累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
注目企業の経営者インタビュー
[PR]

サイベイト株式会社 代表取締役社長 西坂 勇人

サイベイト流理念経営 不況下でも継続成長を実現

「ぜひ御社の○○さんにお願いしたい」、「おたくの担当者は絶対に代えないでくれ」。そんな風に社員がクライアントから熱烈に支持されている会社がある。看板の一括施行・メンテナンスなどを手がけるサイベイトだ。同社は「成長と貢献」という理念を掲げ、“人間力”ある人材を育成してきた。この社員の“人間力”が成長の原動力となり、不況下でも過去最高益を達成する見込みだ。今回は代表の西坂氏に、サイベイト流の理念経営について聞いた。

※下記は経営者通信5号(2010年3月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―この不況下でも、御社は継続的に成長を続けています。成長の理由は何ですか?

西坂:まずビジネスモデルの強さですね。当社は看板業界のインフラ企業として、全国の看板会社4200社をネットワークしています。そして、そのネットワークを活かし、大手FCチェーンなどから看板関連業務をワンストップで請け負っているんです。具体的には、看板の一括施行・取り付け、看板の修理・消耗品交換・クリーニングなどを行っています。従来このような看板関連業務は、企業が全国の看板会社などに個別に依頼していました。ただし、これはコスト・スピードの面で問題がありました。たとえば大手飲食FCチェーンが全国200店舗の看板を一斉変更する場合、各地の看板会社に施行を個別依頼し、その施行管理まで行う必要があったんです。この業務には膨大な手間とコストがかかります。でも当社に窓口を一本化すれば、コストが削減でき、施行も数日程度で完了します。つまり、当社に依頼すれば、クライアントはコスト削減とスピード化が実現できるというわけです。

―なるほど。そのビジネスモデルが多くの企業から支持されているわけですね。

西坂:はい。でも、当社の強みはビジネスモデルだけじゃありません。最大の強みは社員の“人間力”だと自負しています。これは以前にVCのドリームインキュベータさんが分析してくれました。経営コンサルタントが当社の社員をインタビューし、過去の取引内容なども洗いざらい調べました。その結果、サイベイトの強みは、社員の❝人間力❞だと結論づけられたんです。たしかに、うちの社員はよくクライアントからほめられるんです。「おたくの社員はつい応援したくなるね」、「ずっと御社を使うから、担当者は絶対に代えないでよ」と。まるでクライアントに自社の社員のように可愛がっていただいています(笑)。

―なぜ御社の社員には❝人間力❞があるのですか?

西坂:当社の理念である「成長と貢献」が社員に浸透しているからだと思います。実際、社員同士の会話の中でも「成長と貢献」というキーワードはよく出てきますね。社員の行動指針として、理念が自然に浸透しているんです。このように理念が浸透している理由は、当社の採用方法にあります。そもそも、当社は自社の理念に共感してくれる人しか採用していません。「より大きな貢献のできる人間になりたい」。そんな強い想いを持った人だけを採用しているため、社員に理念が浸透しやすいんです。また、今の若い人は「成長と貢献」というキーワードに強い興味を示します。やはりライブドア事件やリーマンショックなどの影響があるのでしょう。今、若い人の中では「金儲け」ではなく「社会貢献」の意識が強まっていると感じています。

「成長と貢献」とは、どのような理念なのか

―「成長と貢献」とは、どのような理念なのでしょうか。

西坂:この理念は私の人生観そのものです。私はもともと利己的な人間でした。でも、30歳になった頃、何かが違うとだんだん感じ始めたんです。いくらお金を稼いでも、どこか虚しいと感じるようになったんです。いったい自分は何のために生きているのか。人間の幸せって何だろう。そういう根本的な問いにぶち当たりました。有名な「マズローの5段階欲求説」ってありますよね。その最上段は「自己実現」です。でも、私は「自己実現」の上に、「貢献」という欲求があるんじゃないかと考えました。家族や友人などに「ありがとう」と言われる。日々の仕事を通じて、クライアントのお役に立つ。業界を変革して、多くの人を幸せにする仕組みを作る。そういう「貢献」をするために、人は生きているんじゃないかと。そして自らを「成長」させられれば、より大きな「貢献」が実現できます。ですから、人はより大きな「貢献」をするために、自らを「成長」させていく。私はこのプロセスこそが人生だと考え、「成長と貢献」という理念を掲げるようになったわけです。

―なぜ「成長と貢献」という理念によって、社員の“人間力”が育まれるのですか?

西坂:一般的に仕事のモチベーションってお金じゃないですか。一方、当社の社員のモチベーションは、「成長と貢献」。カネじゃないんです。実際、当社の理念に共感して、年収3000万円の地位を捨てて、当社で年収300万円で働き始めた社員がいます。そして当社の社員は、常にクライアントへ「貢献」するために一生懸命働きます。つまり、顧客第一主義が徹底されているんです。たとえ短期的に自社の利益につながらなくても、顧客に貢献できるサービスを提供する。この姿勢が社員の❝人間力❞につながっているのだと思います。

―最後に、今後のビジョンを教えてください。

西坂:いま世界は資本主義の価値観で動いています。資本主義の世界では資本、つまり「カネ」が第一です。しかし、この「カネ」が第一という価値観によって、理不尽な状況に苦しめられている人が大勢います。たとえば、日本では自殺者が毎年3万人を越えています。これだけ経済的に豊かな国なのに、なぜ自ら命を絶ってしまう人がいるのか。私はここに資本主義の“歪み”が表れていると思うんです。だから、当社が資本主義に代わる価値観を世の中に発信したい。それが「成長と貢献」という価値観なんです。「カネ」ではなく「貢献」が第一という価値観が広まれば、もっと世界は良くなる。私はそう強く信じています。

 そのために、当社は「成長と貢献」をベースにした組織を作り、結果として経済的にも成長していきたいと考えています。そのプロセスとして、近い将来のIPO、グローバル展開も考えています。それによって、資本主義以外の価値観でも企業は成長できると証明したい。そして「成長と貢献」という価値観を世の中に広めていきたいと思います。

西坂 勇人(にしさか はやと)プロフィール

1971年、大分県生まれ。大学を卒業後、商社に入社。2000年に看板会社の総合ポータルサイト「看板ナビ」を運営する有限会社リスペクト(現:株式会社リスペクト)を設立。その後、順調に看板会社の会員数を増やし、2005年6月に看板のメンテナンス事業を行うサイベイト株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。

サイベイト株式会社

設立 2005年6月20日
資本金 1億2,400万円
従業員数 27名
事業内容 全国展開チェーン本部向け看板のメンテナンス・保守管理、全国展開チェーン本部新規出店のコスト低減サポート
URL http://www.signovate.co.jp/
お問い合わせ電話番号 03-5695-7481

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:6/25~7/24

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop