累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
著名経営者の経営者インタビュー

株式会社壱番屋 創業者特別顧問 宗次 德二

経営者はよそ見をせず経営に身をささげるべき

国内最大手のカレーチェーン店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋。創業者の宗次德二氏は、2002年に引退するまで同社を20年連続で増収増益に導いてきた。そして宗次氏の引退後も、壱番屋の快進撃は続く。2005年5月には東証一部に株式上場を果たし、「CoCo壱番屋」は国内外で1200店舗(新業態を含む)を突破。今回は宗次氏に、20年連続で増収増益を実現した秘訣、経営者のあるべき姿、事業承継のあり方などについて聞いた。

※下記は経営者通信6号(2010年5月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―宗次さんはゼロから壱番屋を創業し、国内最大手のカレーチェーンへと育て上げました。その道のりを振り返ってみて、どんな転機がありましたか。

宗次:いい意味でも悪い意味でも、あまり転機というものはなかったですね。FCシステムの導入や全国展開など、いろいろな出来事はありましたが、大きな転機はなかったと思います。私が経営をしていた20年間、壱番屋はずっと増収増益で順風満帆な道のりでした。

―20年間、増収増益を実現できた秘訣は何ですか。

宗次:経営者自身が経営に身をささげる。情熱のすべてを注ぎ込む。これしかないと思います。私は53歳で会長職を退くまで、毎日徹底的に働きました。毎朝4時10分に起床して、4時55分には出社。まずお客さまから頂いた1000通以上のアンケートを3時間半かけて読み、その後に掃除や会議、店舗巡回をします。毎日、退社するのは18時~23時過ぎ。休日は年間15日位で、2004年には1日たりとも休まず、1年間で5637時間も働きました(笑)。これは1日平均にすると、約15時間半働いていた計算です。

 私の辞書には「のんびり」とか、「休息」という文字はないんです。極端かもしれませんが、「経営者が休むのは罪悪だ」とすら思っています。もちろん、経営者なら労働時間の長さではなく、仕事の質で勝負すべきだという意見もあるでしょう。でも、私はそう思いません。経営者の事業に懸ける想いが労働時間に比例すると思うんです。長く働けば働くほど、いろんなアイデアが湧いてきます。また社員も必死な経営者の姿を見て、会社を支えようと思ってくれます。それに、経営者はどれだけ働いても労働基準法に引っかかりません。ハードワークは経営者の特権なんですから、働かないと損ですよ(笑)。

―そこまで徹底的に働かないと、成功しないものなのですか。

宗次:成功しないと思います。私の独断と偏見かもしれませんが、会社経営はそんなに甘いものではありません。どんな経営者も、創業期の頃は必死に働きます。でも、少し経営が軌道に乗り始めると、だんだん遊び始める。やれゴルフだ、やれ海外旅行だと。そして「代表取締役社長」の名刺を持って社外に友人をたくさん作り、毎晩のように自らの欲求を満たす。社交的な経営者は特にそうです。でも、経営者は社交的でない方がいいと私は思うんです。社交的な人ほど経営がうまくいきかけると、決まって「経営だけが人生じゃない」、「身体を壊してまで仕事をしても何にもならない」と言い始めて、友人(遊人)が増え、付き合いが増えるのです。それで業績が上がればいいのですが、大抵は、業績横ばいかジリ貧となります。社員の心が離れ、やる気も失せてしまうでしょう。

―とはいえ、宗次さんほど経営に身をささげるのは難しいと思います。どうすれば経営に集中することができますか。

宗次:目標を持つことです。毎年、小さな目標を立てて、その目標を達成するために必死に働く。そうすれば、よそ見なんてしている暇はなくなります。ちなみに、目標の立て方にもコツがあります。あまりにも長期スパンの目標、達成が難しすぎる目標はダメです。1年くらいのスパンで、頑張ればギリギリ達成できるくらいの目標を立てるべきです。少なくとも「昨対比の売上・利益を越えること」は目標に据えた方がいいでしょうね。また誤解を恐れずに言えば、経営者は「夢」を追いかけない方がいい。私はそう思います。経営者が日々追いかけるべきなのは「夢」ではなく、「目標」です。大きな夢を語る経営者ほど、得てして大言壮語に陥りやすい。自己陶酔の挙句、見果てぬ夢で終わるのです。

 私の経験から言えば、すべては日々の積み重ねです。毎日必死に頑張っていれば、10年、20年経った時に夢のような奇跡が起きるのです。

なぜ壱番屋は事業承継がうまくいったのか

―宗次さんは、10年後のビジョンなどは考えていなかったのですか。

宗次:まったく考えていませんでしたね。そもそも将来のことを考える必要はないと思っていました。私は毎日、お店でお客さまの顔を見ていましたし、現場社員と意思の疎通もできていました。お客さまと社員のことが理解できていれば、それで十分だと思っていたんです。食堂業だからこそ出来たのかもしれませんが、実際には日々の積み重ねだけで、毎年業績は順調に伸びていました。

―多くの経営者は同業他社のことを気にすると思います。宗次さんは競合企業のことを意識していなかったのですか。

宗次:まったく意識していませんでしたね。お客さまだけを見ていれば十分です。同業他社を気にしていると、本質を見誤ります。ですから、当社は同業他社などの値下げ競争には一切参加しませんでした。また、他のカレーチェーンのヒット商品を模倣することもありませんでしたね。ただ、当社のFCオーナーからは、商品値下げの要求がたくさんありました。「売上が落ちているので、値下げキャンペーンをしたい」とか、「商品のセット割引を設けてほしい」とか。でも、私は信念があったので、一切値下げを許しませんでした。もし値下げをすれば、まず自社の利益が削られます。すると取引先に無理を言い、従業員に過重労働を強いることにつながる。こんな手法は経営者として本当に恥ずかしい。取引先も従業員も不幸になります。結果としてお客さまのためにもなりません。だから、私は値下げをしようとは一度も考えませんでした。そもそも食堂業には薄利多売商法はそぐわないのです。むしろ「売上が落ちたのなら、掃除をしなさい」と口酸っぱく言っていました。「値下げをしなくても、掃除で売上は上がる」。FCオーナーにそう説得していました。要は経営姿勢の問題なのです。

―掃除をすれば、本当に売上は上がるものですか。

宗次:上がります。ただし、自社の店舗だけを掃除しても効果は限られています。郊外の店なら周囲200メートル、市街地の店なら周囲20~30メートル。これが「CoCo壱番屋」の掃除の範囲です。店舗の近隣を毎日掃除すれば、次第に地域の人々から信頼されるようになります。「掃除を一生懸命やるような店なら安心だ。そんな店を利用したい。応援したい。」と思ってもらえるんです。

 もちろん、掃除がきっかけで店舗に足を運んでくださる方はごく一部ですよ。お客さまの中の1%もいないかもしれません。でも、そういったお客さま、「CoCo壱番屋」のファンが大事なんです。新たなファンが1ヵ月に1人増えれば、1年で12人に増えます。その12人からクチコミでファンの輪が広がり、いつか売上の数%を支えてくれるようになるんです。ただ、掃除の難しい点は「継続」です。掃除は継続しなければ意味がありません。でも、みんな続かないんですね。掃除をやり始める人は多いのですが、即効性がないからみんな途中でやめてしまう。逆説的ですが、だからこそ価値があるんです。誰も続かないからこそ、地域の人々から信頼されるわけです。

―宗次さんは2002年に53歳の若さで会長職から退き、引退しました。その後も御社の業績は順調に伸びています。なぜ御社は事業承継がうまくいったのですか。

宗次:素晴らしい後継者に恵まれたからです。現在、代表を務めている浜島俊哉は、私よりも優秀な経営者です。これは心からそう思っています。だからこそ、壱番屋を託しても大丈夫だと思ったわけです。また、私が「経営者」というポジションに執着しなかったことも良かったのでしょうね。創業経営者の中には自分が生み育てた個人の会社と錯覚し、「経営者」というポジションに執着して、なかなか後進に道を譲らない人が多い。でも、永遠に自分が経営できるわけじゃありません。どこかで潔く身を引かなければ、後進の経営者が育ちません。私の場合、ずっと経営に身をささげてきましたが、「経営者」というポジションに執着はありませんでした。だから、私は役員としても会社に残らず、スッパリ引退できたわけです。

―最後に、不況に苦しむ経営者へアドバイスをお願いします。

宗次:不況だからと言って、特別なことをする必要はありません。たしかに年商1000億円以上の会社ならば、不況の影響は免れないでしょう。しかし数億円、数十億円規模の会社ならば、不況の影響は少ない。経営者が先頭に立って無我夢中で働けば、自分の会社くらい守れるはずです。不眠不休を厭わず、寝食を忘れて必死に頑張る。そうやって経営者が率先垂範すれば、売上は落ちないと思います。

 売上回復のヒントなんて、いくらでも現場に転がっています。経営者はよそ見をせず、お客さま第一主義、現場主義を貫く。業績不振の理由を景気のせいにしてはいけません。業種業態の違いはあるかもしれませんが、経営の基本は同じだと思います。

宗次 德二(むねつぐ とくじ)プロフィール

1948年、石川県生まれ。高校卒業後、八洲開発株式会社を経て、1970年に大和ハウス工業株式会社に入社。1973年に独立。不動産仲介業を経て、1974年に喫茶店「バッカス」を開業。1978年にカレーハウスCoCo壱番屋を創業する。1982年に株式会社壱番屋を設立し、代表取締役社長に就任。1998年に同社代表取締役会長に、2002年に創業者特別顧問に就任。2003年にNPO法人イエロー・エンジェルを設立し、理事長に就任。2007年にクラシック音楽専用の「宗次ホール」を名古屋市内にオープンした。著書に『日本一の変人経営者』(ダイヤモンド社)などがある。

株式会社壱番屋

設立 1982年7月1日
資本金 15億327万円
売上高 684億2,100万円(2009年5月期)
従業員数 775名(2009年5月末)
URL http://www.ichibanya.co.jp

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:6/21~7/20

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop