累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
人事・労務の経営者インタビュー
[PR]

株式会社コンサルティングZERO 代表取締役 松本 和義

育成の基準を明確化し実行に移すコアメンバーを選べ

すべての企業にとって人材育成はもっとも重要なテーマのひとつ。とくに中小企業では、一定水準で育成を継続できる仕組みづくりが難しい。そんななか「凡事徹底」や「人づくり内製化」を掲げ、徹底したカスタマイズで成果をあげているのがコンサルティングZEROだ。代表の松本氏に人材育成の仕組みの構築法について聞いた。

※下記は経営者通信35号(2015年2月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

気づきにつながる“機会”をさまざまな形で与えよ

―人材育成において、とくに中小企業が陥りがちな課題はなんですか。

部署長やチームリーダーなどの個人にまかせている点です。 1つ目の課題は、指導者によって手法や考えが異なるため、部署ごとに育成法が違うこと。全社基準で標準化されていないため、会社が期待する人材を育成することができません。 2つ目の課題は、指導者と育成対象者の相性に左右されること。指導者にとって育成しやすい社員は成長しますが、合わない社員はいつまでたっても成長できない。 本来は入社後1年経った社員はすべて「70点」レベルに達する育成の仕組みが必要。残りの30点を、上長や先輩の経験や努力で積み上げていくべきなんです。

―どうすれば、そういった課題を解決できるのでしょうか。

まずは、人材育成に必要な基準を明確にしていくことです。会社が目指す方向性や、何を大事にして仕事をするのかを明文化し、理念(クレド)を構築します。また、もっとも基本的な、働くうえで当たり前のことを徹底して教える「凡事徹底」。さらに、オペレーションマニュアルやOJT研修によって、実務でやるべきことを教えていきます。最後に、評価制度を確立します。 次に大切なのは、基準を実行に移すコアメンバーの選定です。推進者がいなければ、せっかく整備した基準も風化しがち。最初にコアメンバーを選んで意識づけし、実行させていくことが必要です。

―とはいえ、それを自社で徹底するのは難しいのではないでしょうか。

コンサルタントを利用する手があります。とくに、基準の明確化と、それを業務に落とし込み推進するコアメンバーの育成をまかせるのがいいでしょう。 当社のサービスでは、まず顧客企業の人材育成力を診断します。その後、もっとも大切な基本的業務を遂行できる人材を育成する「凡事徹底」コンサルティングを提供。さらに、企業の理念=クレドを構築し浸透を図ります。最後に、人材育成の仕組みを根付かせる「人づくり内製化」コンサルティングを行います。これによって、自社内で人材を育成する仕組みをつくり上げるのです。 徹底的なカスタマイズがいちばんの特徴で、たとえば、最初におこなう人材育成力診断では、100名前後の企業であれば30~50人のメンバーにじっくりインタビュー。そこから、管理職の課題を把握し、強化メニューの提示や組織体制変更の提案をしていきます。

―人材育成に悩む経営者に、アドバイスをお願いします。

人を変えるには、「インパクトと回数」が重要です。社員の価値観の転換を促すような機会(インパクト)を与えること。そして、手を変え、品を変え、そうした機会を、できるだけ多く与え続けてください。人材育成には工夫と根気が不可欠なのです。

松本 和義(まつもと かずよし)プロフィール

大学を卒業後、京セラコミュニケーションシステム株式会社(現:KCCSマネジメントコンサルティング株式会社)で、人材開発コンサルタントに携わる。稲盛哲学に基づく理念浸透コンサルティングの提供および「アメーバリーダー」の育成に従事。その後、株式会社フェイス総合研究所へ入社。コンサルタントとして数年間トップの成績を収め、29歳で取締役社長に就任した。さらに、自らの会社を起こす決意を固め、株式会社コンサルティングZEROを設立し代表取締役に就任。

株式会社コンサルティングZERO

事業内容 人材開発・組織開発コンサルティング、法人向けコンサルタント養成コンサルティング
URL http://cst-zero.com/
お問い合わせ電話番号 03-4570-0767
お問い合わせメールアドレス info@cst-zero.com

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:11/9~12/8

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop