累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
人事・労務の経営者インタビュー
[PR]

株式会社シンクスマイル 代表取締役 新子 明希

経営理念を自然に浸透させ社員同士が認めあう風土をつくる

2014年11月のリリースから、上場企業、大手アパレル企業ほか120社以上の企業が導入している、社内モチベーションSNS「HoooP(フープ)」。運営するシンクスマイル代表・新子氏は、「よい企業文化をつくるには、社内コミュニケーションの活性化が欠かせない」と説く。成長企業におけるコミュニケーション上の課題とその解決策、社員の成長やモチベーションアップ法について同氏に聞いた。

※下記は経営者通信35号(2015年2月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

コミュニケーションは理念、価値観浸透のため

―企業理念、価値観の浸透における一般的な課題を教えてください。

 個人の性格がその人の運命を決めるように、企業文化が会社の運命を決めます。どこの企業も独特の理念や価値観を浸透させてよい文化をつくろうとしています。ただ文化は見えないためコントロールが難しいうえに、一度できてしまうと、それを変えるのは困難です。  課題としては、採用のミスマッチや、そもそも価値観が明文化されていないことなどがあげられます。また毎朝、明文化した行動指針を唱和させても、やらされ感だけが残るようなら、よい文化は育ちません。  最大の課題は起業後の社員数増加にともなって進む、社内コミュニケーションの複雑化です。現場の社員には「トップがなにを考えているかわからない」「現場が見えていないのでは」という不満が生まれます。  企業の成長とともにコミュニケーションが飛躍的に難しくなるという課題は、どの会社にも当てはまるのです。

―そうした課題解決のためには、どうすればいいでしょうか。

 コミュニケーションを活発にするうえで効果が高いのは「ほめる」ことです。  ただし、「おだて」たり「お世辞を言う」のではありません。まずは、対象者を日々観察・分析すること。そのうえで、対象者を承認し、感謝し賞賛する。そして、期待を寄せること。こうしたプロセスを経て初めて、コミュニケーションの活性化につながると考えられます。  また、メンバーが頻繁にほめあうチームは、価値観が共有されています。そういうチームは結束力が強く、他チームよりも成果を上げる傾向があります。  そこで当社では、自然なコミュニケーションのためのツールとしてSNSを用いた「HoooP」を開発しました。

社員間、部署内の交流から個人やチームの特徴を把握

―「HoooP」の導入でどういう効果が期待できますか。

 1つめは、理念浸透、価値観共有です。ここではまず、会社が行動指針に合わせ10~12種類の「バッジ」を用意します。社員はアプリ上で、ほめる内容に応じてバッジを選び、コメント付きで送信。ほめられた社員には、アプリ上でバッジが貯まっていきます。バッジに行動指針が反映されていますから、送りあうたびに自社の理念や価値観の確認につながります。  2つめは、コミュニケーションの活性化です。だれがだれにどういう理由でバッジを送ったかを見ることで、社内・部署内のコミュニケーションの量と質がひと目でわかります。このフェーズでその企業の「文化」が見えてきます。  3つめは、マネジメント活用です。送られたバッジの傾向で社員の強みや徴がわかります。バッジのコメントは、その人の働き方の「口コミ」とも言えます。すでに「HoooP」導入企業全体で、10万件以上の、社員同士のポジティブな「口コミ」が集まっています。  たとえば、当社ではアイデア特性が伸びている社員や、熱血コメントが多く集まっている社員に、新しいプロジェクトを任せたりしています。  4つめは、所属メンバーの分析による、部署の特性把握です。これによって、同傾向の社員が活躍する部署へ人材を異動する、適材適所が可能になります。

社員の個性を把握し経営に活かす

―組織活性化に悩む経営者にメッセージをお願いします。

 的確にほめることは、社員のモチベーションを高め、組織を活性化させる、いちばん確実な手段です。当社には「HoooP」で、入社後2年間で1000回以上まわりに承認され、最速でリーダーになったメンバーもいます。いくらほめ上手の上司でも、一人でこんなにほめられませんよね(笑)。「HoooP」を使えば、社内でバリューを発揮してまわりから評価されているメンバーの、人柄が見えてきます。これまで評価に反映できなかった、社員のコミュニケーションやキャラクターを把握し、組織の活性化に役立ててください。

新子 明希(あたらし はるき)プロフィール

1972年、大阪府生まれ。高校時代、アメリカ一周の旅に出て、ボストンのオープンキャンパスで、「経営者は幸せの専門家」であることを学び、起業を決意。帰国後19歳で起業。以降15年間連続黒字を達成する。2007年、株式会社シンクスマイルを設立し、代表取締役に就任。

株式会社シンクスマイル

設立 2007年6月
資本金 2,000万円
従業員数 130名(2015年1月現在)
事業内容 社内SNS「HoooP」、お試しサイト「トライフィールコレクション」の運営、ポイントカードシステムの提案・導入、CS(顧客満足)コンサルティング
URL http://5smile.com/
お問い合わせ電話番号 03-6892-5100(受付時間 平日10:00~19:00)
お問い合わせメールアドレス info@5smile.com

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:3/24~4/22

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop