累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
人事・労務の経営者インタビュー

株式会社ビジネス・ブレークスルー 副学長・経営学部教授 伊藤 泰史

経営参謀を育成する方法

不況に苦しむ企業が多いいま、利益を上げている企業とそうでない企業の違いはどこにあるのか。その大きなカギは、やはり人材にあるようだ。不況のいまこそ、新規事業などの新たな価値を会社に生み出す経営参謀の養成が急務である。そこで今回は、2010年春に開学したオンライン大学、ビジネス・ブレークスルー大学(以下、BBT大学)を紹介したい。副学長の伊藤氏と学部事務局長の宇野氏に「経営参謀を育成する方法」を聞いた。

※下記は経営者通信10号(2011年1月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―不況の影響で多くの企業が成長の踊り場で停滞しています。現状を打破するために必要なことは何でしょうか。

伊藤:多くの経営者が抱える悩みに、人材のミスマッチがあります。大学が輩出する学生と、企業が求める人材にギャップが生じている。その背景にはバブル崩壊以降、日本の経済情勢が大きく変動する一方で、大学教育は何も変わっていないことがあります。いま企業に必要なのは、時代に敏感に適応しながら、優れた事業実行力を発揮する人材です。つまり、0から1を創り出すような経営参謀が必要なんです。

―しかし、中小・ベンチャー企業の多くはそうした人材を育成するノウハウを持っていません。どうやって「新しい価値を生み出す経営参謀」を育成すればよいのですか?

伊藤:一般的な方法として、人材育成に資する教育機関や研修システムを利用することが挙げられます。ただ、ほとんどの教育機関が提供している研修には問題があります。たとえば一方通行で知識を詰め込むだけの内容、実践を軽視した座学だけの授業など、肝心のスキルアップにつながらない問題点が数多くあるんです。そこで本学では、事実に基づいた分析や現在進行形のケーススタディを行ったり、自分が経営層の立場になって経営判断をするなど、実行力を鍛える授業を展開しています。また、受講者が実際に勤務している会社の課題をテーマに企画書や提案書を作る業務直結の授業を行っています。だから、実践的な問題解決力が身につくわけです。 宇野:さらに、本学は講師陣のレベルが非常に高い。実際に企業の第一線で活躍する経験豊富なリーダーを揃えています。学長の大前研一を筆頭に、企業論の授業は日本サン・マイクロシステムズなどを立ち上げた松本孝利氏、ファイナンスの授業は日本で最も古いベンチャーキャピタリストの門脇徹雄氏など、著名な企業人や大学教授が名を連ねています。このような実践的な学びによって、経営参謀として業務に直結するスキルを身につけることができます。ちなみに、当校の費用は年間で約80万円。社員が将来の経営幹部に育つことを考えると、決して高いコストではないと思います。

―BBT大学は経営学士の学位が取得できる日本初のオンライン大学だと聞きました。どのような方法で講義を受けるのですか。

宇野:講義はオンデマンドによる動画配信で視聴します。本学ではパソコンだけでなく、iPhoneやiPod touch、iPadでも受講できます。また、その他のスマートフォンにも対応を予定しており、受講者は場所を問わず、空いた時間を有効に使って学べます。通勤中や昼休みなどのわずかな時間を利用して手軽に学習環境を作り出すことができるんです。また教室内の議論は「AirCampus®」というサイバークラスルーム(インターネット上の掲示板のような機能)で意見を戦わせ、内容を深めていきます。 伊藤:インターネットによるこうした学びのシステムは、単に便利なだけではありません。教育のあり方そのものを大きく変える可能性を秘めています。私たちの理念は、オンライン大学を通じて世界で活躍できる経営人を育てること。世界標準のスキルを身につけ、企業の成長に結びつく経営参謀を輩出したいと考えています。

伊藤 泰史(いとう やすし)プロフィール

慶應義塾大学を卒業後、三菱電機株式会社に入社。1998年に株式会社ビジネス・ブレークスルーを創業し、独自の遠隔教育システム(特許取得)を設計・開発。その後、文部科学省認可のBBT大学院(経営学研究科)、BBT大学(経営学部)などを立ち上げる。現在は同社の代表取締役副社長であり、BBT大学院の副学長でもある。

株式会社ビジネス・ブレークスルー 学部事務局長 宇野 令一郎プロフィール

慶應義塾大学を卒業後、都市銀行、ベンチャーキャピタルを経て、2009年に株式会社ビジネス・ブレークスルーに入社。現在は学部事務局長として、社会人向け高等教育ビジネスに取り組んでいる。熊本大学大学院教授システム学専攻修了、修士(教授システム学)。カナダのMcGill大学でMBA取得。

株式会社ビジネス・ブレークスルー

設立 1998年4月
資本金 14憶7,752万円
事業内容 大学運営(文部科学省認可)/ビジネス・ブレークスルー大学(経営学部)、ビジネス・ブレークスルー大学大学院(MBA)、インターネットや衛星放送を活用した遠隔型マネジメント教育
URL http://www.bbt757.com/
お問い合わせ電話番号 0120‐970‐021(受付時間 平日9:30~21:00/土日祝10:00~18:00)

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:11/9~12/8

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop