累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
プロフェッショナルサービスの経営者インタビュー

株式会社エストコーポレーション 代表取締役 山住 晃葵

中小企業の新・資金調達術

中小企業の経営者の悩みと言えば、何と言っても「資金繰り」だろう。特にここ数年は銀行の融資基準が厳しくなっており、中小企業の資金調達法は限られている。そんな厳しい状況下、いま「ファクタリング」という資金調達法が注目を集めている。ファクタリングとは、自社の売掛債権を売却して早期に資金を調達する手法のこと。そこで今回、エストコーポレーション代表の山住氏に「ファクタリングを使った資金調達術」について聞いてみた。

※下記は経営者通信8号(2010年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―近年、新たな資金調達法として「ファクタリング」が注目を集めています。そもそも「ファクタリング」とは、どのような手法なのでしょうか?

山住:利益管理を怠りがちなことです。多くの成長企業は、商品力を武器にして売上を伸ばしていきます。そして、売上が伸びれば自動的に利益も伸びるので、自然と売上重視の組織風土が生まれます。また"どんぶり勘定"でも会社が成長するので、利益管理を怠りがちになるんです。しかし、今回のような突然の不況が訪れた時、そのツケは回ってきます。そもそも、自社は何で儲かって何で損をしているのかが分からない。部門単位や案件単位の収益が把握できていない。だから自社の業績が悪化した時、細かい検証と改善ができないわけです。このような状況に陥った後で利益管理の仕組みを導入しても、もはや手遅れです。すでに売上重視の風土が組織に根付いており、なかなか利益管理の仕組みが定着しないからです。いきつくところは、オフィスの縮小移転、ボーナスのカット、人員削減...。次第に会社の雰囲気も悪くなり、優秀な人材が離れていってしまいます。

―自社の売掛金を早期に現金化でき、そのキャッシュを有効活用できるわけですね。

山住:ええ。ファクタリングのメリットは他にもあります。それは貸倒れリスクの回避。売掛債権の貸倒れリスクをファクタリング会社に転嫁することができるからです。もし売掛先企業が倒産した場合、ファクタリング会社に売掛金分の金額を返却する必要はないんです。ちなみに手形割引の場合、貸倒れリスクを他社に転嫁することはできません。売掛先企業が倒産したら、自社が手形割引会社に売掛金を支払う必要があるんです。これが手形割引とファクタリングの大きな違いですね。  さらに売掛債権の管理・回収業務の軽減という業務軽減メリットもあります。リソースの限られた中小企業にとって、売掛債権の管理・回収業務は大きな負担です。ファクタリングを活用すれば、それらの煩雑な業務をファクタリング会社にすべて任せることができるんです。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/28~9/26

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop