累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
特別企画

グロービック株式会社 (フォーシーズ経営自己診断 第3回) 代表取締役 越川 淳平、江崎 憲太郎

常に顧客視点に立ち堅実な経営を貫く

グロービックは、富裕層個人や企業に対して不動産管理やコンサルティングを行う会社である。同社は顧客視点に立った丁寧な対応で、着実に支持を集めている。今回は同社代表の越川淳平、江崎憲太郎両氏に登場してもらった。一方、対談でホストを務めるのはフォーシーズ代表の丸山輝氏。賃借人保証事業において顧客の信頼に応え続けながら新サービスを展開しており、その経営手腕には定評がある。前回に続き、丸山氏がダイヤモンドを鑑定する際の評価基準である「カラット」、「カット」、「クラリティ」、「カラー」の“4c’s”を切り口にして、越川氏と江崎氏に話を聞いた。

※下記は経営者通信12号(2011年5月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

カラット(事業規模) ~売上高2.8億円~

―越川代表、江崎代表、いつもお世話になっております。今日は宜しくお願いします。まずは御社の事業内容と事業規模をお聞かせください。

越川:不動産管理や不動産に関するコンサルティングなどを行っています。2010年12月期で、年商は約2億8,000万円です。

―事業内容について、もう少し詳しく教えてもらえますか。

越川:大きく分けて、当社は4つの事業を展開しています。1つ目は、不動産投資コンサルティング。富裕層個人や企業に対して、不動産投資に関する事業計画の立案や運用への助言を行っています。2つ目は、不動産活用コンサルティング。富裕層個人が相続対策などで行う不動産活用に対して、市場調査から商品企画などのトータルサポートを行っています。3つ目は、不動産管理。お客さまからお預かりした収益不動産の入居管理やビルメンテナンスなどを行っています。4つ目は、不動産売買の仲介。収益不動産や開発用地など、さまざまな不動産の仲介を行っています。また最近では、外資系企業からの依頼を受け、経営計画の策定や事業合理性の検証を伴う仲介業務なども行っています。

カット(事業の特徴) ~顧客視点と現場主義~

―では御社の事業の特徴を教えてください。

江崎:「お客さまの立場に立って考え、実行する」というコンサルティングの基本をしっかり守ることです。お客さまからのオーダーが不動産に関するものあれば、どんなことでも対応しています。また、日常的に現場へ出向き、情報収集やアクシデントに対する迅速な処理ができるよう心掛けています。特に空室の掃除や点検は自ら行っています。おかげでお客さまへの提案内容にも説得力が出ますので、この効果は非常に大きいものがあります。 越川:私はお客さまの経営計画の策定などのコンサルティング業務を主として行っています。ただし、お預かりしている不動産の空室については、もちろん自ら現場へ出向いて清掃や点検を行っています。私たちのこのような行動は話し合って決めているわけではありません。いわば二人の"あうんの呼吸"とういうところでしょうか。

クラリティ(透明度) ~常に情報を共有し、スピーディーな対応を実現~

―お二人が知り合ったきっかけは何ですか。

江崎:もともと私たちは同業他社で働くライバル同士だったのですが、同じお客さまを担当し、そのお客さまを通じて知り合いました。それぞれ異なる不動産関係の企業にいながら、お互いに敬意を払い、認め合ってきました。その後、友人関係を築く時間もあったので、現在の強いパートナーシップを持つことができたのだと思います。 越川:先ほどの"あうんの呼吸"に加え、江崎とは可能な限り情報を共有することを心がけています。現在はさまざまな場面で迅速な対応が要求されますから。

カラー(社風) ~あらゆる関係者に感謝し、丁寧に仕事を積み重ねる~

―御社はどのような会社を目指しているのですか。

江崎:お付き合いいただくあらゆる方との関係がWin-Winであり続ける会社を目指しています。つまり、「グロービックと関わって良かった」と思っていただける会社ですね。そのために、お客さまの大切な資産を管理させていただいていることへの感謝を常に忘れず行動しています。また、取引先や仕入れ先に対しても感謝の気持ちを忘れず、ビジネスパートナーとして尊重することが大切だと考えています。 越川:私たち二人は「会社は株主のもの」という企業統治の考えの中で仕事をしてきました。しかし、お客さまのことを一番に考えて現在の事業を続けるのであれば、株主は私たちだけであるのがベストだと思います。これからも派手なことを慎み、実績の積み上げとともに一歩ずつ成長してゆく堅実な会社でありたいと考えています。

―本日はどうもありがとうございました。御社のさらなるご発展をお祈りしています。

越川 淳平、江崎 憲太郎(こしかわ じゅんぺい、えざき けんたろう)プロフィール

越川 淳平(こしかわ じゅんぺい)
1967年、兵庫県生まれ。甲南大学経済学部卒業。数社の不動産関連企業の取締役を経て、2008年2月にグロービック株式会社を設立し、代表取締役に就任。社名のGLOBICは「Global Investment Consulting」を表現している。

江崎 憲太郎(えざき けんたろう)
1969年、福岡県生まれ。1996年9月に不動産関連の上場企業の取締役に就任する。ケニー・キャピタル株式会社の代表取締役を経て、2009年にグロービック株式会社に参画。2010年10月に代表取締役に就任。

グロービック株式会社

設立 2008年2月
資本金 2,500万円
売上高 2億8,270万円
事業内容 不動産投資コンサルティング、不動産活用コンサルティング、不動産管理、不動産売買仲介
URL http://www.globic.co.jp/

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/28~9/26

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop