヤ、株式会社ビクトワール など

株式会社センチュリーシステムズ|ExeQuint(エグゼクイント)

販売管理システム

出典:http://www.censys.co.jp/solution/exequint.html

ExeQuintはさまざまな業種に対応する豊富な機能を搭載しており、個別企業ごとにカスタマイズすることも可能です。

また、オプション機能で囲う機能や会計連携、棚卸管理などのオプション機能を利用することもできるため、業務効率化に期待ができます。

主な機能 在庫管理 / 見積管理 / 与信管理 / 輸出入対応
提供形態 オンプレミス / パッケージソフト / クラウド
サポート体制 電話/メールによるヘルプデスク・サービス
料金プラン 要問い合わせ
導入実績 要問い合わせ

メインソリューション株式会社|Main販売管理

販売管理システム

出典:http://www.zero-soft.jp/soft/sales/

Main販売管理はフリーながらも機能が豊富で、各種伝票の入力や発行はもちろんのこと、快泳データ集計にも活用できます。

また、バージョンアップは自動で行い、セキュリティ性能にも強く安心して利用できるというメリットもあります。

主な機能 見積入力、見積一覧表、受注・売上状況照会、受注入力、受注一覧表、 預り出荷処理 、売上入力、売上一覧表、受注残一覧表、納品書一括発行、請求締め処理、請求書、請求一覧表、未請求チェックリスト、入金入力・消込、入金一覧表、 回収予定表、未回収一覧表、得意先元帳、売掛残高一覧表、宛名印字、など
提供形態 クラウド型
サポート体制 要問い合わせ
料金プラン 要問い合わせ
導入実績 要問い合わせ

藤森プロダクション|COSMOS 汎用販売管理システム

販売管理システム

出典:http://www.fujimori-pro.gr.jp/index.html

COSMOS 汎用販売管理システムは納品書/請求書の発行,入金や支払の管理,商品在庫の確認などができるソフトです。

一台のパソコンでもサーバーを利用して複数のパソコンから使用することも可能で、機能の追加、誤謬修正などの随時バージョンアップをしているため、常に最新の販売管理システムを利用することができます。

また、ノーサポートであれば無料となっています。

主な機能 支店マスタ、担当者マスタ、取引先マスタ、商品分類マスタ、商品マスタ、見積、受注、発注、売上、仕入、入金、支払、商品分類別集計、商品別集計(月次 & 日次)、得意先別売上集計、月内日次集計、担当者別集計、受注収支一覧、売上推移グラフなど
提供形態 クラウド側
サポート体制 要問い合わせ
料金プラン インストール・操作指導:40,000円
年間保守:10,000円
改造/その他:別途見積
導入実績 要問い合わせ

おすすめの販売管理システムまとめ

販売管理システムまとめ

今回は販売管理システムの導入のメリットデメリットや、無料で使える販売管理システムなどについて紹介してきました。

無料のおすすめ販売管理システムは以下になります。

無料の販売管理システムでも十分活用することができ、コストを抑えてシステムを導入したい企業におすすめです。

また、無料版やトライアル期間を利用してより機能が充実した有料版の販売管理システムの活用も良いでしょう。

自社の販売管理に関わる業務を効率化するためにも、ぜひ販売管理システムを活用してください。