累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
オフィスの経営者インタビュー
[PR]

Mioオフィス(武蔵野総業株式会社) 代表取締役社長 太田 昇

関東進出時は低コストで高機動力の埼玉県が狙い目

「要衝」を押さえる―。それは❝勝ち戦❞の鉄則である。では、関東圏への進出を進める関西エリアの企業にとっての要衝はどこか。「それは、進出コストを抑制でき、東日本から北信越一帯へのアクセスが便利な埼玉にほかなりません」。こう話すのは、埼玉県に複数のレンタルオフィスを展開、多くの企業の関東進出を支援している「Mioオフィス」代表の太田氏だ。埼玉県への拠点設置メリットなどを同氏に聞いた。

※下記は経営者通信42号(2016年12月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

「埼玉」が選ばれる理由

―近年、関西の企業が関東に進出する際、埼玉県のさいたま市、川口市などに拠点を置くケースが増えているそうですね。その理由を教えてください。

 東京や横浜に比べてオフィス賃料や人件費などが安いのはもちろん、なにかと埼玉が便利だからです。

 とくに北関東、東北、北信越などへの展開をはかっている関西圏の企業にとっては、東京よりも埼玉に拠点を置くほうが圧倒的に都合がよい。実際、こちらに拠点を構えた関西の企業からは「主な取引先が北関東、東北、北信越の企業だった」「工場など開発・生産拠点を北関東や東北、北信越にもつ取引先企業が多かった」という話をよく聞きます。

―どのような点が便利なのですか。

 たとえば鉄道、道路など交通の便。さいたま市は関東平野の中央に位置し、北関東、東北、北信越へのアクセスが抜群にいい。とくにJR「大宮駅」は北陸新幹線の開業により、新幹線5路線のハブとして機能しています。

 道路網でいえば「東京外かく環状道路」(外環道)。東京から放射状に伸びる高速道路を横にまたぐように移動できますが、その中心にあるのが大宮、さいたま新都心、川口といった埼玉のエリア。営業の機動性という観点から、鉄道・高速道路網の充実は大きな魅力になっています。雇用に関しても、東京や横浜といった都心部に比べて、若年層の人材を確保しやすい。こうした点を総合的に判断し、埼玉を進出先に選ぶケースが増えているのです。

 ただし、拠点を設置する際は物件選びに注意すべき。できるだけコストを抑え、最大限のパフォーマンスを発揮できる物件を選びたいものです。

高付加価値で初期投資は実質ゼロのレンタルオフィス

―そうした物件が埼玉にあるのですか。

 はい。最近、埼玉でも低コストで付帯サービスの質がよいレンタルオフィスが増えています。関東圏内への進出を考えている関西の企業のみなさんには、オフィスに必要な設備が揃い、低コストでスタートできるレンタルオフィスが最適なのではと思います。

 たとえば当社の「Mioオフィス」の場合、保証金として賃料3ヵ月分を預かりますが、それ以外の礼金や仲介手数料はなし。実質、初期投資はゼロです。また、付加価値を重視しており、電話応対などのバックオフィス機能の代行などを提供しているほか、宅配便の受け取り代行も提供。一見地味ですが、少人数での拠点を構える入居企業から、とてもよろこばれます。さらに、拠点の規模拡大に柔軟に対応できるのも「Mioオフィス」の特徴です。

―どのようにテナント企業の規模拡大に対応しているのですか。

 少人数のときは、ひとつの空間をシェアする「共同オフィス」を利用いただき、軌道に乗って人員が増えたら「個室」を利用いただけます。さらに、先日、さいたま新都心エリアに「Mioxフジコー」という新オフィスビルも竣工。こちらは最大で約53坪のワンフロアを用意しております。

大宮・さいたま新都心・川口などに展開

―関東圏への進出を検討している関西圏の中小・ベンチャー企業の経営者へのメッセージを聞かせてください。

 初めて関東圏に進出する場合、生活面の不安もあるはずです。当社ではオフィスだけでなく日々の暮らしのこと、例えば社員の方の健康診断や子どもの学区、地場の取引先や金融機関の紹介など、さまざまな要望に応えます。

 当社はさいたま市内では大宮・さいたま新都心エリア、そして荒川を越えたら東京という立地の川口市などに「Mioオフィス」を展開しています。どこも関東圏の拠点としてふさわしいスペックをもつ都市です。今後も関西の企業の発展に貢献する低コストで付加価値の高いオフィス環境を提供し続けていきたいですね。

太田 昇(おおた のぼる)プロフィール

1947年、山形県生まれ。1976年に床暖房の販売施工の武蔵野総業株式会社を設立し、代表取締役に就任。1989年に自社ビルを構え、2~3階部分にレンタルオフィスを運営。現在は埼玉県内で複数のレンタルオフィスを運営。公益財団法人埼玉県産業振興公社理事、公益財団法人さいたま市産業創造財団理事、特定非営利活動法人さいたま起業家協議会理事相談役など多くの公職も務める。

Mioオフィス (武蔵野総業株式会社)

設立 1976年8月
事業内容 レンタルオフィスおよびオフィスビル運営・不動産仲介
URL http://mio-u.com/
お問い合わせ電話番号 048-859-3330 Mioオフィスは埼玉に拠点を お考えの企業を応援します
お問い合わせメールアドレス mio-office@mio-u.com

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:6/24~7/23

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop