累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
オフィスの経営者インタビュー

三菱地所株式会社 都市開発一部 楠本 隼輝

ベンチャー企業のさらなる成長を促す「最新版」オフィスビルの選び方

成長期のベンチャー企業にとって、その後の成長を左右するオフィス選びは重要な経営戦略のひとつといえる。戦前のビルが建ち並ぶ東京の「丸の内エリア」を世界的なビジネスエリアに再開発した三菱地所で、オフィス事業を担当する楠本氏は、「オフィスを『有機的に人のつながりを生み、企業の成長を促す場』ととらえるべき」と語る。同氏に、ベンチャー企業が成長するためのオフィス選びのポイントなどを聞いた。

※下記は経営者通信52号(2019年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

成長ベンチャーこそ、オフィスに投資をしている

―ベンチャー企業の経営者はいま、オフィスにどのような機能を求めているのでしょうか。

 オフィスを単に「働く場」ではなく、「働く社員のモチベーションや創造性が高まる場にしたい」という考えが広がっています。そのために、内装のデザイン性を高めるほか、機能的な什器を購入するといった取り組みも見られますが、一方で、「それだけでは不十分」と考える経営者も増えています。というのも、どんなにオシャレで機能性に富んだオフィスであっても、たとえば部門同士が間仕切りで遮断されて連携が取りにくいようなレイアウトであれば、社内コミュニケーションが取れずに業務が滞ってしまう可能性があります。

 そこで、社員同士の知識や情報の共有が進み、新たなビジネスの発想や可能性が生み出される機能を、オフィスに求めているのです。

―一方で、オフィスにかかるコストを抑えたいと考える経営者は多いです。

 一概にそうともいい切れません。特に成長しているベンチャー企業の経営者に目立つのが、「オフィスは投資」という考えです。たとえば、社員がいつでもどこでも働けるテレワークを導入している企業では、オフィス機能を強化する考えが強い傾向にあります。社員が自由に働ける環境を用意しているので、普通ならばオフィス機能を縮小しそうですが、その逆です。ある経営者は、「社員同士が顔を合わさず自由に働く時間が増えているからこそ、集まったときに濃密なコミュニケーションが取れるオフィスにしたい」と語っていました。社員の創造性が企業の成長を左右するという考えから、営業戦略やマーケティング戦略と同様に、オフィス選びを重要な成長戦略ととらえる経営者が多くなっているのです。

―企業の成長につながるオフィスとは、どのようなものでしょう。

 私たちは、「有機的に人のつながりが生まれるオフィス」だと考えています。集まった社員同士による自然発生的なコミュニケーションにより、イノベーティブな発想がどんどん生まれるオフィス。さらには、社外関係者とも交流を深めることで、ビジネスへのシナジー効果が期待できるオフィスです。これらのオフィスは、都心部を中心に供給され始めていますが、まだまだ不足しています。そこで当社は、これらのコンセプトを取り入れたワンフロア30 ~100坪のオフィスビル『CIRCLES』を開発しました。

社員が集まるオフィスで、定着率も高まる会社に

―どんな特徴があるのでしょう。

 「集まって働く」をテーマに、社員の生産性やオフィス環境の快適性を高める空間を充実させました。具体的には、まずビルの1階にテナント企業の社員が自由に出入りできるカフェラウンジを設けました。開放的な空間を休憩や打ち合わせに活用でき、ほかのテナント企業の社員との交流が生まれる場にも。そして、屋上には水回りのあるテラスを用意し、ランチや休憩時に社員同士のコミュニケーションの場となるほか、取引先などを招いた親睦会も開けます。さらに、執務空間にも自然の風と光を感じながらリラックスできるバルコニーを設けました。そのほか、フリーアドレスやリラックススペースの設置など、社員同士の会話が弾み、浮かんだアイデアをすぐに共有できるオフィスデザインをあらかじめ用意した家具つきフロアも提供しています。

―オフィスを企業成長につなげたいベンチャー企業の経営者へアドバイスをお願いします。

 オフィスへの投資は、優秀な人材を獲得しやすくする効果を生み出します。さらに、働く社員のモチベーションも高まり定着率も上がります。そんなオフィス環境を整備した『CIRCLES』を、まずは今年の夏から冬にかけて、汐留、銀座、日本橋馬喰町で供給し、その後は東京都心5区を中心に年間5棟前後のペースで開発します。「社員が集まって働く時間を大切にして、企業を成長させたい」と考えているのであれば、ぜひ『CIRCLES』を利用してほしいです。

楠本 隼輝(くすもと はやき)プロフィール

1994年、神奈川県生まれ。東京大学経済学部卒業後、三菱地所株式会社へ入社。オフィスビルの企画・開発業務に従事し、2018年から中小規模クラスの新オフィスビルシリーズ『CIRCLES』の開発に携わる。

三菱地所株式会社

設立1937年5月
資本金1,421億4,796万7,178円
売上高1兆2,632億8,300万円(2019年3月期:連結)
従業員数9,439名(2019年3月期:連結)
事業内容オフィスビル・商業施設などの開発・賃貸・管理、収益用不動産の開発・資産運用など
URLhttp://www.mec.co.jp
お問い合わせはコチラから03-3510-8095
(平日9:30~17:30)

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/17~9/15

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop