累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
IT投資・コンサルティングの経営者インタビュー

株式会社エイ・エヌ・エス 代表取締役 赤澤 博史

「初期コストゼロ」で基幹システムを構築する方法

今回は、業界の常識を覆すITサービスを紹介したい。フルオーダーメイドで基幹システム(注1)を構築・運用できる「IT-Agent」だ。このサービスの注目ポイントは「初期コストゼロ」という点。従来は数百万円~数億円かかっていた初期コストをなんとゼロにしたのだ。なぜこんなサービスが実現できたのか。「IT-Agent」を運営するエイ・エヌ・エス代表の赤澤氏に話を聞いた。

(注1)基幹システム:生産・販売・会計・人事など、企業の基幹業務をサポートするITシステムのこと。

※下記は経営者通信9号(2010年11月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―いま「IT-Agent」の導入企業数が増え続けているそうですね。なぜ不況下でも、導入企業数が増えているのですか。

赤澤:基幹システムの構築を通じて、クライアントの利益を向上させているからです。どんな経営者も、自社の利益を上げるアイデアを持っています。たとえば「業務を仕組み化して、人件費を削減したい」、「経営情報をリアルタイムで把握して、経営のスピード化を図りたい」、「ITシステムを使って新サービスを立ち上げ、売上を伸ばしたい」など。当社では経営者とのディスカッションを通じて、クライアントの利益を上げるアイデアを引き出しています。そして、そのアイデアを実現する基幹システムを構築しているんです。

―しかし、一般的に基幹システムを構築するには、多額の初期コストが必要です。この不況下、企業が多額の初期コストを捻出するのは難しくありませんか。

赤澤:たしかに、フルオーダーメイドで基幹システムを構築する場合、最低でも500万円以上かかります。大規模なシステムになれば、数億円かかることもザラです。そのため初期コストがネックになり、基幹システムの構築を断念する企業も多かったんです。  そこで、当社では基幹システム構築の初期コストを「ゼロ」にしました。クライアントが負担するのは、固定の月額コスト(10万円~)のみです。つまり、通常なら数百万円以上かかる初期コストを当社が負担しているんです。おかげさまで、多くの企業から好評を得て、不況下でも導入企業が増え続けているというわけです。

―「初期コストゼロ」のビジネスモデルは、御社にとって財務面の負担が大きいと思います。どうやって、このビジネスモデルを実現したのですか。

赤澤:当社がこのビジネスモデルをスタートさせたのは、今から21年前の1989年。立ち上げ当初は多額の設備投資が必要だったため、自己資金だけでは賄いきれませんでした。そこで、最初はクライアントに信頼してもらい、多額の前受け金をお預かりしました。金融機関からの借入を最小限に抑えつつ、最大限の開発効率を実現しようとしたんです。  その後、クライアントの声を聞きながら、地道にシステム構築や保守運用のサービスを改善していきました。このビジネスモデルは、多くのクライアントに支えられて成り立っています。そのため、とにかくクライアントのメリットを第一に考え、サービスを提供し続けていきました。そして徐々に事業が軌道に乗り、財務基盤も安定していったんです。おかげさまで、現在では多くのクライアントに支えられ、2010年に「IT-Agent」としてサービスをリニューアルしました。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:9/1~9/30

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop