累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
特別企画

株式会社オフィスR&M (フォーシーズ経営自己診断 第5回) 代表取締役 宮本 正好

オフィスに関する不動産業務をワンストップで提供し、トータルコストを下げる

オフィスR&Mはオフィス関連の不動産業務を行う会社である。同社では、物件探しから、引越、ビル管理まで幅広いサービスをワンストップで提供し、トータルコストを下げている。今回は同社代表の宮本正好氏に登場してもらった。一方、対談でホストを務めるのはフォーシーズ代表の丸山輝氏。賃借人保証事業において顧客の信頼に応え続けながら新サービスを展開しており、その経営手腕には定評がある。前回に続き、丸山氏がダイヤモンドを鑑定する際の評価基準である「カラット」、「カット」、「クラリティ」、「カラー」の“4c’s”を切り口にして、宮本氏に話を聞いた。

※下記は経営者通信14号(2011年8月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

カラット(事業規模) ~売上高1.7億円~

―宮本代表、いつもお世話になっております。今日はよろしくお願いします。まずは御社の事業内容と事業規模をお聞かせください。

宮本:当社では主に3つの事業を行っています。1つめは、オフィスビルの賃貸仲介。2つめは、メンテナンスをはじめとするビル管理。3つめは、オフィスリニューアル、オフィス移転、移転後の原状回復などの工事です。2011年12月期で、年商は約1億7000万円を見込んでいます。社員数は10名です。

カット(事業の特徴) ~不動産業の18年におよぶ経験をもとに、ワンストップサービスを提供~

―では御社の事業の特徴を教えてください。

宮本:「オフィスの賃貸仲介、内装工事、引越、移転案内状の送付、移転後のビル管理など、一連のサービスをワンストップで提供していることです。大手不動産会社の場合、それぞれのサービスを異なるグループ会社が提供することが多く、その分コストがかさみます。しかし、当社では約30社のパートナー企業の協力を得て、これらのサービスをワンストップで提供できる。だから、トータルコストをおさえることができるのです。 私は当社を立ち上げるまでの18年間、不動産業界で研鑽を積み、前職ではグループで400人超の社員を有する企業の社長を務めました。そこではオフィスづくりに関する一連の業務をグループ企業数社で担当していました。現在、当社が提供するワンストップサービスは、この時の経験やノウハウをもとに構築したものなのです。

クラリティ(透明度) ~“人対人”のコミュニケーションを心がける~

―社内での情報共有はどのように行っているのですか。

宮本:四半期ごとに決算書、経営方針、売上目標などを全社員に開示しています。また、スマートフォンアプリなどを利用して、社員同士で日々のスケジュールを共有していますね。この他、当日の売上、お客さまからのクレーム内容や対応方法などを、いち早くメールで報告しあうようにしています。 もちろん、単なる情報共有だけでなく、社員たちそれぞれの業務内容を詳細に把握して、サポートすることも大切。ですから、私は時間が許すかぎり、社員たちの営業に同行しています。“人対人”の密接なコミュニケーションも欠かさないようにしているのです。

カラー(社風) ~社風は会社のカガミ。つねに磨いて良い状態を保ちたい~

―御社が大切にしていることは何ですか。

宮本:時間厳守と挨拶ですね。また、毎日10分間の朝礼を実施して、当社のビジョンを全社員で唱和するほか、当日の業務の確認を行っています。もし前日にクレームがあった場合には、その内容と対応策を個別に報告してもらいます。 とはいえ、社内の雰囲気は非常にフランクで、月に1度は全社員で飲みに行きますね。それ以外にも、私が個別で飲みに誘うこともあります。そういう機会を数多く設けることで、できるだけ社員とのコミュニケーションを図り、風通しの良い社風になるように心がけているんです。 リーマンショック以降、当初の目標よりも業績が伸びていないため、社員と新たなビジネスチャンスについて話し合う機会を設けています。そんな時、ボトムアップで意見を吸い上げやすくするためにも、普段から社員とのコミュニケーションを欠かさないようにしているのです。社風は会社のカガミですから、つねに良い状態を保ちたいですね。

―社員教育にも力を入れているのでしょうか。

宮本:社員には勉強のために、外部のセミナーなどを受けさせるようにしています。今後は新卒採用をして人を育てると同時に、※アセット・マネジメントや他社とのアライアンスなども視野に入れて、事業を成長させていきたいと思います。

―これからもぜひ、着実に事業を拡大していかれることをお祈りしています。本日はどうもありがとうございました。

※アセット・マネジメント:株式、債権、投資用不動産、その他金融資産の管理を所有者や投資家に代行して行う業務のこと

宮本 正好(みやもと まさよし)プロフィール

1966年生まれ。日本大学卒業。1991年、株式会社ビルディング企画入社。1998年、営業部長に就任し、就任1年にして年商10億円から20億円へと飛躍させる。2002年、代表取締役社長に就任。2009年、株式会社オフィスR&Mを設立し、代表取締役社長に就任する。趣味は野球、ロードサイクリング、スキューバダイビングなど多岐にわたる。

株式会社オフィスR&M

設立 2009年
資本金 900万円
売上高 1億7,000万円
従業員数 10名
事業内容 オフィスを中心とする事業用不動産の賃貸・売買仲介、リニューアル・入居・原状回復・その他各種工事、プロパティマネジメント、ビルメンテナンス事業、コンサルティング事業、M&Aの仲介など、オフィスに関わる事業全般
URL http://www.o-rm.co.jp/

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:8/30~9/28

  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • スマートフォン・タブレットに強い企業100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop