累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
人事・労務の経営者インタビュー
[PR]

マーブル株式会社 Get Strengths 事業部 ストレングスファインダー認定講師 木村 元子

さぁ、社員を才能に目覚めさせよう

メンバー個々の能力を結集して、組織力を高める。すべての経営者に共通の課題であろう。2013年以降、ベンチャー企業から大手企業まで50社以上で研修を実施してきた木村氏は「個々の才能を可視化し、それぞれの才能を理解して認め合い、補完し合うチームづくりに活かせるツールがある」という。米国のギャラップ社が開発した「ストレングスファインダー」(以下、SF)だ。同氏に、組織力を向上させるうえで企業が陥りがちな課題や、SF研修で得られる効果について聞いた。

※下記は経営者通信36号(2015年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

自分の強みを知れば 人は成長していく

―中小・ベンチャー企業における社内研修にはどのような課題がありますか。

 研修が人材育成に結びつかないことです。

 人材育成や組織力の強化に悩みを抱える経営者の多くが、対策として研修を実施しています。しかし、知識や業務スキルの習得に重きを置いた社内研修の場合、期待どおりの成果にいたるケースは少ないといえます。

 では、どのような研修が成果を上げるのかといえば、社員の「自己基盤」を育てる研修です。優れた能力と行動力で実績を築いてきたリーダー層は、自分と同じやり方をすれば部下も成果を上げられると考えます。しかし自己基盤ができていないところに、知識や業務スキルを教えても、行動には結びつきません。予期せぬトラブルも起きるビジネスの場では、自己基盤がなければ適切な行動に向けた判断ができないからです。

 次に必要なのが、現在いる人材を活かす研修であること。個を活かしてチーム内のパフォーマンスを最大化させることです。

―自己基盤の形成につなげ、個を活かすために、適している研修を教えてください。

 だれしもが持っている「行動の癖」「思考の癖」「感情の癖」を「才能」と定義し、自分の才能の把握を目標におく、SF研修が適しています。才能は全部で34種類に分類されています。研修前にWebサイトで180個の質問に答えていくと、上位5種類が個人の持つ才能として特定されます。

 才能は使い方次第で強みにも弱みにもなりえるので、SF研修では、各メンバーが自分の才能を理解し、強みとして使いこなす方法を身につけます。自分の才能を把握し、自己基盤を構築すれば、「仕事ができない→落ち込む→自信をなくす→行動・努力が不足する→仕事ができない」といった負のスパイラルに陥ることがありません。

才能を知った個が 組織を活性化する

―SF研修には、ほかにどのような特徴がありますか。

 多様性を受け入れるプログラムです。メンバーが多様性を受け入れ、互いの才能を認めて活かし、相互補完によってチームを活性化していきます。

―研修によって得られる効果を教えてください。

 メンバーを変えずに、チームをポジティブで生産的なパワーチームに成長させる効果です。

 SFで才能と強みを把握すると、メンバーが互いの才能を理解した補完関係が構築されます。

 このような関係が築けると、チーム内に「共通言語」が生まれ、コミュニケーションが増え、互いの悪口やグチを言わなくなります。また、マネージャーもメンバーの強みを活かした人材育成方法を身につけるにつれて、よりメンバーのメンタル面をサポートできるようになるのです。

―SF研修で効果を上げた事例はあるでしょうか。

 大手保険会社での例を紹介しましょう。営業所長、マネージャーを含め11名の営業グループ。個々のメンバーの裁量にまかせた営業をしていましたが、つねに成績が低迷。あるとき、「もはや個人の力では売れない」と所長が決断し、SF研修を受けたのです。結果、メンバーの強みに応じた役割を決めてチームで成果を上げるように。全国トップの成績を上げるまでになったのです。

 また、大手IT企業では、マネージャー層を対象に研修を実施。SFの基礎知識を習得した後に、コーチングの研修を行いました。それにより、各メンバーの強みを把握しながらコーチングする、新たなマネジメントの仕組みを部署ごとに構築できました。「どんなに美しい靴でも自分の足にあっていなければ、疲れ、歩くことすらできなくなる」。これは私が米国でSFの指導を受けた際の、トレーナーの言葉です。SFは「自分の足にあわせられる靴」。人は自分の才能に気づくだけで驚くほど輝き出し、行動を起こせるようになります。継続的な成長のためSF研修を試してみてください。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:5/26~6/24

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop