累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
プロフェッショナルサービスの経営者インタビュー
[PR]

株式会社MRS 代表取締役 眞野 篤師

深刻な人手不足を解消する救世主「技術ビザ」人材を長期雇用せよ

人手不足に陥っているIT・製造業において注目を集めているのが「技術ビザ」を保有した人材だ。専門技術の保有が「技術ビザ」取得の条件で、労働力としての質が高く、技能実習生とは異なり日本への長期滞在が可能だからだ。こうした人材をベトナムで発掘しているMRS代表の眞野氏に、技術ビザを取得した外国人を採用するメリット、採用時の注意点などについて聞いた。

※下記は経営者通信39号(2016年4月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

日本語ができるIT人材を育成する特別プログラムも

―人手不足の深刻化で、改めて外国人の採用に関心が集まっています。しかし、製造業やIT産業では外国人採用におよび腰な中小・ベンチャー企業が多いようです。なにが問題なのですか。

 現在の外国人労働者の主流となる技能実習生はあくまでも日本に技術を学びに来たインターンです。日本で学んだ技術を母国に持ち帰る役割を担っており、来日時は即戦力となる専門技術を持ち合わせていません。また、滞在期間は最長3年という制約もあります。そのため、現場で一人前に活躍できる人材に成長する前に帰国せざるをえない場合が多い。それゆえ、一定の教育・育成が必要な製造業では、どうしても技能実習生を本格的に受け入れにくく、IT産業では、技能実習生は受け入れられないという背景があるのです。

―それではどうすればよいのですか。

 技能実習生とは明確に区別された「外国人エンジニア」を積極的に導入するしかありません。外国人エンジニアとは、従事する業務に必要な専門技術・知識を大学で学んだことを条件に与えられる「技術ビザ」を保有している人材です。こうした人材であれば、即戦力としてはもちろん、在留期間も一度の発給で最長5年。更新もできるため、中長期的な技術の継承者としても期待できます。

 こうしたニーズに対応し、当社では2014年4月からベトナム人に特化したエンジニアの紹介サービスをはじめています。準備中の企業も含め、30社に迫る企業で採用が進んでいます。

―ベトナムに着目した理由はなんですか。

 若くて優秀な人材を多く確保できる条件がそろっているからです。まず、ベトナムでは30代以下が全人口の6割以上を占めます。しかも工業国として発展途上にあり、技術系人材が多く育っています。さらに数年前からベトナムは国家戦略としてIT人材の育成に乗り出しています。ベトナム国家大学やFPT大学は、マイクロソフトなど世界的なIT企業から専門家を招へいし、最先端のIT教育を施すなど、アジアでもハイレベルの教育水準を誇っています。とりわけ最難関校のひとつ、ハノイ工科大学には日本語ができる高度IT人材を育成する特別プログラムもあります。

 当社では、現地の大手国営企業や理系大学との提携により、専門教育を受けた新卒者や10年近い実務経験を持つ熟練技術者まで、高度人材を確保できる仕組みを構築。最低5年間日本の同一企業に就業することを条件に、自動車、機械、重電などの分野で、業務環境に合った人材を選定できます。

力量や適性はさまざま事前に見極めよ

―外国からエンジニアを受け入れる際の注意点を教えてください。

 いくら技術や実務経験をもった人材とはいえ、その力量や適性はさまざまです。自社が必要とするスキルや適性と、受け入れ人材とがしっかりとマッチングしているか事前に見極めが必要です。

 そこで、当社ではまず、受け入れ企業側の保有設備を確認するほか、業務内容や求める人材像を綿密に調査。そのうえで、マッチングできる人材を現地で募集し、希望人数の2~2.5倍にまで絞って顧客に紹介しています。当人との面接のほか、事前に加工図面を提供してもらえれば、ベトナムの提携大学内設備で実技試験を課すこともでき、個々の技術レベルを確認できます。

―外国人労働者の導入を検討する経営者にアドバイスをお願いします。

 国内の生産年齢人口は減少し続け、移民受け入れの法制度整備も遅れていることから、人手不足の深刻化は止まらないでしょう。人手不足を補うためには、雇用形態を見極め、技能実習生とエンジニアを併用していくことも必要となります。当社でも技能実習生を紹介できるスキームに着手し、時代のニーズに乗り遅れないよう準備しています。

 海外への製造移転に乗り出す際には、技術を持ち帰ることを目的とした技能実習生はもとより、重要なポジションを担うエンジニアは、それぞれが欠かせない「人財」となってくれるでしょう。海外の「人財」の採用を現実的な選択肢として真剣に考える時期ではないでしょうか。

 労働人口の減少にくわえ、製造業の人気低迷もあいまって、ここ数年は慢性的な人手不足でした。ベトナムの技術ビザ保有人材の紹介を受けたのは2014年。現地での研修風景をみて、真剣さや教育水準の高さに共感を覚え、4名の受け入れを決めました。個人的な事情で1名は帰国しましたが、翌年にはさらに3名を受け入れ、現在は計6名を採用しています。契約は1年更新で、最低雇用年数などのしばりがないため、ミスマッチの不安は少なかったです。

文化・習慣への順応にも意欲的

 実際の仕事ぶりには総じて満足しています。現場では精密加工や精密組立に従事してもらっています。機械加工技術やプログラミング能力、さらには技術やノウハウの吸収力では驚くような資質を示す人材もいます。

 採用規定にはありませんでしたが、当社が独自に昇給や賞与を与えているほど彼らを評価しています。

 受け入れ当初、「仕事が奪われるのではないか」と拒否反応を示していた日本人技術者も彼らの働きぶりに感化され、いまでは欠かせない仲間として交流を深めています。

 外国人の受け入れは初めてだったので、当初は不安もありましたが、実際のトラブルといえば、アパートの大家さんから生活音の大きさで指摘を受けた一度きり。注意すれば彼らはすぐに理解しますし、日本の文化・習慣には積極的に順応しようとしています。

 当社では国内需要の低迷を受け、ベトナムへの製造機能の一部移転を検討中です。その際には、彼らがブリッジエンジニアとして機能してくれるとの期待もあります。

眞野 篤師(まの あつし)プロフィール

1980年、岡山県生まれ。2002年に京都産業大学を卒業後、2008年から2009年まで、ミャンマーで日本語教育のボランティアに従事。帰国後、通信会社勤務を経て、2012年4月に株式会社MRSを設立し、代表取締役に就任。2014年4月から、ベトナム人エンジニアを日本に紹介する人材サービスを開始している。

株式会社新栄製作所 代表取締役 藥丸 和弘(やくまる かずひろ)プロフィール

1986年4月に大阪府守口市に設立された試作モデルメーカー。試作モデルから成型品改造、各種加工まで製品開発に必要なプロセスをトータルでサポートする。最新鋭の設備にくわえ、熟練技術者の手作業もフルに活用し、金属加工や樹脂加工において精度の高い技術力を誇る。

株式会社MRS

設立2012年4月
資本金3,000万円
従業員数65名(2016年3月1日現在)
事業内容テレマーケティング事業、海外支援サービス事業、Webマーケティング事業、アウトソーシング事業、オフィスソリューション事業、CTIサービス事業
URLhttp://www.mrs-inc.jp/
お問い合わせ電話番号06-7166-1185(受付時間 平日 9:00~21:00)
お問い合わせメールアドレスinfo@mrs-inc.jp

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:9/24~10/23

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop