バンズシティ株式会社 不動産管理部 部長 末長 和樹

社員の挑戦意欲を促すことで、真に喜ばれる「街づくり」を目指す

バンズシティ株式会社 不動産管理部 部長 末長 和樹

不動産賃貸管理事業、建物管理事業、売買事業、仲介事業、デベロップメント事業など、不動産に関する多様な事業を展開するバンズシティ。それだけでなく、飲食店やホテル、アウトドア事業、アートディレクション事業など、業界の常識や固定観念にとらわれない新プロジェクトを続々と立ち上げて、多面的に“街づくり”を推進している。その原動力が、「不動産革命」という新たな価値創造に向けて果敢な挑戦を試みる企業マインドだ。同社の経営を人財採用の側面から支えている不動産管理部部長の末長和樹氏に、バンズシティ独特の「社員のチャレンジを後押しする経営」を解説してもらった。

都心物件を自社保有しているのが強み

―事業内容を教えてください。

 不動産の管理や売買、賃貸ほか不動産経営にかかわる網羅的なサービスを提供する総合不動産事業を展開しています。また、近年はそのほかのサービス業にも注力していて、ホテル事業や飲食事業などを不動産事業と組み合わせた「街づくり」に寄与する事業を推進しています。

―そのなかで、バンズシティの高い成長力を支えている強みについて、解説してください。

 自社開発した都心部のプレミアムマンションを自社で保有し、自ら貸主となって賃料収入を得るビジネスモデルを確立している点です。資産価値の高い不動産を保有し、レバレッジをかけながら賃料を得ていく、確かな事業基盤を構築しているので、約10年間にわたって増収増益という、安定成長を続けることができています。

 そして自社の物件は、東京都心部の高収益物件を基本とする一方で、そこで獲得した利益を元に、そのほかのエリアの物件を開拓していく戦略をとっています。5年後くらいまでの発展性を先読みしながら、未開拓の場所に物件を建てていきます。

―具体例を教えてください。

 たとえば、最近では、千葉県流山市の「おおたかの森」への進出が挙げられます。土地を購入した当時は周辺に野原が目立つ街でしたが、いまでは人口増加率が国内トップクラス。人の流入が急ピッチで進んでいます。街の変化に伴って土地のバリューは大きく上昇し、資産価値が増大しました。

 さらに当社では、既成概念にしばられず、いままでにない新しいものを創っていくのが得意。一例を挙げれば、当社がリノベーションを手掛けてオープンした浅草の複合施設『浅草九倶楽部』。日本では目新しい劇場一体型のホテルです。また、千葉県の南房総市で当社が運営する『THE CHIKURA UMI BASE CAMP』は、“大人の秘密基地"をコンセプトにした1棟貸しのホテルで、専用のキッチンでお客さまご自身が料理をつくり、食べるのを楽しむことができる新感覚のアウトドア施設になっています。

 不動産からサービス業へ事業の幅を広げていくとともに、住まいから広がる生活の全てを創造する事業を推進していく。未来へ向かう総合不動産企業として、前例にとらわれないビジネスモデルを創り出していきたいと考えています。

社訓は「挑戦なくして幸せなし」

―なぜ、バンズシティでは斬新なアイデアが次々に生まれてくるのでしょう。

 当社には、「従来の事業にシナジーが生まれる企画であればなんでも歓迎する」という基本的なスタンスがあり、社員のアイデア出しや発案をどんどん促しています。目先の収益だけにとらわれるのではなく、未来を見越してメリットが生まれるようなプロジェクトや企画であればOK。しかも、“総合不動産業”は人の暮らしに直結するものですから、シナジーが生まれるモノやコトは無限大。社員がアイデア出しに挑戦しやすい環境があるのです。

 また、提案しやすいマインドが育まれる環境が当社にはあります。役員を含めて社員同士の垣根が低く、フラットな関係性で何でも言い合える職場風土です。前例にとらわれないチャレンジを促していくからこそ、大胆な発想で世の中の注目を集めるプロジェクトも生まれているのです。

―新しいことに積極的に取り組む企業文化があるのですね。

 はい。当社の社訓に、「挑戦なくして幸せなし」があります。自分たちが良いと思うプランは、企業としてきちんと投資し、リスクを取って新たなブランドとして育てていく。そうした挑戦によって得られる幸せにこそ価値があるわけです。たとえば、社員のほうからアイデアを出して、それを事業化していくような挑戦も実際に生まれています。

―そうした環境のなか、どのような人財が活躍していますか。

 頭が柔らかく、変化に対応しながら豊かな発想ができる人ですね。いまや固定観念にしばられている人は取り残されていく時代。NFTやメタバースに代表されるような、社会に新たなインパクトを与える変化が当たり前のように生まれています。

 こうした変化を、アナログと言われている既存の不動産業に、どう融合させていけるか。リアルとバーチャル、それぞれの価値をミックスし、未来型のサービス業として育てていけるような柔軟な思考ができる人が活躍していけると思います。

社員に大きな裁量を与える

―人財に活躍してもらうための工夫を教えてください。

 「社員一人ひとりがさまざまな役割に挑戦することで、自身の可能性を広げてほしい」という想いから、事業の拡大に伴う新たなポジションへの登用を積極的に推進しています。私自身、もともと投資用不動産の営業畑にいたのですが、海外事業や不動産管理に携わり、現在は南房総のアウトドア施設の運営も任されています。おかげでビジネスの視野やスキルの幅が広がりました。

 不動産業を事業のベースにして、生活の全てにリンクする総合サービス企業としてのシナジーを見つけていきながら多角化を推進。そのなかで社員に裁量をうまく持たせつつ、さまざまなプロジェクトを進めています。

―今後、どのような成長戦略を描いていますか。

 人や街、つまりは社会に必要とされる、本当に価値のあるものをつくりたいと考えています。

 たとえば、通常のマンションデベロッパーは自社利益の最大化のために、同じような間取りの似通ったマンションばかりをつくりがちです。けれども利益率を下げれば、もっと、おもしろい間取りやユニークな設計ができるんです。

 その点、当社は、10年後も20年後も使いやすいような間取りや、時代に合ったライフスタイルを実現できるような工夫を施すことを優先します。くわえて、人々が暮らすその「街」をより魅力的にするような飲食店やホテル、お店や場所をつくっていきたいと考えているのです。

 また、私たちをはじめ不動産管理業に携わる企業の社会的な役割の一つに、空き家問題の解決があります。現在、全国に約800万戸の空き家があるといわれています。その解消に向けて私たちも事業を推進していきます。不動産のプロフェッショナル集団として、コアになる事業ノウハウを活かし、社会課題の解決にもしっかりと向き合っていきたいですね。

―最後に、「人財を大事にする企業」として、将来へのビジョンを聞かせてください。

 当社は就業規則で65歳が定年と定めているのですが、実は、「定年を撤廃しようか」という話が出ているんです。

 誰もが、人生のなかで、より長く、活き活きと働いていたいと思っているのではないでしょうか。70歳や80歳になっても、会社という夢いっぱいの箱の中にいて、若者に負けないアイデアや企画をどんどん出して新しい事業に取り組めるな ら、理想的ですよね。ワクワクしながら、最期の瞬間まで現役で働き続けられるような会社でありたいし、そんな環境をこれから社員みんなで創っていきたいと考えているんです。

 私は、そうやって長く働くことは、仕事というよりも自分のライフスタイルを確立していくことだと思っています。そういう本当の意味での楽しい人生を、当社の仕事のなかに見出せる。そんな会社でありたいですね。それを実現するフィールドを創るのが我々の責務であり、他では創れない価値をもたらすことができる、本当の「不動産革命」かもしれませんね。

末長 和樹(すえなが かずき)プロフィール

1979年、熊本県生まれ。2004年、バンズシティ株式会社が設立された年に入社。不動産賃貸管理事業、建物管理事業、売買事業、仲介事業、海外事業など不動産に関する総合的な事業を推進し、2012年からは部長職として同社の成長を牽引してきた。代表とともに、飲食店やホテル、アウトドア事業、アートディレクション事業など新しいサービスを積極的に立ち上げている。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。