累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
特別企画

Mioオフィス(武蔵野総業株式会社) 代表取締役 太田 昇

さいたま市への支店開設が増える理由

いま、支店開設先として人気の都市がある。関東地方の中央部に位置する“さいたま市”だ。近年、北関東や東北、信越地域などへの販路拡大を狙う企業が相次いで支店を開設している。ただし、企業としては進出コストを抑えたい。そこで活用されているのがレンタルオフィスだ。さいたま市内5ヵ所にあるレンタルオフィス「Mioオフィス」でも、最近は支店開設のための利用が急増している。今回は、「Mioオフィス」代表の太田氏に、さいたま市に支店開設が多い理由、レンタルオフィスが利用される背景などについて話を聞いた。

※下記は経営者通信13号(2011年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―さいたま市に支店を開設する企業が増えています。なぜ、さいたま市での開設が多いのですか。

太田:一番の理由は立地です。さいたま市は関東中央にあり、北関東、東北、信越への玄関口にあたります。各方面へのアクセスも新幹線や高速道で整備されている。これら地域のマーケットが未開拓だった企業にすれば、支店開設には最適な場所です。支店開設では、中部や関西の会社で関東に新たに進出するケースが目立っています。企業側に話を聞くと、「取引先候補を探したら北関東、東北、信越地域の企業が多かった」、「工場などの関連拠点が北関東、東北、信越地域だった」という声が多く聞かれます。また最近は、海外法人が日本拠点をここに置く例も増えています。たとえば、ドイツの医療機器メーカーは、医療機器の工場が東北各地にあることから、ここに日本法人を置くことに決まりました。これまでは「関東の拠点は東京」という企業がほとんどでした。しかし、さいたま市はオフィス賃料も東京の半分以下なので、コスト面でも有利です。最近では、東京から本社や支店を移転するケースも増えています。

―支店開設時に、レンタルオフィスを利用する企業は多いのですか。

太田:どの企業も進出費用は抑えたいと考えています。それに手間をかけずに早く開設したい。その点で設備が整い、安い費用で始められるレンタルオフィスを利用する企業は多くなっています。また、当社の「Mioオフィス」では、電話対応や接客などのバックオフィス機能を代行することができます。受付業務の代行や不在時の電話秘書サービスを行っており、入居企業は営業部隊だけで業務が行えます。要するに営業が赴任したら、すぐに仕事が始められるのです。実際、2~3人からスタートする企業が多いですね。

―支店が成長すればスタッフも増えます。オフィスの拡大は可能ですか。

太田:レンタルオフィス内の広いスペースに移ることができます。少人数のときは、決まった机を持たないフリーアドレスの「会員サービス」、ルームシェアの「共同オフィス」。人数が増えたら、独立した「個室」に移ることができます。「個室」は最大20名まで対応可能です。それに、同拠点内で移動すれば、住所、電話番号は変わりません。名刺やパンフレットを作り直す手間がかからないので、入居企業に大変喜ばれています。

―支店を軌道に乗せるまでには、周囲の助けが必要な場合もあります。ネットワーク作りの支援は行っていますか。

太田:入居企業にヒアリングし、可能な限りの紹介を行っています。Mioオフィスには現在233社が入居。企業向けビジネスを行う会社も多く、その中でマッチングを図っています。毎月1回、入居企業向けのランチセミナーを開催しているので、自ら人脈をつくることも可能です。また、当社はこれまで県や市と連携して企業誘致を手伝ってきており、そのネットワークもあります。ご相談があれば、その内容ごとに紹介先をお探しします。

―入居企業の利用をスムーズにするため、力を入れていることはありますか。

太田:バックオフィスを担当するスタッフの教育です。たとえば、受付時は「ワンコールで電話を取る」、「来客時は立ってお迎えする」といったルールを課しています。常に入居企業の社員になったつもりで対応する。レンタルオフィスのスタッフは信頼していただくことが重要ですから、教育面は今後も徹底していきたいと思っています。

太田 昇(おおた のぼる)プロフィール

1947年、山形県生まれ。1976年に床暖房の代理店、武蔵野総業株式会社を設立し、代表取締役に就任。1989年に自社ビルを構え、2~3階部分にレンタルオフィス「Mio浦和」を開業。現在はさいたま市内5ヵ所でレンタルオフィスを運営。財団法人さいたま市産業創造財団理事。

Mioオフィス(武蔵野総業株式会社)

設立 1976年8月
事業内容 レンタルオフィス運営・不動産仲介
URL http://www.mio-u.com/
お問い合わせ電話番号 048-857-0213
お問い合わせメールアドレス mio-office@mio-u.com

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:11/9~12/8

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop