累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
IT投資・コンサルティングの経営者インタビュー

株式会社オロ 代表取締役 川田 篤

利益管理を徹底し、自社の利益を最大化する

オロは1999年設立のITベンチャー。統合業務システム「ZAC(ザック)」の開発・提供を通じて、中堅・中小・ベンチャー企業の成長をサポートしてきた。この「ZAC」の特徴は、案件単位の利益管理が容易にできること。同社自身が11期連続黒字を実現している理由も、この“案件単位の利益管理”にあるという。一体どうすれば、企業は継続的に利益を生み出せるのだろうか。今回は代表の川田氏に話を聞いた。

※下記は経営者通信6号(2010年5月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―御社は統合業務システムの開発・提供を通じて、数多くの成長企業をサポートしてきました。成長企業が陥りがちな問題点を教えてください。

川田:利益管理を怠りがちなことです。多くの成長企業は、商品力を武器にして売上を伸ばしていきます。そして、売上が伸びれば自動的に利益も伸びるので、自然と売上重視の組織風土が生まれます。また"どんぶり勘定"でも会社が成長するので、利益管理を怠りがちになるんです。しかし、今回のような突然の不況が訪れた時、そのツケは回ってきます。そもそも、自社は何で儲かって何で損をしているのかが分からない。部門単位や案件単位の収益が把握できていない。だから自社の業績が悪化した時、細かい検証と改善ができないわけです。このような状況に陥った後で利益管理の仕組みを導入しても、もはや手遅れです。すでに売上重視の風土が組織に根付いており、なかなか利益管理の仕組みが定着しないからです。いきつくところは、オフィスの縮小移転、ボーナスのカット、人員削減...。次第に会社の雰囲気も悪くなり、優秀な人材が離れていってしまいます。

―今回の不況で、実際にそのような状況に陥った企業もたくさんあるでしょうね。そもそも利益管理とは「粗利」を管理すればよいのでしょうか?

川田:いえ、「粗利」の管理だけでは不十分です。「営業利益」を管理しなければ、正しい経営判断ができません。たとえば当社がヒアリングした企業の中に、こんな事例がありました。A社は2つの事業を展開しており、第1事業部の粗利率が高かった。そのため、A社は経営資源を第1事業部に集中投下していたんです。しかし、決算時期に営業利益を算出したところ、重大な事実が発覚しました。なんと第1事業部は黒字スレスレ。第2事業部の方が、営業利益率が高かったんです。その理由は間接部門の人件費差にありました。

―「営業利益」まで算出しなければ、誤った経営判断を下す危険性があるわけですね。では、どうすれば自社の利益を最大化できるのでしょうか?

川田:正確な原価計算をベースにした利益管理を行うことです。その第一歩として、データの重複入力を無くさなければいけません。見積書や請求書の情報を始め、顧客やサプライヤーの情報、従業員の労務時間など、あらゆるデータを全社で一元管理する。  このシステムを社内に構築する必要があります。正しいデータが1ヵ所に集約されていれば、あとはデータを様々な角度から切り出せばいいだけ。たとえば、案件単位、社員単位、時間単位の利益を算出する。その際、「粗利」ではなく「営業利益」を指標にすべきです。  次に、全社員に数字を公開することが重要です。自分自身の利益額や生産性が数字で見えれば、社員一人ひとりが利益を意識しながら仕事をするようになります。そして現場社員の意識レベルが上がれば、「売上重視の組織」から「利益重視の組織」に脱皮できます。  ただし、細かい利益管理にはITシステムが必要です。エクセルでの原価計算は難しいし、手間がかかってしょうがない。業務単位の労務時間を集計しても、売上や間接費にひもづけるのは難しい。だから、当社が基幹業務システム「ZAC」を開発したわけです。

―しかし、基幹業務システムの導入には数千万円の投資が必要だと思います。果たして投資金額以上の効果が得られるのでしょうか?

川田:細かい利益管理を行えば、計画的に利益を生み出すことができます。そもそもZACの料金は業界相場の約1/3。小規模な組織であれば、初期費用300万円、月額25万円程度から導入が可能です。利益管理が不十分な企業は、投資金額以上の効果が得られると思います。

―ZACを導入することで、具体的に何が実現できるのですか。

川田:案件単位の利益管理がリアルタイムで可能になります。だから、経営者が知りたい数字をいつでも知れるようになる。いちいちマネージャーに「先月は思ったより利益が出なかったけど、何が悪かったのかな?」なんて聞く必要がなくなるんです。そして経営判断のスピードと精度が増し、計画的に利益を生み出せるようになります。他には、管理部門のオペレーションリスクが低下しますね。請求書の未発行、売掛金の未回収、買掛金の未払いなど、管理部門のミスが激減する。管理部門の業務効率が向上するので、人件費の抑制にもつながります。今後も当社はZACの改善を繰り返し、クライアントの継続成長をサポートしていきます。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/30~9/28

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop