累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
オフィスの経営者インタビュー

株式会社城南サービス 代表取締役 磯 収二

低価格・高品質でビルや店舗を管理する方法

不況下で低迷を続けるビルや店舗の設備管理・メンテナンス業界。そんな中、平均※7%という高い経常利益率を維持し、ほぼ30期ものあいだ黒字経営を続けている会社がある。電気、空調、給排水設備などの管理・メンテナンスを行う城南サービスだ。同社の顧客はダイエーや東プレなどの一部上場企業から、国土交通省や警視庁などの官公庁、さらには中堅・中小企業に至るまで幅広い。さらに、不況の現在でも新規顧客が続々と増えているという。なぜ同社は顧客から支持を集め続けているのか。今回は代表の磯収二氏に話を聞いた。

※下記は経営者通信10号(2011年1月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―御社は施設管理・メンテナンスのビジネスを展開し、ほぼ30期黒字を続けているそうですね。御社が黒字経営を続けている理由は何ですか。

磯:当たり前に聞こえるかもしれませんが、ビルや店舗オーナーの抱える課題を解決し続けているからです。ちなみに、オーナーの抱える課題とは、一言で言えば「高コスト・低品質のサービスを受けている点」にあります。オーナーの中でも、大手企業と中小・ベンチャー企業では、その原因は異なります。まず大手のオーナーの多くは、施設管理を担当する子会社を持っています。そのため外部の業者が参入する機会がなく、健全な競争が行われていないんです。結果、高コスト構造になり、サービスの質も向上していません。

―なるほど。では、中小・ベンチャーのオーナーが高コスト・低品質のサービスを受けているのは、なぜですか。

磯:最適な業者を選定できていないからです。彼らが導入している電気、空調、給排水設備などの機器は、種類が多岐にわたっています。しかも、大手のように系列の業者もなく、人脈も情報もない。そのため、どの業者に任せてよいのかが分からず、場当たり的に業者を選択しているのが実情です。特に飲食店やコンビニなど、多店舗展開しているオーナーほど、この課題を抱えがちです。各店舗が独自に業者に発注しているため、サービスの質やコストが企業全体で最適化されていないんです。

―御社はそんなオーナーの抱える課題を解決することで、着実な成長を続けているわけですね。

磯:ええ。手前味噌になりますが、当社は業界が低迷を続ける中でも、新規顧客数は増加しており、経常利益率も7%と高い水準を保っています。また不況も当社にとって追い風になっています。好景気の時、オーナーが自社の設備管理・メンテナンスの外注先を見直すことは少ない。でも、不況になれば違います。できるだけ低コストで、サービスの質の高い企業に外注するようになります。結果、当社の低価格・高品質なサービスが多くの企業に支持されているのだと思います。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:11/9~12/8

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop