累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
営業支援の経営者インタビュー

株式会社ALL CONNECT(オールコネクト) 代表取締役 岩井 宏太

不況でも売れる!コストゼロのWeb販売術

不況でモノが売れない中、不況知らずの販売代行会社がある。完全成果報酬型のWeb販売代行を展開するALL CONNECT(オールコネクト)だ。同社はブロードバンドサービスなどで、全国トップのWeb販売実績を誇る。この不況下でも目覚ましい成長を続け、設立5年で年商20億円を突破する見込みだ。今回は代表の岩井氏に「Webで商品を売る方法」について聞いた。

※下記は経営者通信5号(2010年3月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―これまでに御社は20社もの商品をWebで販売代行してきました。どうすればWebで商品を売れるようになりますか。

岩井:Webで商品を売るステップは3つあります。まず①Webサイトの制作。これは販売用サイトを新たに立ち上げるということです。ここでのポイントは、商品のウリを明確に打ち出すこと。ちなみに商品のウリとは、価格や機能、実績などです。Webの世界では、ユーザーはワンクリックで複数の商品を比較できます。ユーザーに選ばれるためには、商品のウリを明確に訴求しなくてはいけないのです。   次に②ユーザーの集客。これはリスティング広告(注1)などで、ユーザーをサイトに集客するということです。リスティング広告のポイントは、費用対効果の高いキーワードに出稿すること。広告費用が比較的低く、成約につながりやすいキーワードを見つけるわけです。たとえば「インターネット回線 申し込み」など、ビッグワード(検索件数の多いキーワード)とアクションのキーワードの組み合わせは効果的ですね。そして最後が③クロージング。これは集客したユーザーを成約につなげるということです。ここでのポイントは、必ず電話の問い合わせ窓口を設けておくこと。実はWeb経由で商品が売れる場合、最後は電話でクロージングするケースが多いんです。実際、当社の場合は成約全体のうち、電話によるクロージングが3~5割を占めています。その理由は「Webだけで商品を購入すること」に不安を持つユーザーが多いから。電話の窓口を設ければ、ユーザーの不安を解消でき、成約率を高めることができます。 Webで商品を売るためには、以上の3つを最適化することが大事です。商品のウリを訴求できるWebサイト、費用対効果の高いプロモーション、電話を使ったクロージング、この3つですね。

(注1)リスティング広告:検索エンジンでキーワードが検索された際に、検索結果ページにスポンサーとして表示される検索連動型広告のこと。グーグル社の「アドワーズ」やオーバーチュア社の「スポンサードサーチ」がある。 ※コールセンター:顧客への電話対応業務を専門に行う事業所・部門のこと。

―ところで、Webで商品を売ろうと思ったら、どれくらいコストがかかりますか。

岩井:初期コストに100~400万円かかります。その内訳はサイト制作費に100万円、Web広告費に10~100万円。さらに、クロージングのために※コールセンターを構築した場合で、追加で50~100万円程度がかかりますね。 また、Webサイトの立ち上げ後もコストはかかります。月々のサイト運営費に数十万円、Web広告費に100万円以上かかることもザラにあります。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/28~9/26

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop