累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
IT投資・コンサルティングの経営者インタビュー

株式会社Odd-e Japan 代表取締役 江端 一将

改善サイクルをすばやく回し時流にあったサービスの開発を加速させる

トレンドの変化が激しい現代の経営環境で、企業には時流を読みつつスピード感をもったサービス開発が求められている。こうした“攻め"のサービス開発について、「アジャイル開発(※)と呼ばれる手法で実現できる」と強調するのは、Odd-e Japan代表の江端氏。同氏は、アジャイル開発にかんする各種資格を国際レベルで認定する団体「スクラム アライアンス」から日本人として唯一「トレーナー」に公認されている。現在の経営環境に適したサービス開発手法について、江端氏に聞いた。

※アジャイル開発:アメリカで提唱された、俊敏なソフトウェア開発をめざす手法の総称。具体的な開発手法である「スクラム」とほぼ同義で扱われることも多い

※下記は経営者通信51号(2019年6月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

手法を根本から見直して“攻め”の開発を実現

―企業のサービス開発を取り巻く状況を教えてください。

 アプリやゲーム、企業向けシステムなど領域を問わず、新しいサービスをいかに早くリリースできるかが、以前にも増して求められています。

 SNSの普及にともない、競合企業の情報があふれるなか、新しいサービスはどんどん陳腐化。結果、つねに新しさを求め続けるユーザーは従来のモノに飽きやすくなっています。さらに、海外のサービスを国内企業がもち込んだり、日本で事業展開する海外企業が増え、グローバル間で競争が激化することも予想できます。

 こうした厳しい経営環境でファンを獲得し続けていくには、市場のトレンドを迅速に把握し、新しいサービスに反映させることが重要。そのためには、サービスの開発手法を根本から見直し、次々と新サービスを短期間でリリースし続ける“攻め"の姿勢が求められると考えています。

―迅速なサービス開発はどうすれば実現できるのですか。

 たとえば、「アジャイル開発」と呼ばれる手法を採用すれば、従来より迅速で柔軟なサービス開発が可能です。

 古くから用いられている主要な開発手法は、「ウォーターフォール型」と呼ばれています。その名のとおり、水が上から下へ流れ落ちるように、大きな開発プロジェクトを要件定義から設計、開発、テストという順番で腰をすえて取り組むのが特徴。各工程を終えたら上流の工程には戻らないことが前提なので、開発チームは当初の計画をいかに確実に実行し、完璧と思えるモノをつくりあげていくかが求められます。

 一方でアジャイル開発は、プロジェクトを小さな機能別にわけたうえで、短期間でサービスをリリースすることが前提。短いスパンで開発とテスト、リリースを繰り返しながら、サービスの完成度を徐々に高めていくのです。

不確実性が高い経営環境で開発上の判断を早められる

―アジャイル開発を行うメリットを教えてください。

 テスト工程に入るまでの時間が短く、実際に動く画面や機能を早期に確認できることです。ここで仕様上や戦略上のミスを発見できれば軌道修正を行い、問題がなければすぐにサービスをリリースできる。そのぶん、ユーザーからのフィードバックも早くえられ、より市場の時流にあった開発ができます。

 ウォーターフォール型の場合は、リリースするまでの時間が長いため、市場のトレンドに沿わない製品をつくってしまうリスクが生じます。

 市場のトレンドが急速に変化する、不確実性の高い経営環境だからこそ、アジャイル開発は新規サービスの開発に適した手法といえるでしょう。

―しかし、手法そのものを変えるのは簡単ではなさそうです。

 確かに、まったく異なる開発手法を採用することは簡単ではありません。そのため、アジャイル開発に詳しいわれわれのようなパートナーをもつことが重要です。

 アジャイル開発のルールは書籍でも学べますが、心構えを含めたすべての要素を独学で身につけるには限界があります。たとえば、「開発途中で発見した問題の対処を先送りしないこと」はアジャイル開発で大切な心構えですが、テスト工程を長期スパンの最後に行う従来型の手法に慣れていると、対処を後回しにしがち。結果、アジャイル開発のメリットを享受できず、導入をあきらめてしまう事例も多くあります。これは非常にもったいない。まずは、知見のあるパートナーからアドバイスをえながらつまずきを克服し、実践していく。それが、当社が企業を支援してきた経験上から大切なことだと考えています。

―最後に、「迅速なサービス開発でさらなる成長をめざしたい」と考える経営者にアドバイスをお願いします。

 エンジニア不足が深刻化するなか、サービス開発を外部に委託することもあるでしょう。そうした場合も、アジャイル開発を含めた複数の開発手法を使えるパートナーを選ぶことが大切です。当社では、アジャイル開発にかんする研修のほか、サービス開発の受託も行い、柔軟なカタチでお客さまのサービス開発を支援・加速化させています。関心のある経営者の方は、ぜひお問い合わせください。

江端 一将(えばた かずまさ)プロフィール

1979年、愛知県生まれ。鉄鋼会社や金融系の情報配信会社を経て、アメリカ人のパートナーと2009年に株式会社Odd-e Japan(オッドイー・ジャパン)を立ち上げ、代表取締役に就任。「スクラム」と呼ばれる開発手法を国際的に普及する団体、Scrum Alliance(スクラム アライアンス)が公認するトレーナー(Certified Scrum Trainer)でありながら、同トレーナーの育成組織でアジア地域におけるリーダーも担当。スクラムの普及と後進育成を担っている。

株式会社Odd-e Japan

設立2009年9月
資本金10万円(2018年12月末現在)
売上高4億5,000万円(2018年12月期)
従業員数16名(2018年12月末現在)
事業内容アジャイル開発にかんする企業向けのコーチング、コンサルティング、書籍の輸入・出版・販売、ソフトウェアの受託開発など
URLhttps://www.odd-e.jp/
お問い合わせメールアドレスcontact-ja@odd-e.com
アジャイル開発にかんするお問い合わせはコチラから03-5829-8818
(平日10:00~19:00)

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/21~9/19

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop