累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
Web強化の経営者インタビュー
[PR]

スタジオ ジャムハウス 東京商工会議所 エキスパート(経営相談員) 小室 圭三

問い合わせの来るホームページの作り方

今や企業に欠かせないホームページ。しかし、ホームページを名刺程度にしか捉えていない経営者は少なくない。多くの中小企業のホームページを改善してきたスタジオジャムハウスの小室氏は「中小企業の9割はホームページを活かしていない。ホームページは❝名刺❞ではなく❝営業ツール❞として捉えるべき」と指摘する。東京商工会議所のエキスパート(経営相談員)(※)としても活躍している小室氏に「問い合わせの来るホームページの作り方」について聞いた。

※下記は経営者通信11号(2011年3月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―小室さんは東京商工会議所のエキスパートとして、多くの中小企業のホームページを改善してきたそうですね。中小企業が失敗しがちな点は何ですか。

小室:「うちの業種はホームページで問い合わせを獲得できない」と思い込んでいることです。この認識は大きな間違い。リアルのビジネスで需要があるならば、ネットでも必ず需要があります。つまり、どんな業種の企業でも、ホームページで問い合わせを獲得できるんです。

―どうすれば、ホームページから問い合わせを獲得できるのでしょうか。

小室:まずは多くの見込顧客が自然と訪れるホームページにすることです。見込顧客は検索サイトで業者を探しています。その検索の際に、自社のホームページが検索結果の上位に表示されれば、訪れてもらえる可能性は高くなります。そこで、当社では見込顧客が検索するキーワードを調べ、そのキーワードの検索結果で上位に表示されるホームページを制作しています。いわゆるSEO(※)ですね。ちなみに、見込顧客がよく検索するキーワードは、「業種+サービス内容」や「業種+エリア」の組み合わせのケースが多いですね。たとえば、運送会社なら「運送 ピアノ」、「運送 新宿」などのキーワードです。しかし、多くの中小企業は自社が検索結果の上位に表示されることよりも、かっこいいデザインにすることに力を入れています。いくらデザインにこだわっても、そもそも見込顧客が訪れてくれなければ意味がありません。

―なるほど。検索結果の上位に表示されることが第一だと。

小室:ただし、それだけでは不十分です。なぜなら検索結果の上位には、ライバル会社も表示されているからです。見込顧客は複数の会社のホームページを比較して、問い合わせをする会社を決めています。見込顧客に選んでもらうためには、ライバル会社に勝てるホームページを作らなければいけません。

※エキスパート:東京商工会議所に登録されている、中小企業の経営強化を支援する専門家のこと。
※SEO:Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化のこと。検索エンジンにキーワードを打ち込んで検索した際に、ホームページを上位表示させるような技術手法。

―どうすればライバル会社に勝てるのでしょうか。

小室:まずライバル会社を徹底的に調査してください。ここでよくある間違いは、ライバル会社の設定を間違えていること。リアルとネット社会では、ライバルの設定が変わります。ライバル会社のホームページについて、取り組み等を調べ、顧客の立場になって自社と比べてみてください。そのうえで、アクセス解析ツールを活用して見込顧客の声を拾う必要があります。あとは、継続的に改善を続けることが大事です。「見込顧客が不満に感じていること」を探り、それを改善できれば、次第に見込顧客に選ばれるホームページになっていくと思います。

―多くの中小企業にはホームページを制作・運営できる人材がいません。どんなホームページ制作会社に制作・運営を依頼するべきですか。

小室:「ホームページを一緒に育てる」という姿勢を持った制作会社に依頼すべきです。はっきり言って、制作会社がお客さまのことを100%理解するのは不可能です。だから、丸投げは絶対にダメ。自社とホームページのプロが組み、二人三脚でホームページを改善していくのがベストです。

 当社の場合は「マーケティングカレンダー(※)」というツールを活用し、お客さまとともに見込顧客の行動分析をし、ホームページを改善しています。その結果、ホームページを通じた売上のアップや求人応募数の増加、企業ブランドの向上を実現しています。ホームページを強化したい中小企業は、気軽に相談してほしいですね。

※マーケティングカレンダー:スタジオ ジャムハウスが開発した顧客とのコミュニケーションツール。顧客がホームページに対する良い点、悪い点、お問い合わせの内容などを定期的に書き込み、ジャムハウスはその内容をもとにホームページの改善点を探る。

小室 圭三(こむろ けいぞう)プロフィール

1966年、東京都生まれ。飲食業、石油業の店舗コンサルティング・サポートを経て、IT業界に転職。主にホームページの制作・コンサルティングを担当。2002年にスタジオ ジャムハウスを設立。2009年に東京商工会議所のエキスパート(相談員)に登録。

スタジオ ジャムハウス

設立 2002年8月
事業内容 ホームページ制作、インターネットコンサルティング
URL http://www.jam-house.jp/
お問い合わせ電話番号 03-3382-7825(受付時間 平日10時~18時)

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:7/19~8/17

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop