累計経営者300人に取材
経営者の経営力を上げるメディア
Web強化の経営者インタビュー

サンネット株式会社 代表取締役社長 上地 明彦

どうすればWebで商品が売れるようになるのか?

サンネットはWebマーケティングに特化した技術系ベンチャーだ。SEO支援ツール「ToFU」などの自社商品を開発している。そして2009年7月に、業界最先端のアクセス解析ツール「ToFU with eigwa」をリリースした。このツールの革新性は、アクセス解析を「見える化」し、ひと目でWebサイトの改善点が把握できる点にある。今回は、サンネット代表の上地氏と開発メンバーの知念氏と松原氏に“売れるWebサイト”のつくり方について聞いた。

※下記は経営者通信3号(2009年9月号)から抜粋し、記事は取材時のものです。

―御社はWebで商品を販売している会社に対して、SEO支援ツールなどを提供しています。Webマーケティングに力を入れている会社が、特に陥りがちな問題を教えてください。

上地:「サイト訪問者は多いのに商品が売れない」という問題ですね。多くの企業は訪問者を増やすために、SEOやリスティング広告(注1)に投資します。しかし、SEOやリスティング広告は、あくまでもサイトの“入り口”に見込み客を連れてくるだけ。肝心の売上にまで結び付かないケースが多いんです。中には、人気キーワードで検索結果が1位になったのに、売上はサッパリという会社もあります。

(注1)リスティング広告:検索エンジンでキーワードが検索された際に、検索結果ページにスポンサーとして表示される検索連動型広告のこと。

―どこに問題があるのでしょうか。

松原:いくつかのパターンに分類できます。たとえば、成約率の低い検索キーワードに投資している。検索キーワードとランディングページ(注1)が対応していない。ランディングページから成約ページまでの間に離脱率(注2)の高いページがある。そもそもサイトの情報量が不足している、などです。 これらの問題を解決するためには、キーワード別に訪問者の導線(注3)を分析する必要があります。いったい、どのキーワードが最も成約につながっているのか。成約者・離脱者はどういうルートを辿っているのか。それらを徹底的にデータで押さえる。その上でサイト改善の仮説を立てて検証するわけです。つまり、綿密なアクセス解析をもとに、サイト改善を繰り返していく必要があるんです。 このほど当社は最新鋭のアクセス解析ツール「ToFU with eigwa」を開発しました。これはサイト訪問者の導線を「見える化」したツール。“売れるWebサイト”にするための改善点をひと目で把握することができるものです。  実は、もともと当社はSEO支援ツール「ToFU」を開発・提供していました。しかし、お客様の中には「ToFU」でサイトを上位表示させても、売上が上がらないケースがありました。そこで気づいたんです。サイトを上位表示させるだけじゃダメだと。サイト自体を改善させ、チャリンとお金が鳴るところまで、お客様を支援しなければ意味がない。そういう想いで「ToFU with eigwa」を開発したんです。

(注1)ランディングページ:インターネット広告や検索エンジンの検索結果からのリンク先となるWebページのこと。
(注2)離脱率:Webサイトの訪問者のうち、成約せずにWebサイトから退出した人の割合のこと。
(注3)導線:訪問者がWebサイト内を移動した軌跡のこと。

※このサイトは取材先の企業から提供されているコンテンツを忠実に掲載しております。ユーザーは提供情報の真実性、合法性、安全性、適切性、有用性について弊社(イシン株式会社)は何ら保証しないことをご了承ください。自己の責任において就職、転職、投資、業務提携、受発注などを行ってください。くれぐれも慎重にご判断ください。

月間人気記事ランキング集計期間:11/9~12/8

  • 海外で活躍する経営者のインタビューサイト Japan Business Headline
  • 海外で活躍する日本企業を増やす総合情報サイト ヤッパン号
  • ベンチャー支援のプロフェッショナル
  • 注目の西日本ベンチャー100
  • INOUZTimes
  • THAI GOOD COMPANY 100

経営者通信メールマガジン

経営者通信注目の企業や、ビジネスニュースなど経営者のための情報をお知らせします。

ご登録はこちら

経営者通信

経営者通信
経営者に贈る、経営者の"経営力"を上げる情報誌

全国の経営者向けに発刊している情報誌です。

経営者通信への掲載・取材希望の方

経営者に直接アプローチできる雑誌、経営者通信に貴社の取材記事を掲載してみませんか?

pagetop