累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
IT投資・コンサルティングの経営者インタビュー

株式会社エヌネットワークス 代表取締役 成田 健

賢いサーバー運用管理術

サーバーの安定運用は、企業のリスクマネジメントにとって重要だ。もしサーバーがダウンすれば、Webサイトが閲覧できなくなり、企業の信用低下につながりかねないからだ。そして、今回はサーバー運用管理のスペシャリストであるエヌネットワークスを紹介したい。同社は低コストかつ安定的にサーバーを運用管理し、数多くの企業から支持を集めている。今回は代表の成田氏に、クラウド時代のサーバー運用管理術について聞いた。

※下記は経営者通信8号(2010年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―最近、「クラウド」というキーワードが話題になっています。クラウド型のサーバーのメリットとは何でしょうか。

成田:そもそもクラウドとは、インターネット上にあるハードウェア、ソフトウェア、データを利用できる技術のこと。そしてクラウド型サーバーの最大のメリットは"必要な時に必要なだけ"使える点にあります。柔軟性が非常に高いんです。たとえば、サーバー利用までの準備期間が非常に短い。従来、サーバーを利用しようと思ったら、準備期間が1ヵ月近く必要でした。ところがクラウドなら、わずか数時間でサーバーの利用を開始できるんです。また利用するサーバーのキャパシティも柔軟に拡張・縮小でき、キャパシティの上限もほぼありません。

―今後、すべてのサーバーがクラウド型に切り替わっていくのでしょうか。

成田:決してそんなことはないと思います。クラウド型サーバーは、あくまでも選択肢のひとつです。たしかにクラウド型サーバーのメリットは大きいですが、まだセキュリティや安定性の面で不安があります。また、料金が従量課金制のため、大規模サイトになるとコストがかさむというデメリットもあります。ですから、自社のWebサイトの状況に応じて、サーバーの運用管理法を変える必要があります。たとえば、コーポレートサイトなら安価なレンタルサーバーを使う。スタートアップ段階のWebサービスや、アクセス数が突発的に増えやすいソーシャルアプリなら、クラウド型サーバーを使う。そして大規模なWebサービスならデータセンターか、当社の提供している※MSPサービスを使うといいでしょう。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/27~9/25

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop