累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
著名経営者の経営者インタビュー

NSGグループ 代表 池田 弘

逆境を突破できる経営者の条件

NSGグループは29校の専門学校を中心に、大学院大学、大学、高校、学習塾、医療法人、社会福祉法人、資格検定試験事業、出版事業などを展開する一大企業グループである。同グループを率いる池田弘氏は幾多の逆境を乗り越え、NSGグループを一代で年商330億円超の企業グループに育て上げた。また、地元のサッカーチーム「アルビレックス新潟」の経営再建も実現させている。今回は池田氏に経営者としてのこれまでの逆境と、その突破法を聞いた。

※下記は経営者通信8号(2010年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―池田さんは27歳で実家の愛宕神社を継ぎ、同じ年に現在のNSGグループを設立しました。当時はビジネスのノウハウも資金もなく、周囲の反対もあったと思います。そんな環境下で、どうやって事業を興したのでしょうか?

池田:当然、最初は父や氏子さんから猛反対されました。なぜ神主が事業を興すのかと。でも必死に夢を語って、理解を得ることができました。その夢とは、新潟に日本一の教育機関をつくること。そして、地元経済を活性化させることです。ありがたいことに、父からは500万円もの大金を借りることができました。また共同創設者のいとこも、彼の父から500万円を借りることができました。さらに銀行から2,000万円の融資を受け、神社の境内に2階建ての木造校舎を建設。その小さな校舎の中で、学習塾やカルチャースクール、語学学校、国家試験の受験塾などを始めました。

―校舎ができたとはいえ、まだ学校には何の実績もない状態ですよね。学校経営は順調に進んだのですか。

池田:いえ。最初の1年は苦労しましたね。当時はとにかくお金がありません。生徒数の見込みも立たない。ですから、講師の先生に来てもらうのも大変でした。そこで、先生にはとにかく夢を語りました。「新潟に日本一の教育機関をつくりましょう」と随分熱く語りましたよ。そうやって必死に想いを訴え、優秀な先生方に来てもらうことができました。

―周囲に夢を語ることで、創業期を乗り越えてきたんですね。その後、今日まで順調に成長してきたのでしょうか。

池田:いえ、決して順風満帆ではありませんでした。その中でも最大のピンチは設立7年目。当時、事業は順調に伸び、新しい専門学校の建設計画が進んでいました。でも、その年は見込んでいた売上が上がらなかったんです。当初の計画の8割ぐらいしか生徒が集まらなかった。このままでは、新たな専門学校の建設資金が底をつきてしまう。もし学校の建設が1年遅れると、今後の収益計画が大きく狂います。なんとかして追加資金を集めなければいけない。タイムリミットは1ヵ月でした。

―どうやって、そのピンチを乗り越えたのですか?

池田:金融機関に融資をお願いしました。ほとんどの金融機関には断られましたが、三井銀行(現:三井住友銀行)さんだけは熱心に話を聞いてくれました。私の地域活性化にかける想いを評価してくれたのかもしません。ただし、融資を受けるためには「綿密な事業計画書を提出する」という条件がありました。でも、私はきちっとした事業計画書を書いたことがない。すると、支店長さんが書き方を丁寧に教えてくれたんです。三日三晩つきあってくれた。結果、銀行の審査を通過し、融資を受けることができました。ただ、それでも資金が足りなかった。こうなったらランニングコストを徹底的に削るしかない。やむを得ず、社員のボーナスを減額しました。その時は社員一人ひとりと話をし、夢を語りましたよ。「地域のための専門学校をつくりたい。1年だけ辛抱してくれ」と。最後は堅い握手を交わし、なんとか理解してもらえました。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/30~9/28

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop