経営のプロフェッショナルたちによる
「経営力を上げる」メディア ❘ Since2009
IT投資・コンサルティングの経営者インタビュー

東芝ITサービス株式会社 取締役 技術統括責任者 サービス商品・技術開発部長 杉山 寧 / Zinier Inc. Country Manager 小野 大介

AIによるオペレーション自動化で、現場作業の「駆けつけ対応」を強化

サーバやネットワーク機器の点検・工事など、「フィールドサービス」を手がける東芝ITサービス。「駆けつけ対応」といった突発的な業務が発生するフィールドサービスには、迅速な人員手配や保守部品の適正な管理が求められるため、同社は現在、関連業務の効率化を進めている。ここでは、東芝ITサービスの杉山氏と、業務自動化を通じて同社を支援するZinierの小野氏に取材。業務効率化の詳細を聞いた。

※下記は経営者通信56号(2021年3月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

急な「インシデント」に備え、在庫もかさみがちに

―東芝ITサービスの事業内容を教えてください。

杉山:サーバやネットワーク機器などICT系機器の保守、インテグレーション・設置、運用を手がけています。社会インフラを提供するお客さまをもつ当社にとって、保守は特に重要な業務で、全国約100拠点に保守人員が計500名以上在籍。予定が管理されている事前点検のほか、客先で突発的な「インシデント」が起きた際の保守対応を行っています。しかし、このインシデント対応は、突発的な業務であるがゆえの課題も抱えがちです。

―どのような課題でしょう。

杉山:たとえば、現場に駆けつける作業員の割り当てに時間がかかることです。インシデント発生時、オペレーターは「作業に必要な資格」「移動時間」「スケジュールの空き」など条件に合う作業員を手配します。しかし、一人ひとりの作業員に、一部は手作業で確認するために時間がかかり、お客さまを待たせてしまうこともあるのです。

小野:また、フィールドサービスを提供する企業には、「保守に使う部品の在庫がかさみがち」という課題もあります。部品には理論上の寿命がありますが、実際に故障する時期を予知するのは難しいため、突発的な不具合に備えて余分に在庫を抱えざるをえません。 杉山 これらは、フィールドサービス業界にとって積年の課題と言えます。当社ではこうした課題を解決するために、Zinier社が提供する管理業務自動化システム『Zinier』を導入し、業務の効率化を進めています。

必ず生じる「人による手作業」。生産性向上のカギは管理業務

―どのようなシステムなのですか。

小野:まず、インシデント発生時における人員の手配を自動化できます。作業に必要な資格や現場の位置、作業時間などの条件を入力すると、個々のスケジュールや、GPSで得た作業員の位置情報、同一顧客への対応経験の有無といった情報から、AIが最適な人員をオペレーターに提案。これをオペレーターが承諾すると、作業員のスマートフォンに指示が届く仕組みです。

 また、稼働環境が要因で起こりやすいインシデントに対しては、AIの提案機能を活用することで、在庫の圧縮も可能になります。

―どのように実現できるのでしょう。

杉山:AIが適切な時期に、機器の点検を提案してくれる機能を活用して実現していきます。当社では、客先で機器が不具合を起こす時期を統計的に把握する目的で、保守に関するあらゆるデータを蓄積しています。このデータを『Zinier』に取り込めば、不具合が起こりうる時期をAIが分析・予測してくれます。これにより、インシデントを未然に防げれば、保守部品の在庫圧縮にもつながると考えています。

―フィールドサービスの生産性に課題を感じている経営者にアドバイスをお願いします。

杉山:業務上さまざまな制約が生じる「コロナ禍」においては、効率的な業務遂行が従来以上に求められます。なにより、インシデントの未然防止や駆けつけの迅速化はお客さまにとっての価値になります。サービス価値を高めるために、管理業務の効率化は大切な施策になるでしょう。SOC(※)をもつ当社では、セキュリティサービスの向上にもつながると考えています。

小野:人による手作業が必ず発生するフィールドサービスで全体の生産性を高めるには、ITを活用しやすい管理業務の効率化が欠かせません。『Zinier』は、AIを活用したフィールドサービス向けの自動化システムとして世界でも先進的なサービスです。すでに、欧米やアジア太平洋地域の幅広い業界で導入が増えています。関心のある方は、ぜひお問い合わせください。

※SOC:Security Operation Centerの略。ネットワークやデバイスを監視し、サイバー攻撃の検出や分析などを行う組織のこと

杉山 寧(すぎやま やすし)プロフィール

1963年、千葉県生まれ。1987年に大学を卒業後、東芝エンジニアリング株式会社(現:東芝ITサービス株式会社)に入社。当時の制御システムコンピュータ(ミニコン)のテクニカルサポートに従事。後にサービス部、営業部、営業推進部を経て、2016年に現在のサービス商品・技術開発部に着任し、2019年より現職。

小野 大介(おの だいすけ)プロフィール

1965年、東京都生まれ。明治大学を卒業後、富士通株式会社に入社。光ブロードバンド通信システムや携帯電話システムの事業に黎明期より従事。2000年代より米国シリコンバレーの、通信・セキュリティ関連の企業(エクストリーム、ブロードコム、ノキア、マイクロセミ)にてカントリーマネージャーを歴任。2020年にZinier Inc.に入社し、現職。

東芝ITサービス株式会社

設立 2002年10月
資本金 10億5,300万円
売上高 388億円(2020年3月期)
従業員数 1,627名(2020年4月現在)
事業内容 プラットフォーム・インテグレーションサービス、キッティング&デバイス・マネジメントサービス、工事サービス、リモートマネジメントサービス(SOC含む)、オンサイトマネジメントサービス、保守サービス
URL https://www.it-serve.co.jp/

Zinier Inc.

設立 2016年1月
資本金 1億2,000万米ドル(約125億円)
従業員数 200名(2021年1月現在)
事業内容 AIを用いたフィールドサービスオペレーション自動化プラットフォームの提供
URL https://zinier.com/japan/
Zinier 『Zinier』に関するお問い合わせは
Webサイトの「お問い合わせ」フォームから
AIによるオペレーション自動化で、現場作業の「駆けつけ対応」を強化

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

経営各分野における、プロフェッショナルたちのインタビューを掲載。 雑誌とWEBで、約60,000名の経営者へ経営のヒントとなる情報をお届けしております。

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop