累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
プロフェッショナルサービスの経営者インタビュー

株式会社エストコーポレーション 代表取締役 山住 晃葵

不測の事態に備える!売掛金の未回収を防ぐ方法

取引先からの売掛金回収に一抹の不安があるとき、どんな予防策を講じればいいのだろうか。これまでの予防策と言えば、売買契約書に契約違反時のペナルティを盛り込むぐらいしか方法がなかった。そのような中、注目を集めている手法が「保証ファクタリング」だ。この手法を活用すれば、低コストで売掛金の40~90%を回収できるという。今回は、エストコーポレーション代表の山住氏に「保証ファクタリングによる売掛金の回収方法」について話を聞いた。

※下記は経営者通信12号(2011年5月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―「保証ファクタリング」とは、どのような仕組みですか。

山住:取引先の倒産や不測の事態で売掛金が回収不能となったときに、ファクタリング会社が代わりに売掛金を支払う仕組みです。これにより保証分の入金が確保できます。ただし、保証ファクタリングで保証されるのは全額ではありません。事前に決めた「保全率」に応じた金額のみ保証されます。「保全率」とは、売掛金のうち保証される金額の割合のこと。当社では売掛金の40~90%の範囲で対応しています。その他にファクタリング会社に支払う手数料も必要となり、当社では売掛金の2~5%で対応しています。

―なぜ、保証ファクタリングが注目されているのでしょうか。

山住:注目されている理由は2つあります。1つ目は、与信管理の手間が省ける点。厳しい市況の中、多くの会社が新規開拓に力を入れ始めています。しかし、新規の取引先が増えると、与信管理の手間も増えてしまいます。ファクタリング会社の与信管理機能を利用すれば、自社で調査をする手間が省けます。2つ目は、事業リスクが抑えられる点です。市況が低迷する中、「新たなチャレンジをして、現状を打破したい」という企業も増えています。保証ファクタリングで売掛金を保証すれば、財務面のリスクヘッジができます。新規事業を立ち上げたり、新製品を開発したりといった、多額の投資を伴う事業にも取り組みやすくなるわけです。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:11/9~12/8

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop