累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
人事・労務の経営者インタビュー
[PR]

株式会社リアライブ 代表取締役 柳田 将司

「先んずれば新卒採用を制す」が勝つ法則と知っていますか?

「2016年新卒者の就活スケジュールが3ヵ月繰り下がるというが、ウチにどう影響するのかわからない」。そう思っている経営者が多い。2年間に200社以上の新卒採用を支援した実績をもつリアライブ代表の柳田氏は「採用手法を変えなければ、中小・ベンチャー企業は新卒採用で苦戦する可能性が高い」と指摘する。しかし「早期接触を始めれば、知名度のない企業でも優秀な人材を確保できる」とも。具体的な方法を同氏に聞いた。

※下記は経営者通信33号(2014年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―2016年卒学生の採用活動は来年3月解禁と、従来よりも3ヵ月後ろ倒しになります。中小・ベンチャー企業にどんな影響がありますか。

柳田:就職情報サイトを利用する従来の採用方法では30%以上、エントリー数が減ると予想されます。就活期間が短くなるので、「内定を得た後も、よりよい会社を探して就活を続ける」という学生が減る。しかも、学生の多くはまず大手企業からエントリーするので、中小・ベンチャー企業が学生にアピールできるチャンスが大幅に減少するからです。さらにいま、アベノミクスの効果で新卒採用は完全な売り手市場に。それが、この傾向に拍車をかけるのは確実です。

―対策はありますか。

柳田:早期接触を実施することです。入社する1年前の3月には内定を出す。そのために、入社1年半前の12月から2月の間に選考するのです。優秀層の確保には、早期接触が肝になります。というのも、就活を早く始める学生ほど、ビジネスパーソンとして早く活躍したいという意欲が高い傾向があり、企業の求める人材に近いからです。「活動開始時期」と「人材の質」は比例するというデータがあります。

―まだ就職情報サイトがオープンしていないのに、どうやって採用活動をすればいいのでしょう。

柳田:企業と学生とのマッチングイベントをおススメします。イベントは優秀層に直接、魅力づけができるので、中小・ベンチャー企業に向いています。たとえば当社では、年間250回、来場者の総数は1万2,000名超という規模でイベントを開催。参加者の大学レベルはMARCH以上が6割を超えています。

―マッチングイベントを活用して早期採用に成功した事例を教えてください。

柳田:設立から2年目の広告系ベンチャーが、当社が開催するマッチングイベントに参加し、そこで出会った大学3年生へ3月に内定を出した。その後、彼は電通からも内定を得たが、最終的にそれを断って、ベンチャーへの就職を選びました。イベントをきっかけに早くから自社の魅力を印象づけていたため、採用戦線で勝利することができたのです。ほかにも、これまで採用できなかった早慶出身者を採用できた不動産ベンチャーや、三菱商事も内定を出した人材を獲得できたITベンチャーなど多くの成功例があります。

―知名度のない中小・ベンチャー企業がイベントに参加しても、学生のエントリーを獲得できるか不安です。

柳田:当社のイベントなら大丈夫です。中小・ベンチャー企業がメインですから。それでも多くの学生を集められるのは、イベントの内容で訴求しているからです。たとえば、現段階でのビジネスパーソンとしての能力がわかるビジネスゲームを実施しています。成長志向が高く、ベンチャー企業の求める要件とマッチしている素養をそなえている学生が多いわけです。

―イベント以外の方法はありますか。

柳田:ソーシャルメディアで広報する方法があります。早期から活動している学生は、ソーシャルメディアで就活情報を収集しています。当社の広報サービスを活用すれば、就活生のフォロワー70万にアプローチ可能。掲載企業の多くが埋もれてしまう就職情報サイトと違い、効果的に広報することができます。また、企業それぞれの人材要件にあわせて、ピンポイントで学生を動員することも可能です。

―優秀な人材を確保したい経営者にアドバイスをお願いします。

柳田:いますぐ早期接触にむけて動いてほしい。入社1年前には確保したい人数分の内定を出しておく。その後、内定辞退者が出たときの備えとして、就職情報サイトによる従来型の採用活動を実施する。これが、中小・ベンチャー企業の多くにとって望ましい採用のあり方だと思います。

柳田 将司(やなぎだ しょうじ)プロフィール

1982年、兵庫県生まれ。2007年に同志社大学文学部を卒業後、株式会社ベンチャー・オンライン(現:株式会社ウィルプラウド・ホールディングス)へ入社。新卒採用コンサルティング業務に携わる。2009年に株式会社ガクー取締役に就任。大学生向け就職支援塾を立ち上げ、業界最大手に成長させる。2012年4月に株式会社リアライブを設立、代表取締役に就任。年間1万2,000名の学生を企業とのマッチングイベントに集め、ベンチャー企業の新卒採用を強力に支援している。

株式会社リアライブ

設立 2012年4月
資本金 1,000万円
従業員数 52名(アルバイト・インターン含む)
事業内容 新卒採用コンサルティング事業、新卒マッチングイベント事業、ソーシャルリクルーティング事業、インターンリクルーティング事業、メディア事業、グローバル採用支援事業、組織変革・人材育成コンサルティング事業、大学・行政向けキャリア・就職支援講座の企画運営、大学生向けキャリア・就活支援の場「Re college」の企画運営
URL http://realive.co.jp/
お問い合わせ電話番号 03-6418-6090(受付時間 平日9:00~18:00)
お問い合わせメールアドレス nfo@realive.co.jp

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/28~9/26

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop