累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
特別企画

株式会社拓人 代表取締役社長 松田 正男

塾のFCビジネスで加盟企業の売上アップを実現

個別指導塾「スクールIE」(小中高生対象)を軸に全国700教室以上を展開する拓人。少子化で塾業界の競争が激化する中、同社は※10期連続で2ケタ成長を達成している。今回は代表の松田氏に成長の理由、独自の教育論などを聞いた。

※下記は経営者通信5号(2010年3月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―御社は今期まで10期連続で2ケタ成長を達成しています。高成長の理由を教えてください。

松田:生徒の学力を確実に伸ばしているからです。学習塾のビジネスはその一点に尽きると思います。私たちは生徒の学力を伸ばすため、徹底的に“学習の見える化”に取り組んできました。その“学習の見える化”において、私たちは独自のシステムを持っているんです。それが高成長の理由です。

―どのような独自システムを持っているんですか?

松田:ふたつの独自システムがあります。ひとつが「ETS」と言って、やる気アップシステムです。この「ETS」は、生徒の性格・特性を総合的に理解するためのシステム。約200問の質問に生徒に答えてもらうことで、生徒の性格、思考法、行動特性、生活習慣、家族との関係性などが分かります。さらに“向いている職業”まで分かるんです。 その後、講師が「君の特性を分析した結果、君にはこんな職業が向いているみたいだよ」と生徒に語りかけます。すると、生徒が職業に興味を持ち、自分の将来をイメージするようになります。そして、目の前の勉強が自分の将来とつながり、「勉強をする理由」が理解できるようになる。このように生徒の"やる気スイッチ"を入れるわけです。この"やる気スイッチ"を入れることができれば、あとは生徒自身が自主的に勉強に励むようになります。

―生徒に「勉強をする理由」を気づかせて、やる気を引き出すわけですね。では、もうひとつのシステムについて教えてください。

松田:もうひとつが「PCS」、成績アップシステムです。この「PCS」は、生徒の詳細な学力を把握するシステムです。このシステムを使えば、生徒が「理解している点、理解していない点」を単元(学習内容のまとまり)ごとに把握できます。また単元のつながりを系統図として表し、小学校1年生から高校3年生まで関連づけています。ですから生徒が理解していない単元については、学年を超えて復習することが可能となります。 私たちはこのETSとPCSの分析結果により、生徒の「現在地」と「将来の目的地」を可視化しているんです。そして、実現可能な短期目標を設定し、目標までの距離を明確化します。つまり“上るべき階段”を明確にして、生徒一人ひとりに合った学習カリキュラムを作成するわけです。そして、これらの内容を生徒、親御さん、講師が共有します。これこそが、私たちが構築した“学習の見える化”の仕組みなんです。この仕組みによって、ほぼすべての生徒の学力を伸ばすことが可能となりました。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:11/9~12/8

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop