累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
IT投資・コンサルティングの経営者インタビュー

株式会社エイ・エヌ・エス 代表取締役 赤澤 博史

初期コスト「ゼロ」で構築できる!

企業が自社の生産性をアップする方法に、※「基幹システム」の導入がある。たとえば「販売管理」、「生産管理」、「配送管理」など、各業務に応じたシステムを構築するのも、その一例だ。これらのシステムをパッケージではなく、自社特有の業務に合わせたセミオーダーメイドで構築し、「初期コストゼロ」で提供する企業がある。ソフトハウスとして設立以来22年、300社以上のシステムを構築した実績を持つエイ・エヌ・エスだ。今回は代表の赤澤氏に話を聞いた。※基幹システム:生産・販売・会計・人事など、企業の基幹業務をサポートするITシステムのこと。

※下記は経営者通信14号(2011年8月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―長引く不況の中、売上が低迷している企業は多いと思います。企業が利益を確保するためには、どのような方法が考えられますか。

赤澤:不況下の現在、営業戦略への注力を、即座に売上アップにつなげるのは難しいのが実情です。また、売上のアップが期待できない以上、限られた売上の中で、いかに利益を確保していくかを考えることが先決になります。利益を確保するためには、社内の業務効率や生産性をアップし、コストの削減に取組む必要がある。そして、その方法のひとつに、基幹システムの導入があるのです。

―基幹システムの構築にはコストがかかります。中小・ベンチャー企業での導入は難しいのではないでしょうか。

赤澤:確かに、フルオーダーメイドの基幹システムを一般的なソフトハウスに依頼した場合、最低でも500万円以上はかかります。ましてや、大規模なものであれば、数億円かかることもある。逆に、できるだけ安価なものを求めるなら、パッケージ商品もあります。しかし、基幹システムにパッケージ商品を用いてしまうと、細かな部分で自社の業務特性に適合せず、使い勝手が悪いことが多い。当然、業務効率は上がらず、生産性のアップにもつながらない。つまり、コストを抑えるつもりが、かえって「使えないシステム」に無駄なコストを費やしてしまうことになるのです。

―中小・ベンチャー企業が、本当の意味で「使える基幹システム」を低コストで導入するにはどうすればよいですか。

赤澤:自社の業務特性に応じた基幹システムを導入することが大切です。 当社では、企業の業務特性に特化した基幹システムを構築するサービス、「IT-Agent セミオーダー版」をリリースしました。このサービスでは、たとえば「販売管理」、「伝票管理」、「配送管理」、「輸入管理」、「顧客管理」など、お客さまが必要とする業務だけに特化したシステムをオーダーメイドで構築し、提供します。つまり、自社の業務特性に応じた基幹システムを構築できるのです。だから、自社の業務内容とのブレがなく、着実に業務効率をアップできる。そのため生産性も上がり、人件費などのコスト削減にもつながるのです。

―フルオーダーメイドの基幹システムを導入するのに比べて、「IT-Agent セミオーダー版」はどのくらい低コストなのでしょうか。

赤澤:一般的に、フルオーダーメイドの基幹システムの構築費は500万円から数億円、納品までの期間には最低でも6ヵ月以上を要します。これに対し、「IT-Agent セミオーダー版」は、基幹システムを構築する際の「初期コストはゼロ」円。基幹システムの構築後、お客さまが負担する固定の月額コストは59、800円からです。また、システム開発に必要な期間も2ヵ月からと、納品までの期間も実に短期間です。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/31~9/29

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop