累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
Web強化の経営者インタビュー
[PR]

株式会社R・S 代表取締役 江添 知明

ホームページは会社の未来を拓く「想いの掲示板」

自社の魅力や特長を情報発信するツールとして定着したホームページ。しかし「つくってはみたものの、効果が感じられない」と嘆く中小企業は少なくない。どこに原因があるのだろうか。飲食店や地場企業のホームページ制作で豊富な実績をもつR・S代表の江添氏と同社課長の中西氏に、大企業に負けない中小企業
ならではのホームページのつくり方を取材した。

※下記は経営者通信40号(2016年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

ファン獲得のツール

―中小企業や地域の飲食店など地元商圏に立脚した地場企業の経営者から「ホームページ制作に投資したが、集客効果が感じられない」との声を聞くことが少なくありません。どこに問題があるのですか。

江添 ホームページを単なるチラシがわりとして利用していることです。

 ネット上には同業他社のホームページが数え切れないほど存在し、ホームページを含めたネット広告に多大な投資をしている大手企業もいます。こうした条件のなかで中小企業や地場企業がホームページを制作する場合、単なる宣伝ツールと考えないほうが得策です。

中西 たとえば飲食業の場合。それなりの投資をすれば見せ方に凝った、カッコいいホームページはつくれます。でも、それはチェーン展開している大手企業と同じアプローチ。資金力の差があるので、表面的な見栄えのよさを競っても、中小企業や地場企業のホームページは埋没するリスクが高いのが現実です。

江添 しかし、それほどお金をかけられない会社でも、発想を転換すれば、固定ファン獲得につながるホームページを制作する方法はあります。

―どのような発想の転換が必要なのですか。

江添 ホームページは、視覚化できない経営者のこだわりや想いを“見える化”できるツールだと考えてほしいですね。

 それは、結果的に自社のファンづくりになります。提供する商品やサービスに満足してもらったうえで、自社の想いに賛同してくれる固定客をいかに増やすかがファンづくりのキモ。ですから、ホームページを「想いの掲示板」として活用することが、ファン獲得につながるのです。

「心に響く」つくり方

―ホームページで想いやこだわりを視覚化する方法を聞かせてください。

江添 3つのポイントがあります。まず、あたり前ですが、想いをもつこと。「そんなものはないよ」とおっしゃる中小企業や地場企業の経営者の方が少なくありませんが、自分と向き合う機会をもてば、必ず強い想いやこだわりをもっていることに気づくはず。

 当社ではホームページを制作するにあたって「過去にどんなことがあったのか」「未来はどうしたいのか」をていねいにヒアリングし、経営者の想いを明確化するお手伝いをしています。

中西 そして、想いやこだわりを的確に表現しているホームページになっているかどうかをチェックしてほしいですね。
 表面的にはカッコよくても、伝えたいビジョンとかみ合わない表現をしているホームページでは、その訴求力は半減します。

江添 無骨でもいいから、心に響くメッセージ発信ができているかどうかを大切にしてほしいですね。

 当社のホームページがまさにそう。見栄えをよくすることに投資はせず、想いのクオリティを伝えることはできていると自負しています。

中西 最後に、遠慮しないで営業担当者と深いリレーションをとってほしいですね。営業担当者は「社外スタッフ」だと考えていただき、どんどん想いをぶつけてください。

 低価格をうたうホームページ制作会社のなかには、電話やメールの簡単なやりとりだけで打ち合わせをあっさりすませて、実際の制作作業は下請けに、というところもあります。それでは営業と制作が一体となって経営者の深い想いを受け止めることはできません。ですから、想いを共有できる営業担当者かどうか、制作部門を内製化しているかどうかという点もチェックしてほしいですね。

―ホームページに課題を抱えている経営者へのアドバイスを聞かせてください。

江添 “想いの見える化”は採用面でも効果があります。そうしたホームページを通じて、経営者の夢に賛同してくれる逸材が見つかる可能性もあります。

 次ページから当社の顧客事例をご紹介しています。今後のホームページづくりの参考にしてください。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:1/29~2/27

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100
  • 高知リフレッシュオフィス

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop