累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
人事・労務の経営者インタビュー

イーストウエストコンサルティング株式会社 代表取締役社長 室松 信子

ヘッドハンティングの第一人者

経営幹部層の採用手法として、日本でも広がりつつある「ヘッドハンティング」。しかし、ヘッドハンティング業界は玉石混交と言われ、怪しげな会社も少なくない。今回紹介するイーストウエストコンサルティングは国内最大手、過去1万5000人以上のヘッドハンティングの成功実績を誇る。また同社は創業から23年間、業界をリードしてきたパイオニアでもある。今回は代表の室松氏にヘッドハンティング成功のポイント、良いヘッドハンティング会社の選び方などについて聞いた。

※下記は経営者通信2号(2009年7月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―「不況期は優秀な人材を採用するチャンス」とよく言われますが、これは本当なのでしょうか。

室松:いえ、景気は関係ありません。なぜかというと、優秀な人材は不況期でも責任ある仕事を任されており、転職を考えているケースは少ないからです。また、たとえ勤務先の企業が潰れた場合でも、本当に優秀な人材は付き合いのある企業からオファーが来て転職します。そのため、いくら転職市場で待っていても優秀な人材はほとんど現れません。優秀な人材を採用したいならヘッドハンティングを利用することをお勧めします。ヘッドハンティングなら転職市場に出てこないような人材に、積極的にアプローチができますからね。ちなみに、いま大規模なリストラを断行しているような大企業からも、ヘッドハンティングの依頼は来ています。そういう大企業は、表向きは人材採用をストップしています。しかし、大企業はリストラを行っているだけではジリ貧になってしまうので、リストラを進めながらも、その裏で優秀な人材のヘッドハンティングも同時に行っているわけです。

―ヘッドハンターは、企業と人材をマッチングする際、どんなポイントを重視しているのですか。

室松:3つのポイントを重視しています。1つ目はスキルのマッチング。つまり、その人がクライアントの求めるスキルを持っているかどうか。これはヘッドハンターが様々な角度から質問して見極めます。ここで大事なのは、履歴書に書いてあることを、あえて本人の口から語ってもらうこと。履歴書に嘘を並べている人は、これでだいたいボロが出ます。突っ込んだ質問をすると答えられなくなったり、曖昧な返事になるんです。  2つ目はビジョンのマッチング。経営者と同じ価値観を共有し、一緒に会社を創り上げていけるかどうか。ここでは経営陣と採用候補者が何度も面談して、お互いに腹を割って話し合うことが大事です。3つ目は感覚(フィーリング)のマッチング。お互いに「何となく惹かれる、好感を持てる」という感覚があるかどうか。直感は非常に大事です。人の脳は過去に出会った人材のデータベースを瞬時に参照して、相手のことを総合的に評価します。直感の判断が大きく外れることはありません。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:6/25~7/24

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop