経営のプロフェッショナルたちによる
「経営力を上げる」メディア ❘ Since2009
人事・労務の経営者インタビュー
[PR]

株式会社エスプール 執行役員人事本部 本部長 米川 幸次 / 株式会社情報戦略テクノロジー 代表取締役 高井 淳 / 株式会社ディプレ 代表取締役 中西 誠

シビアな「競争」経験で磨かれてこそ、市場で勝てる強いチームはつくられる

※下記は経営者通信53号(2020年2月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

成長著しい中小・ベンチャー企業でいくつも、その効果が実感されている「競争体感型」チームビルディング研修。なぜ、多くの成長企業が同じように若手人材の育成に課題を抱え、その処方箋として「競争体感型」研修が活用されるのか。その背景について、ディプレ代表の中西氏は、「近年、企業と若手人材との関係性が大きく変化していることに理由がある」と語る。その真意とはなにか。競争体感型の効用なども含め、同氏に詳しく話を聞いた。

ビジネスの本質は「競争」

―若手人材の育成をめぐり、多くの中小・ベンチャー企業が悩みを抱えています。その理由はなんですか。

 社会情勢の変化によって、若者の志向が大きく変わっており、それに企業側が対応できていない状況があります。人材の売り手市場や情報過多という世相のなかでいま、権利主張型の若者が非常に増えています。企業で働くことの意味を十分に理解できていないまま、義務を果たす前に、権利ばかりを主張し、会社の「評価者」になってしまっているケースが多いのです。競争意識は低いのですが、自己評価は高い。一方で人手不足のなか、「会社の将来を担う若手人材の声には耳を傾け、組織を変化させなければならない」と悩む経営者は、伝えるべきことを伝えられず、若手を成長させることができていない。両者にとって不幸な状況があります。

―そうした問題に対し、経営者はどのように対応すべきでしょう。

 まずは、「成果をもって他者から評価される」という社会人の基本を、早い段階で教え込むことが必要です。そのためには、社外の人材育成研修を活用する方法も有効でしょう。たとえば、当社では、「競争体感型」のチームビルディング合宿研修を提供しています。

―それは、どのような内容でしょう。

 ビジネスの本質ともいえる「競争」を通じて、自律した個と、その集合体としての強いチームビルディングの能力を養うものです。合宿研修の参加者は、ときに初対面の人間と研修当日にチームを組み、ビジネス基本スキルのほか、アクションラーニングやウォークラリーといったさまざまな共同作業に挑戦。頭と身体を存分に駆使して「1番で勝つ」ことを目的にメンバーそれぞれが個性を最大化し、チームとして成果を競ってもらうのです。そうした競争の結果は数値で可視化され、そこで浮き彫りになった行動特性は明確な論拠となってその後の個人指導やメンバーからのフィードバックに活かされます。そして、それがさらなる成長につながります。

 ここでチームビルディングの手法を重視する理由は、組織の一員として成果を上げることが、社会人としての評価そのものだからです。組織の一員として発揮された個性が他者からどう評価されるか。その他者評価と自己評価とのギャップを埋めていくことが、すなわち成長と言えるのです。

―そのギャップを認識するきっかけが、「競争」というわけですね。

 そのとおりです。ただし、ここでいう「競争」とは、同じことを同じルールで他者と「競う」ことで、自分との差、さらには理想と現実のギャップを感じることを指します。また、「争う」とは、あくまで過去の自分と争い成長を感じること。決して他者と争い、他者を負かして上に立つことを促す教育は行いません。この競争のなかで、参加者は良質な成功体験や失敗体験を重ねることで、チームで成果を出すことの意味や、社会で認められるとはどういうことかを学んでいけるのです。

預かっているのは「人材」ではなく「経営課題」

―競争体感型研修において、大切にしていることはありますか。

 我々が経営者から預かっているのは、「人材」ではなく、「経営課題」そのものだとの姿勢を大切にしています。ですから、研修を行う際は、必ず人材育成の目的、すなわち、どのような経営課題を解決するために人材育成を必要としているのかを必ず確認しています。その意味では、当社はたんなる研修コンテンツ会社ではありません。経営者の課題に向き合い、人材育成を通じて課題を解決し、持続的成長へと導くパートナーだと自負しています。

 当社では「合宿研修」の後、通学型の「アカデミー研修」も用意しており、合宿研修で得た「行動変容」を日常の行動へと習慣化した「行動定着」に高めるための仕組みも提供しています。人材育成に課題を感じている経営者のみなさんには、ぜひいちど「競争体感型」研修を試していただきたいです。

米川 幸次(よねかわ こうじ)プロフィール

1973年、千葉県生まれ。1997年、明治大学法学部を卒業後、株式会社学生援護会(現:パーソル株式会社)を経て、2000年、創業期の株式会社エスプールに入社。人材事業部門、コンプライアンス部門などで従事し、2006年より現職。

高井 淳(たかい じゅん)プロフィール

1975年、神奈川県生まれ。2000年、法政大学工学部を卒業後、金融、ソフトウェア開発会社などを経て、2009年に株式会社情報戦略テクノロジーを設立し、代表取締役に就任。

中西 誠(なかにし まこと)プロフィール

1976年、大阪府生まれ。大手人材派遣会社に創業期から携わり、派遣社員のみならず、社内、取引先の採用コンサルティングと人材育成にも携わる。現在は要望があれば講師として、就労意欲を喚起する就業支援研修から販売促進、組織力強化などヒューマンスキルに特化した研修を行っている。

株式会社エスプール

設立 1999年12月
資本金 3億7,220万円(2019年5月末現在)
売上高 147億9,700万円(2018年11月期)
従業員数 672名(2019年5月末現在:連結)
事業内容 ビジネスソリューション事業、人材ソリューション事業
URL https://www.spool.co.jp/

株式会社情報戦略テクノロジー

設立 2009年1月
資本金 5,000万円
従業員数 170名(2018年10月1日現在)
事業内容 大手優良企業特化型システム内製支援事業
URL https://www.is-tech.co.jp/

株式会社ディプレ

設立 2006年5月
従業員数 14名
事業内容 チームビルディング合宿研修、人事コンサルティングなど
URL http://www.deple.jp/
チームビルディング研修に関する
お問い合わせはコチラから
03-5366-9556 (平日10:00〜18:00)
info@deple.jp
シビアな「競争」経験で磨かれてこそ、市場で勝てる強いチームはつくられる

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします!

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

経営各分野における、プロフェッショナルたちのインタビューを掲載。 雑誌とWEBで、約60,000名の経営者へ経営のヒントとなる情報をお届けしております。

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

pagetop