累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
プロフェッショナルサービスの経営者インタビュー
[PR]

キャピタル・エヴォルヴァー株式会社 代表取締役 前垣内 佐和子

初めてのM&Aで後悔したくない経営者が選ぶべきアドバイザリー会社の条件

経営者の世代交代の季節を迎えた日本の中小企業。M&Aによる事業承継案件が増加する一方で〝売り急ぎ〟による悪条件での売却や〝売りそびれ〟による廃業を余儀なくされる事例も増えているという。そこで、中小企業のM&Aに豊富な実績をもつ独立系の専門アドバイザリー会社であるキャピタル・エヴォルヴァー代表の前垣内氏に、適切な売却先を見つけ、M&Aを成功に導く方法を聞いた。

※下記は経営者通信37号(2015年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

仲介とアドバイザリーは違う

―事業承継などを理由にしたM&Aで、適切な売却先を見つけるコツを教えてください。

 専門会社への相談をおすすめします。従業員、取引先、銀行などのステークホルダーにとっても、M&Aは大問題。売却先を限定せず、信頼できる専門会社と一緒に幅広い可能性を模索し、ベストマッチを目指してほしいですね。

―どうすれば信頼できるかどうかを確かめられますか。

 M&Aを成功に導くにはハイレベルのコミュニケーション能力が不可欠なので、豊富な経験に裏付けられた交渉力や、各業界や会計・税務・法務などの専門知識をもっているかどうかと同時に、どういったM&Aサービスを提供している会社かをチェックすることが必要です。しかし、最も大切なのは顧客の立場にたってアドバイスをする誠実さ。顧客の立場にたって一緒に考え行動してくれるかを吟味してください。

―M&Aサービスにはどのような種類があるのですか。

 仲介とアドバイザリーのふたつに大別できます。仲介は売りたい会社と買いたい企業の間を取り持つマッチングサービス。アドバイザリーは、顧客の利益を実現するため、その代理人として候補企業と交渉するなどのサービスを提供します。案件成立を最優先する双方代理の仲介とは異なり、顧客にとって一番よい条件で契約が締結できるように粘り強く交渉。契約内容を固め、また、顧客に損害が発生する可能性が大きい契約の場合は、最悪ストップを助言する場合もあります。

―どちらを選ぶべきですか。

 M&Aの経験が浅い場合は、その顧客の代理人として、その顧客のための交渉を進めてくれるアドバイザリー会社を選択するほうが賢明でしょう。しかし、どちらにしても専門会社まかせはよくありません。主体はあくまでも経営者。そこに専門会社によるサポートが加わることで〝売り急ぎ〟や〝売りそびれ〟のリスクを避け、M&Aを成功に導くことが可能になります。「専門会社を活用する」との発想でとらえてほしいですね。

報酬体系にも注意を

―アドバイザリー会社を選定する際の注意点を教えてください。

 アドバイザリー会社の企業規模がひとつの目安になるでしょう。  大手の銀行や証券会社のほか、「M&Aブティック」と呼ばれる小規模の独立系まで、さまざまな専門会社がアドバイザリー業務を提供しています。大手はM&Aについて一定のリソースを保有している大企業の案件を得意としているのに対し、小規模な専門会社の場合、「M&Aは初めて」という中小・ベンチャー企業へのアドバイザリーを得意としています。また、報酬体系にも注意を払ってください。

―アドバイザリー会社の報酬体系を聞かせてください。

 じつは会社によってまちまち。たとえば、マッチングの前から着手金や月額報酬を設定するところがあるほか、成功報酬をうたっている場合でも、中間合意にすぎない「基本合意締結」の際に中間報酬の支払いを求める業者も存在し、最悪、金銭トラブルに発展する場合すらあるようです。しかし、報酬体系をガラス張りにしている完全成功報酬型のアドバイザリー会社なら、コストを最適化し、余計なモメごとに巻き込まれる心配はないでしょう。

―最後に、事業承継に直面する経営者にメッセージをお願いします。

 "売り急ぎ”で会社や事業を悪条件で売却する、または”売りそびれ”で廃業に至るケースが増えています。しかし、売却側にたった事業承継を進めてくれるアドバイザリー会社に早めに相談すれば、適切な価格・条件でM&Aを成立、成功させられる確率を高められるでしょう。  当社は少数精鋭のM&Aブティック型の独立系アドバイザリー会社。複数の著名な弁護士や公認会計士と協業しながら、新規契約を月間5社にしぼってきめ細かいM&Aサービスを完全成果報酬で提供しています。これからも事業承継などに悩んでいる中小企業の経営者をサポートし続け、日本経済の活性化に貢献したいですね。

前垣内 佐和子(まえがいち さわこ)プロフィール

東京都生まれ。東証一部大手企業の経営企画部や独立系M&A専門会社を経て、「中小企業をサポートしたい」との想いから自身の経験・ノウハウ・人脈を活かすため2009年にM&Aアドバイザリー業務などを提供するキャピタル・エヴォルヴァー株式会社を設立し、代表取締役に就任。

キャピタル・エヴォルヴァー株式会社

事業内容 M&Aアドバイザリー業務、事業・企業再生、買収監査(デューデリジェンス)、再編支援コンサルティング業務、経営戦略立案による企業価値向上支援、 第三者割当増資・ファイナンス(資金調達)の支援、プリンシパル投資業務、経営、マーケティング支援業務、海外事業関連業務
URL http://www.c-evolver.com/
お問い合わせ電話番号 03-6276-7534
お問い合わせURL http://capitalevolver.com/

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:4/29~5/28

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop