累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
PR・ブランディングの経営者インタビュー

エスプライドグループ 株式会社働くお菓子 代表取締役 西川 世一

自社オリジナルのお中元・お歳暮を低価格で作る方法

コーポレートロゴ入りのクッキー、社長の似顔絵が描かれた飴、トラック型のパッケージなど、ユニークな「企業オリジナルのお菓子」を作っている会社がある。企業ブランディングを手がける「株式会社働くお菓子」だ。同社は2009年12月に日本初の新サービスをスタートさせた。それは「企業オリジナルのお中元・お歳暮」の企画・制作。今回は代表の西川氏に、オリジナルお歳暮のメリット、企業ブランディングのポイントなどを聞いた。

※下記は経営者通信9号(2010年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―御社は法人向けに「企業オリジナルのお中元・お歳暮」を作っているそうですね。

西川:ええ。もともと私たちは「企業オリジナルのお菓子」を作ってきました。そのノウハウを活かして、「企業オリジナルのお中元・お歳暮」の企画・制作を始めたんです。このサービスをスタートしたのは2009年12月。その後、この商品の認知度が広がり、わずか半年で数十社に導入してもらえるようになりました。リピート率は90%以上。クライアントからは「お客さまと会話が弾む」、「一度オリジナルを贈ったら、もう既製品は贈れない」と好評です。

―どのような企業が「自社オリジナルのお中元・お歳暮」を活用しているのですか。

西川:「日頃の感謝の気持ちをカタチにしたい」と考えている企業ですね。そもそもお中元やお歳暮は、日頃からお世話になっている方々へ感謝の気持ちを伝えるものです。しかし、多くの企業は単に既製品に「のし」を巻いて、流れ作業のようにお中元やお歳暮を贈っています。つまり、形式的なんですね。もらった相手も「のし」を外せば、どの会社から贈られたものか分かりません。分かるのは商品や百貨店のブランドだけ。だから、礼儀を大切にしている企業ほど「自社オリジナルのお中元・お歳暮」を活用していただいています。また、コスト意識の高い企業が多いですね。会社としてお中元・お歳暮に予算を使う以上、形式だけではもったいない。そういった考えをお持ちの企業が多いです。

―実際にオリジナルお歳暮を作る場合、いくらぐらいかかるのでしょうか?

西川:1箱当たり1500~5000円ぐらいです。一般的なお菓子のお歳暮の場合、相場は2000~5000円。つまり、既製品とほとんど価格は変わらないんです。制作期間としては、最初のお打ち合わせから2~4週間で納品。数量は50個から対応しています。もちろん、パッケージとお菓子は完全なオリジナルデザインです。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/28~9/26

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop